1397039627799083

ヒーローズスキル流
走り方オンライン学習

走り込みしなくても

あなたのお子さん(あなた)の
運動能力を上げるために
必要な流れを
ステップバイステップで徹底解説

指導実績(全てパーソナル)

小学生

⚫︎陸上競技:全国大会出場多数/入賞多数
⚫︎サッカー:J下部選手/強豪チーム選手
⚫︎野球:侍ジャパン選手
⚫︎ラグビー/バスケ/かけっこ苦手ets.


中高生

⚫︎陸上競技:全国大会優勝/入賞多数/出場多数
⚫︎サッカー:U12-U18J下部選手/強豪校選手
⚫︎野球:強豪クラブ選手/強豪校選手
⚫︎ラグビー/アメフト/フィギュアスケートets.


プロ

⚫︎プロスポーツ選手:野球/サッカー
⚫︎社会人選手:ラグビー/アメフト/バスケ
⚫︎オリパラ選手:オリンピック出場/世界選手権入賞
⚫︎マスターズ選手:世界マスターズ陸上2位/世代別日本記録保持者複数


その他

⚫︎マラソン/トライアスロン/ランニング痛み改善
⚫︎競技ダンス/器械体操/水泳/格闘技/ボブスレー
⚫︎バレーボール/フラッグフットボール/ゴルフ
⚫︎超足が遅いの克服300人以上


芸能人

⚫︎炎の体育会TV出演の皆さん(上田竜也さんets.)
⚫︎神木隆之介さん
⚫︎本郷奏多さん
⚫︎ハリー杉山さん
⚫︎近藤夏子さん(TBSアナウンサー)
※TV収録やドラマ撮影、YouTube

「もっと足が速かったら、
さらに上のレベルで

戦えるのになぁ」

近年のスポーツは、スピード化しています。足が遅いだけで、線引きされてしまう時代です。
「もっとハードに練習しないとダメか・・・」そう思いますよね。

かなり足が速くなっても、
勝てなかったらどうしますか?

足が速いとは、単純なスピードだけでは評価できません。
最高速度、初速、加速などの場面毎のスピードだけでなく、実は隠れたスピード要素があります。それは、初動(動き出しなど)、転換力(前後左右の方向転換)、ストップ力(緩急、停止)です。
これらは、足が速いだけでは、手に入りません。

「動き方を変える」
この1点に目標を絞れば

シンプルになります

脚の強さだけを武器に強引なスピードを手に入れてしまうと、横への移動や静止することが苦手になってしまいます。
また、脚の使い過ぎとなり、下半身の柔軟性の低下を招き、怪我も増えてしまいます。
原因は、動き方が悪いからです。下半身ではなく、胴体主導の動きを手に入れていきたいです。

過去10000人以上の
指導統計を練り上げた
ヒーローズスキル流
走り方オンライン学習

私が推奨する指導方法は、走り過ぎは逆に足が遅くなり、怪我なども増えるため、走ること以外で足を速くしましょう、という内容です。
良い身体を作ることが、運動能力全てを上げることになり、足が速いだけでなく、動き方が巧い人間を育成することにつながります。

「沢山走れば足が速くなる。走り方を変えれば、スピードが上がる」そんな間違った方法に取り組んでいる方でも、まずは、苦手なことを明確にし、弱点を埋めることで、今までの努力が無駄にならず、活かすことが可能になります。

その後の実戦で、身体が変わってくると、走り方を変えるための技術練習に取り組む準備ができたことになります。ここまで到達できた方は、既に勝手に足が速くなっていることでしょうが、さらに動き方を巧くする、運動指導の本質を知っていただきます。

主催者/ヒーローズスキル

プロアマ、芸能人、子供たち含め
10000人以上の走り方を変えた
プロランニングデザイナー

近 藤 裕 彰

ヒーローズスキル東京代表|累計指導数5万人。2017年9月に東京、西新宿にランニングスタジオを開設。受講者を「ヒーローにしたい」という理念を元に、子どもに夢を、大人には新たな目標を、育むサポートをする指導者として活動。前歴は、体育講師として、10年以上、小、中学校10校以上に赴任、同時にパーソナルトレーナとしても年間1000件以上の指導、教えることが大好きな人間。妻、娘2人と好きなことを仕事に、幸せに暮らす日々を送っている

また、スポーツ系番組のコーチ、ニュース番組、バラエティ番組の出演など、メディア活動も行っています。


⚫︎炎の体育会TV・大阪ほんわかテレビ⚫︎NHK番組出演
⚫︎読売新聞掲載
⚫︎CM/ドラマ演出


本当に足が速い人には型があります。
この「10」の項目に沿って考えていけば、今あなたが取るべき行動が見えてきます。

でも。走るって
誰でもできますよね?

この考えは、時代遅れです。今も昔も正しい走り方はありましたが、近年のその注目度は高まり、習う時代に突入しています。
何となく「出来る」と完璧に「出来た」は大きく異なります。

走るって
誰でも教えられますか?

