短距離走を速く走るために注意したい腕振りの3つのポイント

短距離走を速く走るために注意したい腕振りの3つのポイント

あなたは短距離走のような短い距離を走るときに、腕をしっかりと振っていますか?足の遅い方で多いのが速く走るための正しい腕振りができていない、ということです。走ることにおいて腕振りはとても重要な動作の一つなので是非、身につけたいところです。それでは、短距離走を速く走るための正しい腕振りの仕方をチェックしていきましょう。

短距離走を速く走るために腕振りは必要なのか?

足が速くなるための腕の振り方振り

歩く時に腕を振りますか?もしこの時点で、腕を振らないとお答えの人は、走る時以外に歩く時にも大きな損をしているかもしれません。腕を振るということは、歩く時や走る時においてごく自然なことです。

昔を思い返してみると『運動会の入場練習で大きく腕を振れ』とか『体育の授業でもっと腕を速く振れ』など、言われたような記憶があります。学校の授業でも言われるほど、走ることにおいて腕を振るということは当たり前のことで、足の動きに自然と腕が互い違いに合わさるものだと認識してください。腕を速く振れば足も速く動き、足が速く動けば腕も速く動くのです。

動画のように大きく速く回す練習することも大切なことです。

短距離走を速く走るために腕振りを強化するメリット

足が速くなるための腕の振り方振り

足が速くなるということを簡単に説明しますと、歩幅が大きくて回転が速いということになります。つまり前述した通り、腕を速く振れるようになることが足の回転を上げることに繋がります。

過去の経験を振り返って頂き、足の速かった人を思い出してみてください。スタートからもの凄いスピードで飛び出し、腕振りの動きも大きく速かったのではないでしょうか。

短距離走を速く走るために注意したい腕振りの3つのポイント(2/2)>>

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)