かけっこで1番確定!目が点の足が速くなるコツとは⁈

かけっこで1番確定!目が点の足が速くなるコツとは⁈

かけっこでいつも下位、またはビリの息子の姿、、、非常に辛いものがあります。自分でもどうにか足が速くなるコツを教えたい。でも、自分の知識は十分ではないし、それで本当に息子の足が速くなるという確証もない。

こんな風にあなたは困っているのではないでしょうか?どうにかかけっこで息子を一番にしてあげたい、そして息子が一番でゴールをテープ駆け抜ける姿を見たくありませんか?それには、あるコツがあります。

今回の記事は、対象別の足が速くなるコツを記載していきますのであなたの息子にあったコツを教えてあげてくださいね。

足が速い人の特徴

あなたの周りにも、群を抜いて足が速い子がいると思います。なんで、自分とは子供とこんなにも差があるのかな・・・と思ったことがあるでしょう。では、まずはじめに足が速い方の特徴を記載していきます。

足の回転が速くて一歩が大きい

足の速い子供は、とにかく回転が速い。

足の回転が速いということは、スタートに関してかなりのアドバンテージで、出だしの遅れは少なく、学校体育の印象的にも好印象です。

私も学校体育に10年以上関わってきたのでわかりますが、体育レベルではスタートで負けていて、後半で追い抜かすことはまずできません。

リレー選手を選ぶ場合も50mで判断されることが多く、仮に後半伸びてくるとしても、判断材料としては薄くなってしまう可能性が高いです。

やはり、陸上競技を除く、学校体育や球技レベルでは、50mのタイムが全て。

その中でもスタートダッシュが速いことは、使用頻度も印象も高いので、スタートが遅いのは大きなデメリットです。

さらに言えることは、一歩当たりの歩幅が大きいということ、ただし大股などの印象ではなく、速くてかつ大きいとお考えください。

一番の理想は、回転が速く、歩幅が大きいということです。

歩幅を大きくしようと、跳んだり跳ねたりしても、上がって下りてくるロスが生じてしまい、結果的に回転を失ってしまいます。この二つの関係性を忘れなければ、失敗は少なくなりますね。

腕をしっかり振っている 

足の速い子供は、腕をしっかり振っています。(振られているが理想)

歩く時に、腕を前後に振るように、走る時も強く大きく振らなくては速く走ることはできません。

力強く速く振れることは、足にその動きが伝わり、足を速く動かすことと同じ効果が表れます。

お分かりになれば、振らない訳にはいきませんね。

理想は、自然と振れるようになることですが、熟練度が必要です。やみくもに振れば良い訳ではありませんが、まずは積極的に動かしてみましょう。

身体がぶれない 

足の速い子供は、頭の位置が固定されます。

頭が動かないということは、全左右にブレが少ないことを示します。

固定すればよい訳ではなく、全力の足の動き、全力の腕の動き、その両方を全力で行った結果、頭がぶれないことが大切です。

歩けば、頭ぶれないですよね?

関連記事:小学校低学年から始める足が速くなる方法ベスト10
関連記事:【プロが教える】小学生でもできる100mを速く走るための方法

かけっこで1番確定!目が点の足が速くなるコツとは⁈(2/4)

(最終更新:2018年9月26日)

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)