正しく教えることは、できません。
何となく教えることは、経験者である皆さんでもできると思いますが、
走りを教えられるプロとは、ハイレベルな経験者であり、かつ熟練した指導者でなくてはなりません。
経験者と指導者は、似て非なるものであり、ティーチングプロであることが、必須です。

プロの中のプロは
教え方が巧い

指導者の実力は、難しいことを小学生にでも分かるように、どれだけ簡単に伝えられるかです。
私は、10年以上6歳~18歳とかかわってきた教育者です。
先生が、教育者である所以は、ここにあります。

走るとは、一生もの
単純だけど奥が深いの代名詞

走るとは、赤ちゃんが立ち上がり、そして歩き、気づいた時には走っている、生まれながらに出来る簡単だと思われてしまったものです。
シンプルが故に、学校教育でも何となくになりやすい単元で、そのため多くの走る習い事が生まれました。
しかし、その習い事も、走り方だけに囚われてしまい、見た目を追う間違った指導が後を絶ちません。
走り方を変えても、意味はなく、大切なことは、走り方を作る動き方です。
私は、間違った指導で怪我が絶えない人を救い、今後同じ経験をする人を減らすために、活動しています。
皆さん、本質に目を向けましょう。

ヒーローズスキル流
「動き方を変えよう」

身体デザイン講座

コンテンツ内容

動画コンテンツ100本以上

考え方から
リアルな練習メニューまで網羅

実際に取り組むべき練習は、考え方の理解があってこそ、効果を発揮します。

『これやった方がいいよ』的な練習にいくら取り組んでも、本質を理解していないため、無駄な努力となります。

数万人を成功に導いた具体的な取り組み方を学んでいただきます。

テキスト教材①

治すではなく直す!怪我回避論
スライド20枚

何度も同じ怪我をする、医者からさじを投げられた怪我スパイラルを回避させる育成論を解説

第1部 怪我ばかりする人の特徴を徹底解説

第2部 病院と治療院の怪我タイプ別活用方法

第3部 怪我は治す!?直す!?再発防止戦略

テキスト教材②

セルフ身体チェック
完全解説テキスト
スライド50枚

繰りかえし、指導の核と人間の軸を作る全体像を学び、日常習慣に落とし込む

限定特典

足が遅くなる!?診断
チェックシート&

ロードマップ

「10」のステップで
あなたの弱点を克服し、
運動能力を上げることができる

本当に足が速い人には型があります。この「10」の項目に沿って考えていけば、今あなたが取るべき行動が見えてきます。

逆に、この型に当てはまらなければ、数年先あなたの“足は遅くなります”もしくは“足腰の不調が起きます”これは統計であり、必然です。

学習塾で考えると、3~5ヶ月分くらいの値段
ですが、大切なことはお金ではありません
怪我は大金を積んでも取り返せないからです

講義の内容は、不変的です。新しい考えが生まれれば、随時更新されます。

つまり一生かけた習い事が手に入るということです。走るという特性上、全てのスポーツに役立ちどの年齢にも生かすことができます。

東京に来て、私のパーソナルを受けると1回30000円かかります。仮に3回受けても、この講義の知識を全て理解することはできないでしょう。

それだけ膨大な知識量です。まずは、頭の中から変えてください。

そうすれば、日常全てに変化が訪れるでしょう。

よくあるご質問

Q.どんな人向けですか?

A.スポーツに取り組んでいる全ての方、既に足が速い人から遅い人まで、未就学児から大人の方におススメです。アスリートの方でも、昔のようにパフォーマンスを出せなくなった方にもおススメです。

Q.まだスポーツを始めていない子どもでも参加できますか?

A.もちろん可能です。これからスポーツを始める方にこそ、有効な方法です。身体の本質を向上させるので、走ること以外のスポーツにも有効です。将来構想にお役立てください。

Q.返金保証はありますか?

A.商品の特性上、決済完了直後に商品が納品されるため返金は受け付けません。

Q.追加料金はありますか?

A.ありません。懇親会などのイベントを開催する際には別途料金を徴収します。

Q.他の商品との違いは?

A.走り方以外の能力を学べるところです。多くの人は、走り方ばかりに目を向けてしまい、身体や動き方、考え方が変わらずに結果を出すことができません。

走り方以外が重要であると気付いていただき、それを身につけるための講義動画を50本以上用意しています。

Q.参加、受講に必要な環境を教えてください。

A.LINEがインストールされたスマートフォンが必要です。オンライン開催のため、インターネット環境とスマートフォンがあればお好きな場所からご参加いただけます。※動画や資料の提供、サポートを全て円滑に行うべく、LINEのシステムを利用しているためです。

特定商取引法に関する記載
プライバシーポリシー
利用規約

Copyright © 2023 ヒーローズスキル東京-ランニングデザイナー近藤裕彰