あれも肉離れの原因? ちょっと意外な7つの要因

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)

一度、発症してしまうと、なかなか完治せず、すぐに再発してしまう、アスリートの天敵『肉離れ』。筋肉が皮膚の内側で損傷や裂傷を負うことで発生するケガですが、その要因は実に様々です。

知識の豊富なトップアスリートなら知っていることはたくさんあると思われますが、アマチュアやビギナーだと「え?そんなことも肉離れの原因になるの?」とびっくりされるようなこともあるでしょう。

今回は、ちょっと意外で、見落とされがちな肉離れの要因についてご紹介します。

直接的な肉離れの原因は、“硬い筋肉”が大きな問題

肉離れは、筋肉の筋繊維や筋肉を包む筋膜が、引き伸される力に対して収縮する力が大きい時に損傷や裂傷を起こして発症します。

ダッシュをした時やジャンプをした時、あるいはターンをした時など、急速な動作変更や着地した時などの衝撃でかかる負荷に、筋力が耐えきれなかった場合に起こりやすくなります。

肉離れの発生しやすい世代は、小学校の低学年ではほとんど発症することがなく、中学生や高校生ぐらいから増え始めます。さらに20代~30代以上になると、年齢に応じてリスクが高くなっていきます。

また、肉離れが再発しやすい理由としては、筋肉は一度損傷すると回復時に以前より強く硬く修復されるためだといわれています。

こうしたことからも、肉離れを直接的に引き起こすのは、筋肉の状態が硬く硬直していることが原因だと推察できます。

肉離れになりやすい筋肉をつくってしまう意外な7つの要因

では、筋肉が硬くなってしまうのには、どのような理由があるのでしょうか。硬い筋肉を作ってしまう要因をピックアップしてみます。

 

① 筋力不足・運動不足

筋肉は、使わないでいると、筋繊維がどんどん細く、硬くなっていきます。そのため、日頃から身体を動かしたり、運動をしていない人が急に激しいスポーツを行うと、肉離れになるリスクも当然高くなってしまいます。ダイエットや健康維持の目的で、これから運動を始めようという方は、少しずつ筋力を高めていくことを心掛けましょう。

② 過度のトレーニング等による筋肉の疲労

見事にパンプアップされた隆々とした筋肉は、見栄えも良く、強そうに見えますが、行き過ぎたトレーニングは、筋肉を疲労させ、筋力を弱めてしまいます。

また、筋肉は、筋トレなどの運動によって筋繊維をあえて傷つけることで硬く太い筋肉に回復するというメカニズムで成長しています。休みなくトレーニングや練習を続けることは、自ら肉離れしやすい筋肉を作ってしまうという、悪循環にもなってしまいます。

③ 加齢による筋肉の硬化

人の身体は、加齢によって筋肉を再生しづらくなってしまいます。筋肉を構成する繊維タンパク質であるコラーゲンの生成量が減少するほか、筋肉を修復・回復させる成長ホルモンの分泌も減少していきます。

年齢を重ねるに応じて、筋肉が硬くなり、動作も鈍くなってしまうのは、そのように体調が変化しているからです。

あれも肉離れの原因? ちょっと意外な7つの要因(2/2)>>

メルマガ登録 足が速くなる本プレゼント中

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。