園児の親必見!1歳~5歳の子供の足を速くする方法3選

園児の親必見!1歳~5歳の子供の足を速くする方法3選

小学生になったら、リレーの選手に選ばれるかな!?

今から頑張っておこうと、お考えの皆さん、やる気に満ち溢れている子供のためにも、こちらの記事をお読みください。

幼児期(満1歳~6歳)の子供は、神経系の発達が目覚ましく、この時期に運動をしておくと、今後に多大な影響を及ぼすと言われています。

 

足を速くするといっても、絶対に走り込みをさせるようなことはせず、年齢に合わせた正しい練習方法が大切です。

園児の親、必見ですので、是非お子さんと一緒にトライしてみてください。

一緒に取り組むことが、何より大切ですよ!!

一般的な足を速くする方法とは

まずは一般的な足を速くする方法を知りましょう。

皆さんが真っ先に想像することは、<走ること>、でしょう。

 

正解です!!

 

一般的な足を速くする方法は、走ることと考えられています。

ですので、小学生で足を速くするには、かけっこ教室などで沢山走るわけです。

中学生の運動部でも、とにかく走るのです。

走ることは、大切だということは、誰もが知っている当たり前のことなのです。

 

ただし、走ることが大切といっても、走ることだけで、足を速くする方法は間違っています。

これは断言します。

年齢が低ければ低いほど、不適切な方法です。

それはなぜかを知れば、自ずと答えは見つかります。

関連記事:小学校低学年から始める足が速くなる方法ベスト10
関連記事:【プロが教える】小学生でもできる100mを速く走るための方法

間違った足を速くする方法とは

走ることは、『正しいが、間違っている』という矛盾したことを先ほどお話しました。

ですが、これほど適切な表現はありません。

それは、量や頻度、走る場所や距離、に左右されるからです。同じ走ることでも、その色は様々であるということです。そして年齢や成長期によって、感じ方も違うので注意が必要だということです。

まず、全力で走るということは、どの程度の負荷なのか、お分かりですか?

ほとんどの方が、強いとは考えない運動です。何回やっても、毎日やっても、問題ないと考えています。そしてやればやるほど、足が速くなると思っています。

 

これが間違っています。

足を鍛えることが足を速くするという考え方が、世に溢れています。間違っているわけではありませんが、足だけを強くしようとするとかえって足が遅くなるケースもあります。

足を速くする前に、必ず知っておきたいこと

1.全力で走ることは、負荷の高い運動

久しぶりに全力で走ったパパが、肉離れするといったこと聞いたことはありませんか?

全力で走ることは、実はかなりハードな運動です。

小学生の速い子供で時速25kmくらいで走れますが

そんなスピードの中、片足で交互に体重をかけ、かつ、大きく後ろに蹴られた足を前にスウィングすることが、全力で走るということです。

ぱっと理解に苦しみますが、時速25kmの車から飛び降りて、転ばずに走りを成立させるだけのパワーが必要です。

楽な運動ではないことだけは、ご理解ください。

身体が大きくなればなるほど、その負荷は増していきます。小学生高学年くらいからは、体重も増え始めますので、人によっては急に足が遅くなることも珍しくありません。

2.量や頻度などの強度に気を付ける

全力で、何十回も、長い距離を、毎日、走るなんてもはや怪我をするためにやることです。数日なら、気づかないかもしれませんが、数か月単位で頑張りすぎると、怪我などに繋がります。

私のところには、多くの小学生が指導を受けにきますが、中には走りすぎで柔軟性を失った子供もいます。

その度に悲しくなります。

小学生において、100mの全力疾走はかなり長い距離と考えるべきで、400m走などはかなり厳しいといえます。

それをやり込むなどは、リスクが高いことがお分かりかですね。

ゆっくりの長距離走でも、連日走り込んだりすれば、かなりダメージが積み重なります。

 

1日走ったら最低でも2日足を休ませるなどしましょう。

3.走って速くするには、限界がある

走る練習を始めたばかりは、どんどん急成長するでしょう。それは、走ることに慣れたからです。または、走ることで筋力が向上したからです。

もちろん上記のことも大切なのですが、本当の意味で足を速くするということは、走る技術が向上したとか、体幹が強くなってフォームが安定したとか、柔軟性が上がり大きく走れるようになったとか、身体の使い方が上手になったとか、そういう話です。

走るだけでは、未来は明るくありません。外で鬼ごっこするとか、走り回って遊ぶとか、沢山やっていいです。ですが、足を速くするために、走り込みをするのは、中学生で適量、高校生から始めるくらいで十分です。

特に小学生以下の子供は、しっかり考えて、練習する必要があります。

ここまで、一般的な足を速くする方法、間違った足を速くする方法、を話してきましたが、年齢が低いほど、つまり身体が出来ていない年齢ほど、走ることに頼って足を速くするよりも、そうでない方法を選択するべきだという訳です。

 

では、小学生にも満たない、幼児はどうなのか?

関連記事:短距離走を速く走るために注意したい腕振りの3つのポイント
関連記事:【これだけ!!】速く走るためのフォームはたったこの6つ

園児の親必見!1歳~5歳の子供の足を速くする方法3選(2/2)>>

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)