ランニングフォーム個人レッスン〔マラソン・陸上長距離走〕

ランニングフォーム個人レッスン〔マラソン・陸上長距離走〕

ヒーローズスキルでは、マラソン・長距離走指導のためのランニングフォーム改善パーソナルトレーニングを行っています。

指導者の近藤裕彰は、足を痛めない走り方をテーマにマラソンの走り方でTVから取材を受けている、ランニングフォーム改善専門コーチです。

ヒーローズスキルでしかできない、オリジナルメソッドを体感してみてください。

腰で走ること

マラソンは、長い距離を走ることで、この上ないハードな競技です。

スピード自体は、短距離走に比べて低いので、一歩当たりの負担は大きくありませんが、歩数が多いので結果的に大きな負担となってきます。

陸上競技100mの歩数は、一般的に50歩~60歩、マラソンは42000歩(一歩1mの場合)です。

この42000歩を膝や足首などの小さな関節で酷使し続けると、膝の痛みや様々な問題が起きてきます。

ここで皆様にお伝えしたい走りが、骨盤で走ることです。

動画ではわかりやすく腰という表現を使用していますが、骨盤を使った走り方を実践できれば、足がきっと楽になることでしょう。

マラソンのための練習とは

やはり走ることでしょう。

走る競技なので、確かに走らなければ、良い成績を残すことはできません。

ですが、走ってばかりいても、いつか頭打ちをしてしまいます。

初めのうちは、走り慣れることで、筋持久力や心肺機能の向上により、速くなりますが、最終的には一歩一歩の効率性がモノをいいます。

ランニング技術を学び、効率性、衝撃吸収性を高め、無駄なのない走りを作っていく必要があります。

それが結果的に、怪我リスクを下げ、末永い競技生活を満喫することに繋がっていくのです。

重心移動で楽をすること

私たちは、地球に住んでいる訳ですので、前に傾けば前に勝手に進んでくれます。

少々感覚的なお話となりますが、骨盤を使って走れるようになると、自動的に走ることができるのです。

つまり足を使わずに、勝手に走らされるので、走っている感覚がそもそもありません。

自分の足ばかり使わずに、体幹部でで押し出すことができれば、重心移動の完成です。

正直この感覚を覚えることは、難しくありません。

私のところには多くの市民ランナーの方が、いらっしゃいますが、低速であればほぼ皆さん1回で体験できます。

何を努力すればよいのか?

走ること以外で、努力できることを探しましょう。

  1. 股関節の柔軟性を上げること
  2. 肩甲骨の柔軟性を上げること
  3. 毎日身体のケアをすること
  4. 体幹トレーニングをすること
  5. 身体を大きく扱えるテクニックを身につけること

走ってばかりいても、大きな成長を得られません。

しっかり考え、自分自身に何が不足しているのかを見極め、最短で無駄なく成長してください。

本当の走り込むとは、【正しい形で自分の理想をイメージしながら走り込む】ことです。

ただ走り込むなんて、足をいじめているに過ぎないことに気づきましょう。

どんな練習にも意味を持たせ、考える習慣を身につけてください。

怪我をしないこと

100%の怪我を回避することは不可能です。

  • 柔軟性が低すぎることによるもの
  • 過度な左右バランスによるもの
  • 身体のケア不足によるもの
  • 上半身と下半身のバランスによるもの
  • 体幹の弱さによるもの
  • 姿勢の悪さによるもの
  • 走り方によるもの

例えば上記のものならば、回避できたはずです。

怪我をたまたまとか、運が悪かっただけ、やり過ぎただけ、力み過ぎただけ、地面が凸凹していたから、などと軽んじているならば、また同じことの繰り返しになるでしょう。

そうならないために、走ること以外で努力をするのです。

専門的な陸上コーチであっても、怪我の原因を断定することは難しいです。

まして、自分自身で、課題や怪我の原因を探すことは難しいでしょう。

おおよそのものは、上記で記載した努力の道しるべで解決できるはずです。

ランニングフォーム個人指導〔マラソン・陸上長距離走〕

実際の指導は、人により課題が違うため、これといって決まったメニューはありません。

最短で成長できる現状に合わせた練習メニューを組んでいきます。

まずは、自分自身の課題や現状を知っていただけたら幸いです。

対象者

・マラソンを始めたい、マラソンをやっている

・長距離走のタイムを上げたい

・年齢制限はありません。

  • マラソンを始めたい
  • 記録を伸ばしたい
  • 怪我が絶えない
  • 適切なトレーニングを学びたい
  • 練習方法がわからない

などお悩みがある方が対象です。

指導内容

指導内容は、クライアントの課題にリンクした内容です。

共通課題はありますが、人により違ってきます。

1.技術練習

足の上げ方、下し方の基本、接地の方法、体幹の扱い方など、レベルに応じて難易度は高くなります。

2.柔軟性強化

部位別に少し変わった体操を取り入れ、柔軟性を上げます。与えられた課題をご自宅で取り組んでいただければ、効果は倍増します。

3.筋力強化

技術レベルが高いだけでは、速く走れません。身体のどの部分が弱いのか判断し、強化することで総合力を高めます。

4.体幹強化

筋力レベルの強さと体幹の強さは、必ずしもリンクしません。足が重ければ、それに応じた軸の強さが必要です。

5.総合力

基本レベルが高い場合は、各要素を高める総合的な練習をしていきます。

6.実践力

実際にトレッドミルで走りこみ。スタート練習。必要に応じて競技場で走りをチェック。

指導例

  • 10kmで膝が限界⇒膝への負担を感じない

大人になってマラソンを始める方が増えてきています。今回ご紹介する例は、怪我や足腰の負担軽減を目的とした指導です。(私の感覚なのでわかりづらいと思います。)

40代の方で、長い距離を走るとすぐに膝が痛くなる、といった症状があり指導スタート。結果的には、3回ほど(期間は3週間)で改善しました。

まず取り組んだことは、カチカチに固まってしまった股関節の柔軟性を改善。キレイに走れていれば、そこまで硬くならないものですが、筋肉は正直なもので、見えないところで悲鳴をあげています。ご自宅でも取り組んでいただき、3回目にはかなり良くなりました。

次にフォームの改善。重心が低く沈み込むような走りをしていたため、膝への負担が強い。膝意識から骨盤意識へ変更し、体操、ランニングドリルの基礎練習を多用。あとは、走りに繋げます。

柔軟性は、正しい方法であれば簡単に向上します。走りの意識は、アプローチが重要ですので、ただ意識しただけでは変わりません。何が原因で問題の症状が発生し、その症状が出てしまう走りの意識を改善するために、基礎を積むことが大切です。

感覚的な文章でわかりづらいですが、皆様が迷う必要はありません。私と一緒に考えましょう。

指導予約

・予約可能曜日:月曜~木曜、日(祝祭日)※金曜日:定休日 ※土曜日:教室の日

・可能時間帯:9:00~21:00

・指導時間:40分~120分

・スケジュール調整が必要なため、まずはご連絡ください。

指導料金

¥10000円/40分(税抜)~

※追加:¥5000円/20分(税抜)

指導場所について

※詳しくは、各項目がありますので、メニューからご覧ください。

指導者について

ヒーローズスキル近藤裕彰のプルフィール

ヒーローズスキルの指導理念について

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)