【誰でも足が速くなる】プロトレーナーが教える足を速くする方法

【誰でも足が速くなる】プロトレーナーが教える足を速くする方法

あまり足に自信がない方にとって、走るということはとても苦痛だと思います。その反面、足が速いということに憧れを持っていることでしょう。ですが、残念なことにそんな急に足は速くなるものではありません。

この記事を見ているあなたはおそらく、「足が速くなる」というキーワードの記事をおそらく読み漁っている間に、この記事に行き着いたかと思います。ありがとうございます。

この記事を読んでくださっているあなたはこんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

  • 自分の子供の足が遅く、どうにかサポートしてあげたいけど、知識がない。
  • 自分の足を本気で速くしたいけど、方法がわからない。

結論から言いますと、あなたの悩みは正しいやり方さえすれば、必ず解決できます。

まずは、この記事など熟読していただき、ここに書いてあるノウハウをぜひ試していただきたいです。

足が速くなる方法を知る前に前提として確認しておくべきこと

小学生 足が速く走る

ちなみに、年齢が低い時から足の速さって差が出てしまいますが、その理由を知っていましたか?スポーツ万能の子がいたり、ずば抜けて足が速い子など、小学校へいけば一学年に1人や2人くらいいると思います。もちろん、両親の遺伝を受け継いでいる事や、黒人のようにもともとの身体能力の違いはありますが、「ある時期にある事」をしている事による差が大きいのです。

人間には「神経」があります。

生まれてから5歳までの間に80%の神経が出来上がるそうです。そして、面白い事にこの神経は一度作られてしまうとなかなか変える事が難しいと言われています。神経の詳しい話に関して、こちらでは省きますが神経はスポーツにおいては非常に大事です。運動神経とも一般的に言いますね。

例えば、自転車に普段乗っていなくても全然乗れなくなったって事はまずないと思います。これは自転車を乗るために必要なことを神経が覚えているからなんです。

もし、あなたに小さい子供がいたら、小さい頃から神経に様々な刺激を与えられる事をたくさんやらせておくと、将来すごいスポーツ選手になるかもしれませんね。

【神経と筋肉が発達する時期】

  • 3歳〜13歳 神経系が形成
  • 15歳〜18歳 骨格や筋肉が形成

この時期が神経と筋肉等ができる時期です。つまり、3〜13歳の時は、神経系を刺激できるようなことをしていくのが大事です。ですが、特別なことはする必要ありません。ただ、公園などで思いっきりと遊ばせて身体を動かすことをさせれば良いのです。

こんな感じで、縄跳びを走る練習に活かしていくことが、ヒーローズスキル流です。小学生までに完璧にできるようにしましょう。

かけ足跳びで言うなら、1回目を跳んだ瞬間から10秒で40回以上を目指してください。スピードは速いに超したことはありませんが、頭を止める、ブレないなど、技術的にも考えることが大切です。

「ある時期にある事」とは、身体を動かす事。

ただ、それだけです。とても簡単ですよね?身の回りの子供を見ていただくとわかると思いますが、よく遊ぶ子って身体機能が非常に優れている子が多いと思います。子供の身体っておもしろいですよね。
豆知識をずらずら書いてきましたが、これよりどのようにして足を速くするのかを見ていきましょう。




足が速くなる子達は、ここが違う

小学生 足が速く走る

先ほどは、足が速い子の幼少期の神経系についての違いについて話をしました。走る事を技術面で見てみると以下の公式が足が速い人の理由を教えてくれます。

ストライド×ピッチ=足の速さ

ストライドとは簡単に言うと、歩幅。ピッチは、足の回転数です。

なので、足の速いひとは、足の歩幅が広くて足の回転が速いのです。これが出来ている人ほど足が速いという事になります。ただ、口では簡単ですが、実際にできるようになるためには非常に時間がかかります。なぜなら、ストライド×ピッチを高めるには以下の事がしっかりとできている必要があるからです。

