圧倒的に足が速くなる方法

圧倒的に足が速くなる方法

足が速くなるためのフォームをしっかりと整える

柔軟性が高まってから、取り組みたいのが走るフォームの矯正です。陸上選手の走り方を見てみるとわかると思いますが、走り方がとても綺麗です。

足が速くなるためにまず、チェックしておかなければならないポイントは以下の4つになります。

  • 足は体の真下に下ろす(前方から真下にのめり込むように)
  • 力を入れるタイミング(足がつく一瞬の間)
  • 足裏全体で走る
  • 腕の振り方

足は体の真下に下ろす(前方から真下にのめり込むように)

足を速くするには、少し難しい表現になりますが、身体の中心(重心)の真下に着くことが大切です。

上記を実行するには、まずブレない正しい姿勢が必要であり、軽くお辞儀したときの骨盤を前傾させた状態です。

その時点で頭が先に出て重心が少し前にくるため、感覚的には真下ですが、実際は少し前に着き、身体をのめりこませるように足を着くことになります。

普通、速く走るためには足を前に出すんじゃないの?と考えてしまいそうですが、実際は非常に非効率なフォームになってしまうので注意が必要です。

感覚的ではありますが、足が一度前方に投げ出され、戻るように足を着く感覚が大切です。ですが、意図的に蹴り出すことは厳禁で、あくまでも自然体の中でできるような技術が必要です。
より上を目指すためにのポイント

  • 自らの意思で足を前に出し過ぎてしまうと、重心よりも奥に足を着くことになり、結果的に踵から足をつくことになります。踵から足をつくと、踵→全体→つま先と足の着く時間が長くなり非効率です。踵も使いますが、踵からダイレクトに足を着くことは避けたいです。
  • 体の真下に足を下ろすイメージは、立った状態で足踏みをするイメージです。軽くお辞儀した姿勢をとり、鼻の先端と膝と踵を垂直に結んだラインに足を下ろすこと。足踏みすることで勝手に進んでしまう位置が大切です。
  • 足を前に出してしまうことがなぜ非効率かと言いますと、あなたの走りに無意味なブレーキをかけてしまうからです。足を前に出そうとするとどうしても体のバランスが崩れますし、加えて余計な力が必要になります。
  • TOP選手であればあるほど、あえて強力なブレーキをかけることで瞬間的に大きな力を発揮しています。真似をするには、熟練度が必須です。

力を入れるタイミング(足がつく一瞬の間)

速く走るためには、できる限りリラックスした状態を作ることが大切です。足が遅い人ほど走る時に、力を加えようとバタバタと大きな音を立てて走ってしまいます。

逆に足が速い人ほど、とても静かに走ることができます。足が速い人は、入れるべきタイミングで上手に力を入れることができるため、無駄が少なく、鞭のようなしなる動きをします。

走る感覚として、足が地面に着く瞬間に全ての動作が完了しています。足の引き上げ、下ろし、腕振り、全て体幹部でコントロールするので、そのようになります。TOP選手は、この一瞬の力が飛びぬけています。静からの動が非常に大きな力を生むことになります。

足の裏の土踏まず~母指球で走る

ここでは、土踏まずで走るとありますが、よくあるネット記事では、足の裏の母指球で走りましょうと書いている記事がほとんどです。

母指球とは足の親指の付け根周りのことを指します。母指球は身体のバランスを調整するのに非常に重要な役割をしています。そして、足を速くするためにはとても大事なポイントです。

注意する点は、母指球といっても、いきなりそこから足を着こうとするのではなく、先に説明した正しい位置に足を着けるようになると、結果的に足の裏全体、母指球寄りに足をつくことになります。

これだけはやめよう!

  • 悪い例として、母指球を意識しすぎて、過度につま先から地面を刺すように走ったり、つま先だけで走り、上からつぶされたようになる走りもよくありません。
  • 走る方向への力をうまく伝えるために母指球を使って走ることが大事ですが、あまり意識しすぎてしまうとフォームが崩れてしまうので、足の裏全体を使いましょう。母指球からダイレクト着地はやめましょう!
数多くの走り方指導をしていますが、つま先で走ろうとして、大きな損をしている人が圧倒的に多いです。つま先だけで、全体重を支えられますか?上級者の感覚として参考にしていただきたいですが、つま先で足を着く感覚は、結果的にそうなっているだけで、意識的に行うことではありません。

腕の振り方

腕をやたらと振っていませんか?

腕振りは、正しい形があると考えるのではなく、自分らしい自然体の形で十分です。

そして、振ることよりも、振られることに合わせることが大切です。

ブランコのように、です。

あえて腕振りを説明するならば

試しに目を閉じて、手の力を抜き、小さく10回ジャンプしてみましょう。腕や肩の地力がきれいに抜けれて入れば、掌が少しだけ前に来ていませんか?その状態で肘を曲げると、少しですが斜めになります。へその前で軽く交差するように腕を振ることがリラックスした腕の振り方です。

これだけはやめよう!2

  • 前に進むんだから、腕を真っすぐ縦に振ろう。真っすぐ縦に振ることが望ましい人もいますが、そうでない人の方が多いでしょう。
  • 肘の角度は90度に固定しよう。あえて固定するために力を入れても、しょうがないです。肘が伸びたっていいでしょう。
  • 腕は、顔の前まで大きく振ろう。そんなに頑張って、大きく振っても意味はありません。結果的に大きくなるものなので、無理やりする必要はありません。
腕の振り方は、性別、個人差によるものがかなりあるため、先ほどのジャンプ練習で、自分自身の特性を探すことから始めましょう。指導現場でも、腕振りの無意味な矯正が多くみられます。自然体に勝てるものはないと考えていますので、見栄えをよくしても足は速くなりません。

最後3つ目の項目は、正しい筋力をつける方法です。

※準備はいいですか?1~3ページをしっかり理解してから、足が速くなるメニューをご覧ください。

圧倒的に足が速くなる方法(4/4)>>

メルマガ会員登録(無料)

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)