マラソン

小学生で身につけておきたいマラソンの走り方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マラソンを走るのは大人ばかりではありません。小学生の体育の授業や大会などで持久走いわゆるマラソンをすることもあります。小学生の頃は早く走れる子供もいれば、どんなに練習をしても早く走れずマラソンが嫌いになってしまうこともあります。

小学生にとってはただ長く走るだけのマラソンが楽しいと感じられない子供も多く、走り方のポイントなどを教えてあげることで上達しマラソンが好きになる場合もあります。小学生のマラソンはどんな教え方でどんな練習内容をすれば結果が残せるようになるのでしょうか。その為にはやはりマラソンの「走り方」を意識する必要があります。走り方さえできていれば小学生はマラソンを早く走ることができる可能性があるのです。

 

小学生はマラソンが苦手な子供が多い訳

小学生に人気の運動といえば短距離走や野球・サッカーなどをあげる人が多いでしょう。

よく大会の代表を決める時に挙手制にすると最後まで残るのがマラソンなんて小学校も多いのではないでしょうか。走れば息は上がりますしひたすら長い距離を走るのが辛いと感じるのが小学生にとってのマラソンです。

 

ではなぜ小学校の体育の授業でマラソンが行われるのでしょうか。

マラソンには小学生の成長に欠かせないメリットがあります。体育の授業ではそのメリットについて説明しないところも多いですし、子供に説明しても理解できない場合があります。例えば成長期の時期にマラソンをすると「肺活量」が鍛えられ「スタミナ」がつきます。これは人間にとっての基礎体力と呼ばれるもので、その後の人生を生きていく為にも体を作る為にとても重要なことになります。

 

さらに長距離を走るのは決して楽なことではありません。走ることでメンタル面が鍛えられ精神的に強い子供になります。マラソンは途中で足が痛くなったり行く苦しくなったりして足を止めたくなりますがゴールまでいかないとマラソンの結果に繋がりません。その為、自分の欲求に勝ちその結果マラソン大会で何か形になればよりマラソンの楽しさが実感できるようになるのです。

 

ではマラソンを走るためにもゴールまで走りきり結果を残す為にはどうしたらいいのでしょうか。実はこのポイントができているできていないによってマラソンの感じ方が変わるのです。

 

 

小学生にマラソンを楽しいと思わせる練習方法

マラソン筋トレ膝

小学生にマラソンを楽しいと思わせる為には、実はポイントがあります。大人のようにストイックに練習したからといって効果が出るわけではありません。ダイエットしたい、42.195キロを走りきりたいなんて夢がある子供の方が少ないはずですので、まずは練習を楽しいと思わせることが大切なのです。

 

(1)運動の延長線上で教える

マラソンというとひたすら走り込んで覚える・体力をつけると思ってしまうかもしれません。よく小学校のマラソン大会の前になると早朝練習といってひたすら走り込みをしたイメージはありませんか。このやり方は小学生には楽しいと思えるものではありません。

むしろ練習自体が苦痛に感じてしまうこともあるのです。例えば野球やサッカーなどのスポーツで走るための持久力をつけて楽しく運動しながらマラソンの為の体力を付けるようにしましょう。みんなで楽しくできるのが小学校の運動の基本です。公園で少しだけ遊んで帰るだけでも十分なトレーニングになりますので、できるだけ外に連れ出すようにしましょう。

 

(2)ケガをしない

小学生の場合ケガが原因となりマラソンが嫌いになってしまうこともあります。無理に練習させたり、過度なトレーニングなどで肉離れや捻挫・骨折などが起きないようにマラソンの練習前にストレッチをして体を柔軟な状態にしてあげることも大切です。一度のケガがマラソン嫌いの原因になってしまってはもったいないですよね。無理なくトレーニングをしてケガがないようにしてあげましょう。

 

(3)親も一緒にマラソンをする

子供だけでマラソンのトレーニングをさせようと思ってもできるものではありません。親も子供と一緒になって練習をしてあげることが大切です。家の近くの公園でもいいですし、ジョギングコースなどがあれば上手に利用しましょう。ただし子供と一緒に親が走り込むのはおすすめしません。そもそも子供と大人の身長は違いますし小学生ともなると歩幅だって全然違います。その為子供と横並びになって走るのはあまりいい練習方法ではありませんので注意してくださいね。

 

 
 




 

より速く走る為のマラソンの走り方とは?(フォーム)

ヒップアップスクワット

では小学生が少しでもマラソンを早く走る為にはどうしたらいいのでしょうか。

マラソンは体力や筋力も必要ですがそれ以上に「フォーム」などの走り方にも注意が必要です。どんなに運動ができる子供であっても基本となる走り方ができていないと結果に繋がるわけがありません。では正しい走り方とはどのようなものなのでしょうか。

 

