小学生で身につけておきたいマラソンの走り方とは

小学生 足が速く走る

2019年5月23日

より速く走る為のマラソンの走り方とは?(フォーム)

ヒップアップスクワット

では小学生が少しでもマラソンを早く走る為にはどうしたらいいのでしょうか。

マラソンは体力や筋力も必要ですがそれ以上に「フォーム」などの走り方にも注意が必要です。どんなに運動ができる子供であっても基本となる走り方ができていないと結果に繋がるわけがありません。では正しい走り方とはどのようなものなのでしょうか。

 

猫背にならない

マラソンを走る時にどうしても猫背になってしまう場合があります。マラソンの走り方の絶対的なポイントとして最後まで背筋を伸ばして、まっすぐ前を見て走るようにすることです。猫背のまま走ってしまうと体に余計な負担がかかることもありますし、なかにはケガの原因となる場合もあるので絶対におすすめしません。肩甲骨を寄せた状態で肩の力を抜いて走るようにしましょうね。肩に力が入っているなと感じたら声をかけて正してあげましょう。小学生だけでなく大人のマラソン選手でも姿勢はとても重要です。

 

腕の振り方

マラソンの時は肘を直角に保ったまま、後ろに引くようにしましょう。よく腕を左右に振ったまま走る子供がいるのですが腕の振り方と足の運び方はイコールになりますので、振り方がきちんとできていないとマラソンのタイムが早くなることもありませんし、疲れやすくなってしまいます。腕の振り方は自分では気付けない場合が多いので、まわりが指摘してあげるといでしょう。おそらくマラソンだけでなく短距離走などでもその間違えた腕の振り方をしているはずです。直すだけでもタイムを短くすることができるのでおすすめです。

 

踵から着地

小学生のうちは大人以上に走る時に体に負担がかかりやすくなります。できるなら踵から着地をして膝や筋肉に負担がかからないように教えてあげましょう。足全体や足のつま先で走っていると膝に過度な負担がかかり走りきれなくなってしまいます。同じ距離を走っていても疲れやすくなってしまいますので、まずは走る前の段階で踵から着地するのをレクチャーしてあげてできるようになってからマラソンで走り込むようにしましょう。

 

歩幅

小学生のマラソンの場合、歩幅は短くして歩数を多くするのが基本です。

これが一番負担にならずに子供のマラソンの結果に繋がりやすい方法になるからです。

合わせて呼吸の方法も2回吸って2回はく方法で行なうようにしましょう。呼吸が乱れると走るのが苦しくなってしまいますので十分に注意してくださいね。

 

どれも難しいものではないのですが、小学生の頃は上手にできない子供も多いものです。

早い段階から正しい走り方のフォームを身につけてマラソンを楽しめるようにしましょう。

こちらの記事も合わせて読んでおきましょう。

正しい姿勢こそがマラソンの走り方を変える

マラソンで正しい走り方はコレ!!初心者必見です。

マラソンでタイムが少しでも伸びる為の走り方の練習は?

では少し上級者向けのマラソンで少しでもタイムを早くする為の走り方にはどのようなものがあるのでしょうか。ちょっとした意識一つでタイムは大きく変わりますので、是非とも試してみてくださいね。

 

(1)走るスピードを体で覚えよう

マラソンの大会でタイムをどの程度にすれば大会で上位が狙えるのかまずは分析して、そのタイムを体に覚えさせる必要があります。例えば5分で走れば1位になれる1000mの場合は、1周あたりをどの程度で走ると5分になるのかを考え、それに合わせたマラソントレーニングのメニューを考える必要があります。1周にあたる200mを何本も走りタイムを少しずつあげていけるようにしましょう。体で走るスピードを覚えてしまった方がその後のタイムを早くするのも簡単になります。言葉で伝えるよりも走るスピードを体で覚えることがとても大切です。

 

(2)結果を見える形で褒める

マラソンの小さな目標を何個も決めて、それをクリアできたら子供を褒めてあげましょう。小さな目標でもクリアしていくことで自分の自信に繋がります。例えばマラソンのタイムを一覧にしたものや、走った周によって競争できるようなゲーム感覚で教えるとマラソンを走ることが楽しいものだと実感し自分から練習に取り組んでくれるようになります。できた時は思いっきり褒めてあげて子供を伸ばしてあげましょう。ちょっとした方法次第で子供は楽しくマラソンができるようになります。

 

(3)練習場所を変える

多くの場合がマラソンをジョギングコースなどのアスファルトの上で行なうものですが、大人のように体ができていれば問題ないのですが、小学生の場合は公園などの土がある場所でマラソンの練習をした方が膝や筋肉にかかる負担も少なくなります。公園の方が車もなく安全に練習できますし、アルファルトだけでなく公園などもたまには取り入れるようにしてくださいね。

 

小学生のうちはマラソンの正しい走り方なども意識できず、ただ長距離を走る辛いものだと思ってしまいがちです。でも正しい走り方のフォームやマラソンの考え方、マラソンの楽しむポイントなどを知っていれば小学生でも十分に楽しめるはずです。一緒に練習したりしてマラソンを自然と取り入れられるようにしましょう。またマラソンを通して小学生のうちは体の成長だけでなく精神的な成長にも繋がりますので、子供がマラソンを嫌がる時はまずは話を聞いてあげてその理由を確認してあげましょう。意外と簡単な理由だってこともあります。小学生のマラソンは基本を見直し楽しいものであることを教えてあげて、結果を残させてあげましょう。

関連記事:マラソンの筋トレで膝を傷めないために知っておくべき基礎知識
関連記事:マラソンのタイムを上げる筋トレメニューとは

動画で学びたい方は、こちらをどうぞ
関連動画:マラソンの練習を動画で見る【YouTubeチャンネル ヒーローズスキルTV】

メルマガ登録 足が速くなる本プレゼント中

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。