陸上競技の習い事を始める前に、必ず知っておきたいこと

陸上競技の習い事を始める前に、必ず知っておきたいこと

うちの子供は、毎年リレーの選手だし、もしかしたら走る才能があるのかもしれない。

子供のもっと速くなりたいとの希望から、陸上の習い事を探すことにしたが、色々沢山あって悩んでいることでしょう。

陸上の習い事は、小学生で大会出場を目指すなら陸上クラブ、短期で習うなら陸上教室、皆さんもそこはお分かりかと思います。

ですが、大切なのは、どうやって選ぶか、陸上の習い事のメリット、デメリット、絶対に注意したいこと、など全てお教えします。

大切なお子さんのためにも、将来を見据えて、習い事を選びましょう。

 

陸上の習い事を始める理由とは

まず陸上の習い事を始める子供とは、どのような子供なのでしょうか?

一言で足が速くなりたい子供では、物足りないので、もう少し掘り下げて考えていきましょう。

1.陸上競技選手みたいになりたいから

陸上競技の習い事ですから、陸上選手を目指したい子供は、多くいます。

野球を習う、サッカーを習うこととほぼ同じです。

陸上競技と言っても、100m走などの短距離走、箱根駅伝のような長距離走、跳んだり投げたりするフィールド競技など、様々です。

 

2.球技のために足が速くなりたい

陸上の習い事といっても、陸上選手になりたい訳ではなく、他の専門としている競技のために習う子供も大勢います。

足が速いということは、足を使う競技において有利ですので、様々なスポーツから求められています。

 

3.走ることが好きだから

読んで字のごとくです。

好きこそものの上手なれ、という言葉があるように、好きなことは伸ばしてあげたいですね。

 

4.走ることが苦手だから

本来習い事とは、苦手を克服するためにあるのかもしれません。

得意であるなら、特に習う必要もなく、苦手だからこそ必要なのでしょうね。

 

他にもきっとありますが、足が速くなりたい、という理由が最もポピュラーであることは間違いありません。

 

陸上の習い事は、どんなものがあるのか?

では、そんな子供のための陸上の習い事とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

陸上クラブ

全国各地にある陸上競技専門のクラブです。

小学生メインが最も多く、中学生メインもありますが、数は少ないです。

中学生になると部活動がメインとなるため、陸上クラブは補助的な役割になるケースが多いです。

所属がなんだとか、色々あるため中学生からは色々ややこしくなってきます。

 

大会に出場し、全国大会を目指すクラブチームもあるため、かなり熱を入れている団体も数多くあります。

野球でいうリトルリーグ、サッカーでいうクラブチーム、のようなイメージですかね。

 

陸上教室

同じ陸上の習い事でも、クラブと教室では、意味合いは変わります。

教室は、所属とかそういうイメージよりは、単発で習いに行くイメージです。

物の表現の違いもありますが、陸上クラブと謳っているものは、組織、チームですので、より本格的な習い事ではあります。

陸上競技の習い事を始める前に、必ず知っておきたいこと(2/2)>>

(最終更新:2018年9月27日)

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)