スタートが遅い・・・中学生が速く走るためのフォームはこの6つ

スタートが遅い・・・中学生が速く走るためのフォームはこの6つ

速く走るフォーム②肩甲骨の可動域を広げる

先ほどご紹介した腕の振り方に通ずるところになりますが、スタートで腕を強く速く振るためには肩甲骨の可動域を広げておく必要があります。肩甲骨の可動域とは、簡単にご説明すると肩の動かせる範囲を示します。

腕の振れる範囲を広げることができれば、前に進む力が大きく生み出せるようになるので非常に効率が高まります。

 

その上で、肩甲骨は非常に重要な役割を担います。例えば、走る時の腕が前方後方に45度しか上げられないのと、60度上げられる時を比較した場合です。

  • 45度くらいしか腕を上げることができない
  • 60度くらい腕を上げることができる

難しい言葉で表現すると、腕を45度上げられるよりも60度上げられた方が運動エネルギーを多く生み出すことができるのでその分、前へ進むための力を発揮できるようになります。

 

また、速く走るための正しいフォームを作っていく上でも、肩甲骨の可動域を広げることは大切なのでしっかりと鍛えておきましょう。

肩甲骨の運動は様々ありますが、ストレッチと腕立て伏せが最も有効です。腕立て伏せをする際には、腕に意識がいきがちですが、まずは肩甲骨を使う意識を持つようにしましょう。伸ばした腕(スタート位置)からスタートし、腕を曲げゆっくりと体を沈めます。

ゆっくり腕を曲げる際には、肩甲骨を体の中心に寄せるようにして、腕を曲げるようにしていきましょう。これをすることで腕の筋肉も鍛えることができますが、肩甲骨の可動域も同時に鍛えることができます(詳しくは別記事で紹介します。)。腕を肩甲骨で扱えるように頑張りましょう。

肩甲骨の可動域を広げるには、胸、肩、上腕二頭筋(力こぶ)の柔軟性を高めることも大切です。大きい関節を使いたければ、まずは小さい部分から始めてみましょう。

 

かなりザッと書きましたが、腕立て伏せをやるだけでも肩甲骨の可動域を広げられるようになりますので、意識してやりたいところです。

肩甲骨を上手に使うためには、骨盤股関節の柔軟性を高めると効果的です。

関連記事:誰でもできる骨盤体操のストレッチの内容を教えちゃいます

関連記事:簡単で効果的!股関節回しの効果とやり方
関連記事:股関節のストレッチ5選はこれだ!!

速く走るフォーム③正しい姿勢で走る

小学生 足が速く走る

あなたは正しい姿勢をすることはできますか?意外と正しい姿勢を勘違いされている方も結構多いので、ここで確認しておきます。まず、まっすぐ立っている際に正しい姿勢をしようとすると胸を張ろうとする方がいらっしゃると思います。

ですが、正しい姿勢は、

1.顎を少し引く

2.肩甲骨が少し寄る

3.お腹が少し凹む

4.重心は、土踏まずの前方におく

この1〜4を順番に行っていくと正しい姿勢を作りやすくなりますので、試してみてください。

簡単に言うと、背筋を伸ばし骨盤を軽く前傾させるということです。

この内容が無意識でできるように自然体となることが目的です。

 

基本的な考え方になりますが、普段の姿勢が悪い方は走る時の姿勢も悪くなり、悪いフォームになりがちです。ですので、今ご説明した1〜4のステップでまずは正しい姿勢を身に付けましょう。

関連記事:簡単習慣!姿勢をよくする方法5選
関連記事:姿勢をよくする筋トレとは?体幹が重要!

80%の方がご覧になる記事もどうぞ>>>

関連記事:小学生低学年がきれいなフォームになる足が速くなる10の練習法

速く走るフォーム④カラダの使い方を覚える

これまで、カラダの使い方の一部をご説明しましたがご理解頂けましたか?まだ、なんとなくしか分かっていないと感じる方は、もう一度最初から読み直してみてくださいね。

 

さて、フォーム④でご説明するのは全体的なカラダの使い方になりますが、1点ご質問をさせてください。

 

あなたは、意図して走る行為はできると思いますが、スタートで勝手にカラダが走ってしまう感覚を得たことがありますか??これはとても大事な感覚なので是非覚えておきたいです。

 

いきなりですが、足踏みしてください。

 

足踏みは簡単にできると思います。それでは、一度止めてもらって、先ほど正しい姿勢を作ってください。そして、少しお腹を前かがみにして、腕を地面と平行に伸ばしてください。この時はリラックス状態です。

 

その状態のまま再度、足踏みを始めてみてください。

 

そしたら、

勝手に、カラダが前に進みませんでしたか?

 

「そんなの当たり前じゃん!」と言いたくなりますが、走る時にもこの仕組みは利用できます。

 

これは、一般的に重心移動と言います。

ですので、走る方向にカラダの重心をかけていけば、走ろうとしなくても自然に走るエネルギーを作り出すことができます。

 

もちろん、いろんなスキルやノウハウを得ることも大事ですが、カラダの構造や仕組みを知ることであなたの走りを劇的に速くすることが可能です。ですので、根気強い方であればカラダの構造や仕組みを理解した状態で実践的な練習に入った方が近道かもしれません。

 

速く走ることは、重心移動を含め、自分の力以外を利用することが大切なのです。

地球をいかに利用できるかです。

少し難しくなるので、また別記事でお話します。

関連記事:怪我をしない走り方になろう「足を速くする方法」記事のまとめ
関連記事:後半グングン伸びるために「足が速くなる方法」記事のまとめ

【これだけ!!】速く走るためのフォームはたったこの6つ(3/3)>>

【この記事を書いた人の紹介】

ヒーローズスキル近藤裕彰監修。【経歴】元体育教師のプロランニングパーソナルトレーナーとして、芸能人、プロスポーツ選手などの著名人、全国クラスの陸上競技選手、サッカー選手、野球選手などを数多く指導。ニュース番組への出演、バラエティ番組への出演など、多岐にわたり活躍。代表的なメディア:炎の体育会TVなど。

メルマガ会員登録(無料)

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)