柔軟性向上ドリル〔リズムバンザイ(後)〕

柔軟性向上ドリル〔リズムバンザイ(後)〕

この運動は、スポーツに生きる柔軟性をつけることが目的です。その場で止まって一か所を柔らかくすることも大切ですが、できるなら身体全体で複合的な柔軟性を高めましょう。

また、反動をつけることで、より実践に近づきます。

反動をつけることは、慣れてきてから始めましょう。

ポイント

  1. 背筋の通った姿勢を維持すること
  2. お腹を畳むように、腰が丸くならないようにすること
  3. お腹でリズムをきざみ、1,2のリズムを繰り返すこと
  4. リズムは、1で腕が一番後ろ、2で腕が先頭にくるように、動きの途中にリズムが合わないようにすること
  5. 腕を前後に振るイメージよりも、お腹で腕全体を投げるようにイメージすること
  6. 速くかつダイナミックにできるととGOOD、腕よりもお腹がきついと感じるとなおGOOD
上半身の柔軟性は、あまり重要視されませんが、非常に大切です。腕があまり後ろに振れないと、実際に走った時、小さな動きになる場合や、大きく振れたとしても、身体の軸が曲がってしまうことになります。大きく動いてしまった場合を想定して、十分な柔軟性を身につけましょう。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)