猫背にならない

マラソンを走る時にどうしても猫背になってしまう場合があります。マラソンの走り方の絶対的なポイントとして最後まで背筋を伸ばして、まっすぐ前を見て走るようにすることです。猫背のまま走ってしまうと体に余計な負担がかかることもありますし、なかにはケガの原因となる場合もあるので絶対におすすめしません。肩甲骨を寄せた状態で肩の力を抜いて走るようにしましょうね。肩に力が入っているなと感じたら声をかけて正してあげましょう。小学生だけでなく大人のマラソン選手でも姿勢はとても重要です。

 

腕の振り方

マラソンの時は肘を直角に保ったまま、後ろに引くようにしましょう。よく腕を左右に振ったまま走る子供がいるのですが腕の振り方と足の運び方はイコールになりますので、振り方がきちんとできていないとマラソンのタイムが早くなることもありませんし、疲れやすくなってしまいます。腕の振り方は自分では気付けない場合が多いので、まわりが指摘してあげるといでしょう。おそらくマラソンだけでなく短距離走などでもその間違えた腕の振り方をしているはずです。直すだけでもタイムを短くすることができるのでおすすめです。

 

踵から着地

小学生のうちは大人以上に走る時に体に負担がかかりやすくなります。できるなら踵から着地をして膝や筋肉に負担がかからないように教えてあげましょう。足全体や足のつま先で走っていると膝に過度な負担がかかり走りきれなくなってしまいます。同じ距離を走っていても疲れやすくなってしまいますので、まずは走る前の段階で踵から着地するのをレクチャーしてあげてできるようになってからマラソンで走り込むようにしましょう。

 

歩幅

小学生のマラソンの場合、歩幅は短くして歩数を多くするのが基本です。

これが一番負担にならずに子供のマラソンの結果に繋がりやすい方法になるからです。

合わせて呼吸の方法も2回吸って2回はく方法で行なうようにしましょう。呼吸が乱れると走るのが苦しくなってしまいますので十分に注意してくださいね。

 

どれも難しいものではないのですが、小学生の頃は上手にできない子供も多いものです。

早い段階から正しい走り方のフォームを身につけてマラソンを楽しめるようにしましょう。

こちらの記事も合わせて読んでおきましょう。

正しい姿勢こそがマラソンの走り方を変える

マラソンで正しい走り方はコレ!!初心者必見です。

 

マラソンでタイムが少しでも伸びる為の走り方の練習は?

では少し上級者向けのマラソンで少しでもタイムを早くする為の走り方にはどのようなものがあるのでしょうか。ちょっとした意識一つでタイムは大きく変わりますので、是非とも試してみてくださいね。

 

(1)走るスピードを体で覚えよう

マラソンの大会でタイムをどの程度にすれば大会で上位が狙えるのかまずは分析して、そのタイムを体に覚えさせる必要があります。例えば5分で走れば1位になれる1000mの場合は、1周あたりをどの程度で走ると5分になるのかを考え、それに合わせたマラソントレーニングのメニューを考える必要があります。1周にあたる200mを何本も走りタイムを少しずつあげていけるようにしましょう。体で走るスピードを覚えてしまった方がその後のタイムを早くするのも簡単になります。言葉で伝えるよりも走るスピードを体で覚えることがとても大切です。

 

(2)結果を見える形で褒める

マラソンの小さな目標を何個も決めて、それをクリアできたら子供を褒めてあげましょう。小さな目標でもクリアしていくことで自分の自信に繋がります。例えばマラソンのタイムを一覧にしたものや、走った周によって競争できるようなゲーム感覚で教えるとマラソンを走ることが楽しいものだと実感し自分から練習に取り組んでくれるようになります。できた時は思いっきり褒めてあげて子供を伸ばしてあげましょう。ちょっとした方法次第で子供は楽しくマラソンができるようになります。

 

(3)練習場所を変える

多くの場合がマラソンをジョギングコースなどのアスファルトの上で行なうものですが、大人のように体ができていれば問題ないのですが、小学生の場合は公園などの土がある場所でマラソンの練習をした方が膝や筋肉にかかる負担も少なくなります。公園の方が車もなく安全に練習できますし、アルファルトだけでなく公園などもたまには取り入れるようにしてくださいね。

 

小学生のうちはマラソンの正しい走り方なども意識できず、ただ長距離を走る辛いものだと思ってしまいがちです。でも正しい走り方のフォームやマラソンの考え方、マラソンの楽しむポイントなどを知っていれば小学生でも十分に楽しめるはずです。一緒に練習したりしてマラソンを自然と取り入れられるようにしましょう。またマラソンを通して小学生のうちは体の成長だけでなく精神的な成長にも繋がりますので、子供がマラソンを嫌がる時はまずは話を聞いてあげてその理由を確認してあげましょう。意外と簡単な理由だってこともあります。小学生のマラソンは基本を見直し楽しいものであることを教えてあげて、結果を残させてあげましょう。

 




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*