トランポリンかけ足ジャンプ 縄跳びトレーニングその6

足が速くなる方法

今回のトレーニングは縄跳びはありません。

柔らかいトランポリンの上での練習となります。早速動画を参考に練習していきましょう。

 

トランポリンが身の回りにないという方は、柔らかい地面の場所を選んでやってみてください。

縄がないとは言え、縄跳びの練習がベースとなりますので、跳んでいるイメージは忘れずに取り組んでいきましょう。

【足を速くする方法】身体を柔らかくして自動的に足が速くなる方法こちら

対象動画

トランポリン両足ジャンプの復習

以前紹介した両足ジャンプの練習を思い出してやってみましょう。

やり方のポイントは下の2点です。

 

・小刻みに両足の裏面の全面が地面に着くようにして跳ねます。(今回・過去の動画参照)

・「跳ね」をなるべく速く繰り返すように練習しましょう。

Hero's Skill
必ず守ってもらいたいことは、自分で跳ねないことです。足が着いた瞬間にほんの少し、足を着こうとすれば軽く跳ねることができます。膝や足首を使ってしまうと、大きく跳ねあがってしまうので注意です。

実際のトレーニング方法

・このジャンプの足の動きをイメージしたまま、腿を左右順番に上げ下げしていきます。

・まずはジャンプ→徐々に腿を上げていく→腿の位置を高くしながらスピードアップ

 

トレーニングのポイント

・はじめから腿の上げ下げを素早くできる人はそのまま練習継続でOK。

・やりづらいと感じる人は、ジャンプを小刻みに行いながら、片足ずつ高く上げていく練習  が有効です。

  →タイミングを掴んできたら、左右交互に足を入れ替えながら練習。

・トランポリンの上で跳ねることに慣れてきたら地面に移って同じ動きができるよう練習。

Hero's Skill
両足跳びの着地感覚と、かけ足跳びの着地感覚が、全く同じになるまでやり込みましょう。適切な位置に足を着けた時は、軽い感覚がします。少しでも重い感覚になっている場合は、地面をつぶしたような足の着き方をしている可能性があります。なかなか自分で気づくことは難しいですが、努力すればできなことはありません。

ヒーローズスキルブログをご覧の方の80%がご覧になる記事ですので、必ずお読みください。
関連記事:身体を柔らかくして自動的に足が速くなる方法

まとめ

実際に走る姿にかなり似てきたのではないでしょうか。

綺麗なフォームを実践できると、本格的な動きになってくることを実感できると思います。

「腿上げ」の練習はよく学校でやるかも知れませんが、「足を着く」ことは意識した練習を経験した人は少ないはず。

動画を参考に、綺麗なフォームを学ぶことで、より高いトレーニング効果を得ていきましょう。ここでも継続が重要です。

 

動画で学びたい方は、こちらをどうぞ
関連動画:足が速くなる練習を動画で見る【YouTubeチャンネル ヒーローズスキルTV】

対象動画

メルマガ登録 足が速くなる本プレゼント中

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。