足を速くする専門スタジオ-ヒーローズスキル東京

両足前跳び練習 足を速くする縄跳びトレーニングその3

両足前跳び練習 足を速くする縄跳びトレーニングその3

今回は縄跳びの両足前跳びを練習して行きます。

両足前跳びって何?と思われたかもしれませんが、縄跳びの基本である前に縄を回して跳ぶあの縄跳びのことです。

その2でエアトランポリンを利用してジャンプの仕方を学びましたが、それを想定した縄跳びトレーニングとなります。

【足を速くする方法】身体を柔らかくして自動的に足が速くなる方法こちら

対象動画

足を速くする両足前跳びにチャレンジしてみよう、ポイントをチェック

 

ポイント

・膝を曲げない

・足の裏を全部つく

・かかとやつま先など、足の1部に体重が乗らないようにする

・お腹を意識して綺麗な姿勢を保つ

 

スマホなどで自分の飛んでいる姿を動画に撮って確認しながら改善していくと良いでしょう。

気づいた点を自ら直していく姿勢が大事です。

簡単そうに見えて、かなり難しい跳び方です。一番大切にしてほしいことは、膝を曲げないからといって膝をピンとのばさないことです。上手な人は、力がお尻の方に向くため、膝は後ろ方向には折れ曲がりません。上から潰したり前に力が入ると膝は折れ曲がってしまいます。

ヒーローズスキルブログをご覧の方の80%がご覧になる記事ですので、必ずお読みください。
関連記事:身体を柔らかくして自動的に足が速くなる方法

両足前跳びを速く跳べるように練習していこう まとめ

エアトランポリンの練習をそのまま縄跳びに繋げた形の練習でした。

上記のポイントはエアトランポリンでも両足前跳びでも変わりませんから、どちらでも同じように取り組めるよう練習してみてください。

 

練習に慣れてきたら、縄跳びをなるべく速く飛べるようチャレンジしみてくてください。

ポイント足の付け根の上あたりの骨に意識を持っていくことです。

この骨が上下するイメージを持って飛ぶと、他の部位に余計な力が入らず、スムーズに飛べるようになります。

動画を参考に真似してみてください。

 

動画で学びたい方は、こちらをどうぞ
関連動画:足が速くなる練習を動画で見る【YouTubeチャンネル ヒーローズスキルTV】

対象動画

【この記事を書いた人の紹介】

ヒーローズスキル近藤裕彰監修。【経歴】元体育教師のプロランニングパーソナルトレーナーとして、芸能人、プロスポーツ選手などの著名人、全国クラスの陸上競技選手、サッカー選手、野球選手などを数多く指導。ニュース番組への出演、バラエティ番組への出演など、多岐にわたり活躍。代表的なメディア:炎の体育会TVなど。

メルマガ会員登録(無料)

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

速く走るフォーム

【早く走るための短距離フォーム】スタートが遅い・・・中学生が速く走るためのフォームはこの6つ

【早く走るための短距離フォーム】中学生が速く走るためのフォームはこの6つ。正しいフォームさえ身につければ、足は必ず速くなります。もちろん、運動神経が抜群の方であれば、どんなフォームでもある程度はカバーできます。ですが、今後もどんどん足を速く...

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)