誰でもできる骨盤体操のストレッチの内容を教えちゃいます

誰でもできる骨盤体操のストレッチの内容を教えちゃいます

骨盤のゆがみを治すためにも骨盤体操ストレッチに挑戦してみたい!でも骨盤体操ってどうやってやるのかな?と気になっているあなたにおすすめの方法をお伝えします。

骨盤体操ストレッチといっても初心者向けの簡単なものから上級者向けの少し高度なものまで種類がありますので最初は体をほぐすようなものから取り入れて、じょじょに回数や骨盤体操の難易度もあげていきましょう。

その頃にはだんだんと体の変化も感じるはずです。

何事も継続することに意味があります。

「骨盤体操ストレッチなんて本当に効果あるのかな?」と思わずにまずは騙されたと思ってはじめることがおすすめです。

結果はかならず後からついてきますのでまずはスタートしてみてくださいね。

骨盤体操ストレッチってなに?

骨盤体操ストレッチは日々の生活習慣や癖により、ゆがみやずれてしまった骨盤の位置を正しい位置に戻すためのストレッチ方法のことをいいます。医師や専門家にみてもらい骨盤を正すこともできますが、どうしても時間が取れない人や、整体には通っているけどできるだけ早く骨盤の位置を正しく戻して効果を実感したいなど、さまざまな理由で骨盤体操ストレッチを取り入れる人が多いようです。

体の健康は日々作られていくものですので一時的に食事や運動を取り入れるだけでは健康を保つことには繋がりません。骨盤体操ストレッチも継続することによってじょじょに骨盤の位置が戻り、症状の回復やダイエットなどの美容効果を実感できるようになりますので、まずは骨盤体操ストレッチを取り入れて健康的な生活が続けられるように自分の体に意識をもつきっかけとしてはじめてみるのをおすすめします。『長年お悩みの腰痛を改善するには「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめ』や『綺麗なカラダのラインを作る!「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめ』も一緒に読まれています。

骨盤体操ストレッチは実際にやってみるとわかるのですが「思っているよりも骨盤の位置がずれているかも」「体が硬すぎる…」などあなたにとって自分では気付きにくい体の変化を自覚するいい機会でもあるのです。

骨盤体操ストレッチのさまざまな動きを通じ、健康でいるために自分に不足していることに気付けることも大切です。とても簡単で空き時間にも挑戦できるものばかりですので、まずは簡単な1日数分から試してみるのをおすすめします。

無理なく「この動き気持ちがいいな」と思えるものであれば、なんとなく続けてみようかなという気持ちになりますよね。自分が毎日続けられるようにするためにも、ちょっとした骨盤体操ストレッチで気付きを感じてみてくださいね。

誰でもできる骨盤体操のストレッチの内容を教えちゃいます(2/3)>>

骨盤体操ストレッチってどのぐらいで効果を実感できる?

骨盤体操ストレッチが継続しないと意味がないことは知っているけど、具体的にどのぐらいで効果がでるの?と気になる人もいるでしょう。確かに、目標となる日数を続けるためにもいい節目になりますよね。骨盤体操ストレッチをするのであれば最低2週間は続けるようにしましょう。というのも骨盤体操ストレッチで確かな効果を得るためにはいろいろな条件があるのです。

何事も継続が命です。続ければ続けるほど、効果を得られます。

正しい骨盤体操ストレッチであること

これが意外とできていない人が多いのですが、骨盤体操ストレッチは正しい方法でおこなわないと効果を得ることはできません。何となくのやり方、自己流でやってしまうと逆に骨盤をゆがめる原因となってしまったり、骨盤の位置がずれてしまいひどいことになってしまうことも考えられます。

骨盤体操ストレッチをしたいと思うのであれば、正しい方法を毎日継続しておこなうことが大切なのです。

骨盤体操ストレッチに無理は禁物

骨盤体操ストレッチの回数を増やせばすぐに効果がでるのではと思い、最初っから指定した数よりも多く骨盤体操ストレッチをする人もいるのですが、過度に回数を増やしたからといって骨盤のゆがみに即効性がでるものではありません。

というのも、あなたの骨盤のゆがみはどのぐらい長い年月をかけておきたものだと思いますか?とても長い時間をかけて不調がでるまでになっているのですから、それが回数を極端に増やしたからといって変わるものではありません。

具体的にあげるのであれば筋肉などと同じです。筋肉も継続することで意味がありますよね。無理したり焦ることなく骨盤体操ストレッチを続けていけるようにしましょう。

骨盤体操ストレッチの注意ポイントについて説明しましたが理解できたでしょうか?骨盤体操ストレッチは無理なく継続することに意味がありますのでまずは少しずつからはじめていきましょう。

【初心者向け】骨盤体操ストレッチ

骨盤体操ストレッチをはじめておこなう人でも安心の初心者向けの方法から説明していきます。おそらくこのストレッチをする人はしばらく体を動かしていなかった人が多いのでは?そうなると驚くほど体は老化している可能性もありますので、無理なくスタートしていきましょう。日頃から体を動かす機会の多い人は下の中級者向けからスタートしてもいいでしょう。

お尻歩きの体操

  1. 両方の足を前にそろえて座りましょう。両肘をあげて腰を軽くひねりながらお尻で骨盤を押し出すように前に進んでいきます。10歩進んだら一回休憩しましょう。
  2. 次に後ろへと10歩進みます。進む前の位置に戻るイメージです。

お尻の表面を前後へと動かすようにすると進みやすくなりますので試してみてくださいね。

前に進み、後ろに戻るのを約5セットを目標にがんばってみましょう

左右の進み具合ややりさすさを比べると、気づきがあります。

棒倒しの体操

  1.  まずは仰向けになって膝をたててバンザイの姿勢になりましょう
  2.  この状態からゆっくりと左右に膝を倒していきます。
  3.  10回~20回を意識しておこないましょう。気持ちがいいなと感じるぐらいのタイミングで終わらせるのが一番ベストです。

 

骨盤ほぐしの体操

  1.  まずは仰向けになって寝転がります
  2.  足の裏と裏をあわせます。もしかしたらこの時点で少しきついなと感じる人は無理にぴったりとあわせる必要はありません。
  3.  背中が浮かないように意識しながら30秒程度キープします
  4.  次は足を外側にむけてWの状態にしましょう。太ももの内側が伸びているのを感じるはずです。足は地についたままで浮かないように注意してくださいね。
  5.  その状態のまま30秒程度キープします。

 

いかがでしたでしょうか?

このぐらいなら簡単!と思った人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたは中級編にも挑戦してみてくださいね。

初級編はここまでです。次は中級編のご紹介です。

誰でもできる骨盤体操のストレッチの内容を教えちゃいます(3/3)>>

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)