  • 足の動かし方
  • 足の使い方
  • 腕の振り方
  • 身体の柔軟性
  • 姿勢の保ち方
  • 筋肉のバランス

なんか、すごく抽象的でわかりにくいと思います。でも、この段階ではあまり上記の事を意識する必要はありませんが、理解しておきましょう。

足は一筋縄に速くなるものでありません。挙げた項目が一つ一つレベルアップしていくから、足が速くなるわけです。また、上記で挙げた6つのポイントのいずれかのみ優れているとなると、バランスを崩して怪我をしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

とは、言いつつも、足を速くするためにこの記事を見ているわけですから、「足が速くなる方法」を知りたいと思います。

上記で挙げた6つは絶対に取り除くことはできませんが、比較的に取り組みやすく、ある程度早く効果がでるノウハウをお伝えします。

かけっこで1番確定!目が点の足が速くなるコツとは⁈」が比較的簡単な内容になっています。

足が速くなるために取り組むべき事

足が速くなる方法

これまで理論チックなことを書いてきました。ですが、一番大事なことはまず実践してみることです。何事も理論だけを知っていても実際にできなければ意味がありませんし、できるようにはなりません。自転車の乗り方を本で勉強しても乗れるようにならないのと同じです。

ここまでは、足が速くなるために必要なことを書いてきました。忘れてしまった人はもう一度読んでみてくださいね。ここからは、足を速くするための方法、実践編です。

  • ストレッチ
  • 走るフォームを整える
  • 筋肉をつける(ただの筋肉ではありません)

これが、1番取り組みやすい3つです。すごく一般的なことじゃん、と思われるかもしれませんが、詳しく説明していきますのでご安心を。

ストレッチ

ストレッチというと、一般的には怪我をしないために行うんじゃないの?と思っている方が多いかもしれません。もちろん、怪我予防のために運動前と運動後に行うこと大切です。

ただ、あなたの足を速くするためにもストレッチは重要です。なぜなら、柔軟性はあなたの持っている力を最大限に活かしてくれる要素の1つだからです。

例えば、

  • 身体が硬いA君
  • 身体が柔らかいB君

の2人がおり、彼らはほとんど同じ能力を持っており、唯一異なる部分が柔軟性だったとします。柔軟性に差があるので、1歩あたりの歩幅の大きさがちょっとだけ異なります。

A君・・・105cm

B君・・・100cm

股関節の柔軟性によってこのくらいの差は簡単に現れます。(全ての要因とは言えないので、あくまで柔軟性という観点でお考えください)

彼らが普通に50mを走ると、能力は変わらないのにA君の方が確実に早くゴールに着きます。それ一歩あたりの長さが毎回5センチ違うからです。柔軟性を上げるだけでも足が速くなる可能性は非常に高いです。

どんなに筋トレをして筋力アップをしても、たくさん走っても柔軟性がなければすぐに、成長は止まってしまいます。また、あなたの足を飛躍に速くするためには正しいフォームを作っていくことも大切ですが、身体が硬いとそもそも良いフォームを作ることが出来ないため、結局少しの変化しか見込めないです。

柔軟性は、本当に大切なのです。ストレッチをしっかりと行い、怪我の予防・あなたのパフォーマンスを最大限発揮するためにやっていきましょう。

【プロが教える】小学生でもできる100mを速く走るための方法』も併せてご覧ください。




【身体が柔らかくなったら、準備OK、走るフォームを整えるには】へ続く・・・

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロの指導者として、活動しておりますが、自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方のために、少しでも当ブログを通じてお役に立てたらと思います。
私は、本気で何かを変えたいと願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
どうしてもお困りのことがあれば、全力でサポートしますので、お声かけください。
どんな小さな願いでもまずはご相談ください。
1回:12000円(税抜) 指導場所:ヒーローズスキルスタジオ
自分を変えたい本気の方へ