要注意!?親が辞めさせたくなるかけっこ教室の特徴とは

要注意!?親が辞めさせたくなるかけっこ教室の特徴とは

足が速くなる習い事の代表格、かけっこ教室。

走ることが苦手を克服したい、野球やサッカーの球技に活かせるようにもっと足を速くさせたい、こんな子供たちが、沢山かけっこ教室に参加しています。

この記事では、世に沢山あるかけっこ教室とは、どんなものなのか?そして、参加するメリット、デメリットまで、指導者目線でお答えします。

かけっこ教室とは

かけっこ教室とは、小学生向けの足を速くするための教室です。

ひと昔では考えられなかった習い事ですが、今では、運動の習い事として定番となっています。

足を速くする方法というものが、今までは認知されていなかったのですが、ここ数年で注目され、プロアマ問わず走り方の重要性が高まってきています。

足は、才能ではなく、かけっこの練習をすることで、必ず速くなることが実証されています。

そのような足を速くするための習い事は、沢山あり、その中の一つがかけっこ教室です。

他には、陸上教室、陸上クラブ、走り方教室、ランニング教室、ランニングクラブ、パーソナルレッスンといったように、足を速くするための習い事は、意外とあることがお分かりかと思います。

全て足を速くすることに変わりありませんが、短距離か長距離か、専門性の高さ、年齢層など、内容が違ってきます。

かけっこ教室は、短距離走がメインで、小学生を中心とした初心者向けの教室です。

かけっこ教室の魅力とは

かけっこ教室は、とにかく走ることを楽しむことができる教室です。集団で走ることを楽しむといった内容なので、本格的に技術を学び上を目指したいという人向けではありません。

あくまでも走ることを楽しみたい、学校体育の延長の印象が強いです。

といっても、陸上経験者が速く走るために必要なことを教えてくれますので、ただ闇雲に走るわけではなく、成果を期待することは可能です。

こんな子供にオススメ

かけっこ教室は、走ることが苦手で困ってる人におススメです。走ることが苦手な子供は、速く走るための方法を全くと言っていいほど知りません。

ですので参加すれば、新しい知識を学ぶことが出来、子供だけでなく、親にとっても有益なものとなります。

かけっこ教室で注意すべき点

かけっこ教室といっても、数多くの団体が運営しているため、各々色があります。

いくつか例をあげて、考えてみましょう。

 

a.初心者向けか?

実際問題、参加する子供の内、かけっこが苦手な子供よりも得意な子供の方が多いため、苦手な子供は学校体育と同様、肩身の狭い思いをする可能性があります。

他の習い事でもそうですが、自分がやりたい、得意なこと、だから習うの方が数は多いです。

学年もまちまちなので、自分より低学年の子供と比較される場面も少なくありません。

その教室が、初心者に手厚い指導をしているかに注意する必要があります。

リレーなどを頻繁に取り入れている教室は、苦手な子供には少々酷かもしれません。

b.人数が多いか少ないか?

かけっこ教室の規模は、大きいところで20人くらいです。大人数であればあるほど、一人当たりの指導時間は少なくなりますので、

ただ走らせて、リレーして終わるなんて可能性があります。

足を速くするということは、走って楽しむことが重要なのではなく、走り方を学ぶことが重要なのです。

ですので、大人数過ぎる教室では、初心者の子供にはかわいそうかもしれません。

学ぶ機会がなければ、その教室に意味はありません。

c.学びたいのか、遊びたいのか?

教室を名乗るなら、学びがなくてはなりません。

遊びたければ、ワイワイやっている教室が良いですし、学びたければ真剣に取り組む教室を選択するべきです。

どっちが良いか悪いは、求めるもの次第ですが、私個人の意見としては、しゃべりながら適当に走っている教室には行かせたくありません。

d.場所で選ぶかサービスで選ぶか?

最も通わせやすいのは、近場です。習い事の選ぶ理由として、近いことは優先されます。

でも遠くに参加させたい教室があった場合、迷われますよね?

教室の判断基準として、参加者は近所の人ばかりであった場合、場所で選ばれています。

この教室に参加させたい訳ではなく、近くにたまたまあったから、このかけっこ教室に参加させたということです。

もし他県から参加している、近所の人が少ない、教室であった場合、サービスで選ばれています。

このようなハイクオリティな教室は、中々ありませんが、それだけどこにもない教室、ここでしか学べない教室である、ことは間違いないです。

遠いということは、通わせることは難しいです。それでも通わせたい教室って、魅力的ですね。

e.指導者の資質

かけっこ教室の場合は、指導スキルよりも集団統率力を重要視した方がよいです。

 

かけっこ教室の雰囲気ですぐにわかりますが、子供同士が喧嘩をしている、指導者が説明しているのにしゃべっている、整列が出来ていない、など判断基準は沢山あります。

私は元体育教師ですので、教師として一番重要なことは統率力だと断言します。

どんなに教え方がうまくても、集団をまとめられなければ、危険が伴います。

屋外の競技場などは、物凄いスピードで走っている学生が沢山いるので、コースに飛び出し衝突でもしたら、命の危険性もあります。

学生のアルバイトか専属の指導者なのかもチェックしましょう。

かけっこを教えるのに資格は必要なく、指導者のほとんどが、陸上競技経験者です。

確かに走りのプロであることに変わりませんが、経験者(プロ)とレッスンプロの指導能力は、雲泥の差があることを忘れてはいけません。

また、指導者が経営者であるかも確認してみましょう。雇われているか自分がTOPなのかで、責任の重さが違うので、おのずと指導の質は高くなる傾向にあります。

大切なお子さんを任せるわけなので、事前に調べられることは確認をおススメします。

関連記事:小学校低学年から始める足が速くなる方法ベスト10
関連記事:【プロが教える】小学生でもできる100mを速く走るための方法

要注意!?親が辞めさせたくなるかけっこ教室の特徴とは(2/2)>>

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)