園児の親必見!リレー選手になるための足が速くなる準備

かけっこ・簡単な方法

幼稚園児、保育園児の子供向け、足を速くする方法

幼児向けの足を速くする方法は、走りません。

上手に走れるようになるための準備期間と考えるとわかりやすいです。

 

ここでは、幼児のお子さんをお持ちの方に、毎日取り組んでいただきたい内容をお話します。

1.身体を大きく使う体操

手足だけではなく、全身を使って動かす練習を沢山やりましょう。

やり込めば、運動量も確保できるので、筋力も体力も向上します。

2.身体を柔らかくする体操

身体を柔らかくするには、全身を使った方が効果的です。

また、ただ柔軟体操をするだけでは、面白くないし、付加価値もありませんので、どうせなら身体の使い方や筋力向上も目指していきましょう。

3.タイミングを合わせたジャンプ運動

リズム感やタイミングを合わせる能力を高めるには、ジャンプがおススメです。

子供は、跳んだり跳ねたりすることが大好きですので、最も相性が良いです。

この3つをやりこみましょう。

私は数千人の子供のパーソナル指導(集団以外)に携わってきましたが、運動上手は模倣が得意で、言われたことをすぐに身体で表現することが出来ます。

そのような子供は、動作習得期間が短く、成長が早いです。

そのような能力を高めるには、幼児期に適した上記のような運動を行うことが非常に大切です。

生まれながらの天才も存在しますが、そのような子供は幼児期に自然と学ぶ環境を作っています。ただ寝ているだけでは、そうはなれません。その環境を自然と作るか意図的に作るかの違いです。今から動きましょう。

ヒーローズスキルブログをご覧の方の80%がご覧になる記事ですので、必ずお読みください。
関連記事:身体を柔らかくして自動的に足が速くなる方法

関連記事:外で練習する時間がない人向け 足が速くなる体操5選

まとめ

年齢が低いほど、走ることだけで足を速くする方法は、おススメできません。

特に幼児期の子供は、足を速くする体操を取り入れて、身体を上手に使える方法を学びましょう。

頑張って走るのは、中学生以上、よりハードに頑張るのは、高校生からで十分です。

関連記事:怪我をしない走り方になろう「足を速くする方法」記事のまとめ
関連記事:後半グングン伸びるために「足が速くなる方法」記事のまとめ

動画で学びたい方は、こちらをどうぞ
関連動画:足が速くなる練習を動画で見る【YouTubeチャンネル ヒーローズスキルTV】

メルマガ登録 足が速くなる本プレゼント中

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。