それダメ!小学生が絶対にやってはいけない足を速くする方法

それダメ!小学生が絶対にやってはいけない足を速くする方法

スポーツの世界で、上のステージに行ってほしい、セレクションに受かってほしい。

小学生の親は、子供の可能性を信じ、あの手この手でサポートしていることでしょう。

私も人の親です。そのお気持ちは十二分にわかります。

そんな子供に一生懸命な親の皆さん、ご存知でしょうか?

小学生の足を速くする方法の中、やってはいけない方法があることを。

色々な足を速くする方法を試す前に、まずはそれダメな方法を知ることで、お子さまの怪我や将来性を守れるかもしれません。

足を速くすることは非常に大切です。

ただし、もっと大切なことは、年齢に適した方法で足を速くすることです。

未来を守るために

じっくりお読みください。

足を速くするメカニズム

足を速くする方法は、ネット上に溢れていますが、どれもそれなりの根拠があります。YouTubeに沢山でている、足を速くする裏技ですら、明確な根拠から生まれたものばかりです。

その根拠を知ることが、小学生に適した方法を気づかせてくれます。

では、どのような根拠で足を速くするのか考えていきましょう。

筋力的要因

いわゆるパワーがあるということです。

足が速いということは、回転が速く一歩が大きいということですので、速く強く動かすには筋力が必要です。

足の筋力なのか、腕の筋力なのかはさておき、総合的に筋力がある人は、足が速いという訳です。

足は才能でしょ?と言われる最もな理由です。もちろん才能だけではないので、努力でも上を目指すことは可能です。

技術的要因

いわゆるテクニックがあるということです。

足を速くするには、身体を上手く扱う必要があり、下半身から上半身へと力を繋ぐことにより強い力を生むことになります。

単独では弱いけど、合わさると強くなる訳です。

運動センスがモノを言いますが、努力に勝るものはないでしょう。一番頑張りがいがある能力です。

柔軟性要因

柔軟性は、可動域と言って、関節の動かしやすさ、動く幅といったことに影響してきます。単純に身体が柔らかければ、大きく動かすことが出来るため、無理なく一歩を稼ぐことができます。

大きく動くことは、それだけ大きな力を発揮できるようになる訳です。

柔らかいって、怪我しにくいだけでは、ありません。これだけで足が速くなれるのですから、やらないと損ですね。

体力的要因

単純に体力です。

すぐに疲れる人と、そうでない人、どちらが50m後半失速するか?

もちろん疲れる人です。

運動習慣があまりない人は、すぐに息があがるため、簡単に疲れてしまう訳です。

 

この記事では、かなりざっくり書いています。

本当は、足を速くするということは、もっと深く細かい内容ですが、わかりやすくするために、この4つで考えていきます。

それダメ!小学生が絶対にやってはいけない足を速くする方法(2/3)>>

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)