マラソン大会3ヶ月前から始める”絶対疲れない走り方”のすすめ

マラソン・長距離走

マラソン大会のエントリーをしたのは良いものの、体力不足に気がついてしまい、焦っているのではないでしょうか?

もちろん、マラソンでしっかりと走りきるためには体力が絶対に必要です。ただ、疲れない走り方を身につけておくことも同様にとても重要です。どんなに多く体力を持っていても大量のエネルギー消費をする走り方であれば、意味がありません。

この記事は、マラソンの練習をしているけど、まだまだ体力不足の方のために効率的に走り少しでも長く速く走れる絶対に疲れない走り方をご紹介していきます。

【疲れない走り方①】バランスを心がける

短い距離であればまだしも、長い距離を走るマラソンであればバランス良く走らなければすぐに身体が疲れてしまいます。マラソンをしている人でとても辛そうな顔をしていて、姿勢が悪いランナーを目にしたことがあると思います。結論からいうと姿勢が悪いので余計に走るのが大変になってしまうのです。

マラソンは、ご存知の通りとても大変で孤独な戦いです。仮に、運動不足のままマラソンを走るとなれば、かなりチャレンジングですよ。

マラソンが大変ということは置いといて、マラソンを走るときに念頭に置いていただきたいのは、「バランス良く走ろう」と言う意識です。どうしても、身体のバランスが崩れてしまうと無駄なエネルギーを消費してしまい、長い距離を走ることが極端にきつくなってしまいます。非効率な走り方をしている人は、長い距離を走るためにより多くの体力が必要になってしまいますよね。

ただ、十分な体力を確保できるほどトレーニングに費やす時間は忙しくてないと思いますので現実的ではないです。

なので、選択肢は2つ

・現状のまま、極力疲れにくい走り方を身につける

・体力を増やす

になるのかなと思います。取り組みやすいのはもちろん、疲れにくい走り方を身につける練習をすることです。では、バランス良く走り、疲れにくくするためにはどうすれば良いのでしょうか?

【疲れない走り方②】背筋をのばす

体幹を意識して背筋を伸ばすことで、バランスの良い姿勢をキープすることができて疲れにくい走りへと変化していきます。長い距離を走ると疲れてきて、猫背になってしまったりしてしまいます。そうすると、腰にも負担がかかりますし、その腰の負担を軽減しようと足にも負担がかかってきて負の連鎖です。

ですので、できる限り背筋を伸ばして綺麗な姿勢を保つことが重要です。もちろん、背筋がピッとした姿勢を保つためには体幹の強さは必要になってきます。もし、時間があるようでしたら、走るトレーニングと一緒に腹筋と背筋をバランス良く鍛えるようにしましょう。

ただ、無理は禁物です。どうしても、練習を始めた頃は舞い上がってしまってキャパオーバーのトレーニングをしてしまいがちですが、逆効果になる可能性があるので注意が必要です。

ちょっと話がそれてしまいましたが、

背筋を伸ばして走るときに持つ意識としては、胸を張って、お腹を少し凹め、背筋がまっすぐとなる姿勢です。無理に背筋を伸ばそうとしなくても、「胸を張る」「お腹を凹める」この2点を意識すれば綺麗でバランスの良い姿勢をキープできるようになりますので、試してみてください。

この姿勢を骨盤前傾位といい、このよう背筋を伸ばし、軽く頭を前に倒していくと、勝手に足が動き出していきます。適切な姿勢で、軽く身体を傾けるだけで、勝手に走ってしまうのです。自発的に走ることが、最高のエコなのです。

姿勢が悪い状態で走ってしまうと、内臓にも負担を多くかけてしまったり、大きく負担がかかっている部位を痛めてしまうこともあるので気をつけていきましょう。

関連記事:正しい姿勢こそがマラソンの走り方を変える
関連記事:マラソンで正しい走り方はコレ!!初心者必見です。

マラソン大会3ヶ月前から始める”絶対疲れない走り方”のすすめ(2/3)>>