かけっこ教室はもう古い!?足が速くなる習い事を紹介

かけっこ教室はもう古い!?足が速くなる習い事を紹介

もっと足が速くなりたい!そんなお子さんの願いを叶えてあげたいと、習い事を探されていることと思います。

ひと昔は、足が速くなることは、才能と決めつけられていたため、特に訓練する必要はないという考え方でした。ですが、時代は変わり、足が速くなるには、明確なプロセスがあり、努力次第では誰にでも足が速くなれるチャンスがあります。

ここ最近では、かけっこ教室を代表とする足が速くなる習い事は、沢山増えてきました。

 

この記事では、皆さんが知っている足が速くなる習い事から、この習い事も!?みたいなものを私の個人的意見として、公開しています。

きっと考え方が変わる内容です。習い事を選ぶ前に、是非熟読してください。

足が速くなる習い事の目的とは

当たり前の話ですが、目的は足を速くするためです。

ですが、事細かく考えていくと、『足が速くなるためのどんな要素』を伸ばすためにその習い事に参加しようとしているのか?ということが大切です。

ここを理解していないと、始めてから、あれ!?なんか違う!ということになり兼ねません。

かなり重要です。ここを間違えると、どんなに良いものでも悪いものになりかねません。親の考えと子供の希望は違いますので、お子さんとしっかり話し合うことが大切です。極端な例として、家族関係の悪化につながる可能性もあります。

目的①走ることが好きだから

好きこそものの上手なれ、という言葉があるように、習い事は好きであることが一番大切です。

もし嫌々される場合は、今すぐやめた方がよいでしょう。

家族間人間関係にも良くないです。

目的②体力をつけたいから?

スポーツには、体力が必要です。

特に運動嫌いで、足が遅い子供にとっては、経験が非常に重要となります。

走る経験を積むということは、苦手克服には必須事項です。

目的③走り方を学びたいのか?

ただ走ってばかりいても、足を鍛えるだけで、残念ながら根本的に足が速くなったわけではありません。

そこで重要視されるのが、走り方、です。

物事には、基礎があり、算数には計算ドリル、国語には漢字ドリル、といったように走り方を理解するには、ランニングドリルが必要です。

目的④筋力をつけたいのか?

足が速くなるためには、筋力が必要です。

走れば走るほど、筋力はつきます。

これが極一般的な足が速くなる理由です。

 

今回は4つに分けましたが、さらに分ければ、

  1. サッカーのために足が速くなりたいのか?
  2. 陸上競技選手を目指したいのか?
  3. 疲れない走り方を学びたいのか?
  4. 怪我が多いのでそこを改善したいのか?

などキリがありません。

皆さんがご検討されている、足が速くなる習い事の要素をしっかり判断し、お子さんの求める能力と一致しているのであれば、効果的であると言えるわけです。

次は、足が速くなる習い事の中で、もっとも知名度のある『かけっこ教室』が、上記4つの項目をどれだけ当てはまるかを検証していきましょう。

関連記事:小学校低学年から始める足が速くなる方法ベスト10
関連記事:【プロが教える】小学生でもできる100mを速く走るための方法

かけっこ教室はもう古い!?足が速くなる習い事を紹介(2/2)>>

(最終更新:2018年10月30日)

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)