「焦らない!」が大切!肉離れ完治を目指して生活改善

「焦らない!」が大切!肉離れ完治を目指して生活改善

運動中に突然痛みが起こり、そのまま病院に直行、医師から「肉離れ」と診断された…という方も、きっと多いことでしょう。

筋肉や筋膜が裂傷を起こすことで発生する「肉離れ」は、軽度のものでも完治するまでに1ヶ月かかるといわれる、とても治りにくく、再発もしやすい難しいケガです。

肉離れを経験した方の中には、痛みが引いたからといってすぐに練習やトレーニングを再開してしまい、また再発してしまったという人も多いようです。

肉離れを完治させるには、焦りは禁物。ですが、ちょっとした心がけで回復を早めることは可能です。一日でも早く肉離れを完治させるために、これまでの生活習慣を改善しませんか。

肉離れの早期完治は、患部を動かさないことが前堤

医師や整体師などの専門家から「肉離れ」と診断された方は、ほとんどが「安静にしてください」と言われていることでしょう。

肉離れは、筋繊維や筋膜が皮膚の内側で損傷している状態のため、患部を動かすとさらに傷が広がります。発症直後から2~3日間は、サポーターやテーピングで患部を圧迫・固定しながら、アイシングを繰り返し、安静にするように心掛けましょう。

その後、多少痛みが引いたとしても、患部はまだ完治していません。試しにゆっくりとストレッチをしてみると、患部に痛みを感じるはずです。

この間にできることは、痛みを感じない程度にゆっくりとストレッチをすることです。

できるだけ、医師や整体師などの指示に従い、ケガの様子をみながらじっくりリハビリに取り組んでください。

肉離れした患部の筋肉を取り戻す、3つの食事法

肉離れで身体を思うように動かせなくても、必ず食事はとるはずです。このとき、筋肉の回復を早める栄養を多く取ったり、さらに効率よく栄養を消化吸収する方法を取り入れることで、肉離れの早期完治に期待できるようになります。

プロスポーツのトップアスリートや、ボディビルダーなどが、食事を大切にしているのを見ても、食事が筋肉づくりに大いに影響していることもわかるでしょう。

ここでは、肉離れで損傷した筋肉を回復するための食事法をご紹介します。

高タンパク質な食べ物を多めに。

筋肉はタンパク質からできており、炭水化物・脂質・タンパク質の三大栄養素のなかでも、筋肉の回復に最も重要な栄養素です。

タンパク質は体内で保存できず、また、筋肉を生成できるのは摂取後のわずか約5~6時間とされています。そのため、タンパク質は一度にまとめて摂取しても効果がなく、逆に過剰摂取すると肝臓や腎臓に負担をかけ、内蔵疲労を引き起こす可能性もあります。

毎食ごとに食べるなど、タンパク質の多い食材をこまめに摂取することを意識しましょう。

ちなみに、肉や魚などの「動物性タンパク質」は高カロリーですが、豆や豆腐など低カロリーの「植物性タンパク質」と比べると、動物性タンパク質の方が身体に効率よく吸収されます。肉離れの治療中は、カロリーを取り過ぎないよう分量に注意しながら、動物性タンパク質を積極的に摂取することをおすすめします。

タンパク質を多く含む食べ物

肉類…牛・豚ヒレ肉、豚もも肉、鶏むね肉、ささみ、レバー
魚介類…サケ、タラ、マグロ(赤身)、エビ、アジ、イカ、タコ

食事を1日6食にしてみる。

上記で、タンパク質はこまめに摂取することが大切と書きましたが、1日3回の食事を6回に分けて摂ることで、より効率よく消化吸収することができます。

ただし、タンパク質の多い食材だけを食べるのではなく、身体を動かすエネルギーになる炭水化物や、質の良い筋肉づくりに役立つビタミン、ミネラルなど、栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう。

たっぷり水を飲む。

人の身体は、成人で約60~65%が水分でできており、その一部は、血液やリンパ液などになって体内を循環しています。血液は、体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運ぶ重要な役割を担っていると同時に、老廃物や過剰な物質を運び出すという大切な働きをしています。新陳代謝を高め、筋肉の回復を早めるという意味でも、積極的に水を飲むことが大切です。

1度にたくさんではなく、1日1.5リットル以上を目安に、こまめに飲むように注意しましょう。

関連記事:1日も早い完治のために…肉離れの治療期間と治療法

関連記事:受傷直後は揉んじゃダメ!肉離れとマッサージの関係

肉離れは成長ホルモンで早く治す!質の良い睡眠のための3つのポイント

筋肉の合成や脂肪の分解など新陳代謝を活発にし、組織の再生に欠かせない役割を果たす“成長ホルモン”は、睡眠中に分泌されることは良く知られています。

夜22時~深夜2時が成長ホルモンが多く分泌されると言われますが、実際には、睡眠サイクルで深く眠っている時(ノンレム睡眠)に、多く分泌されます。

つまり、しっかり深い眠りに入れる質の高い睡眠が、肉離れの回復に役立つといえるでしょう。

ここでは、肉離れの治療中にぐっすり眠るための方法をご紹介します。

患部を動かさない軽いストレッチをする。

成長ホルモンは、睡眠時だけでなく、運動後にも多く分泌されます。そのため、お休み前に、患部を動かさないように気をつけながら、全身的な軽いストレッチを行うと、より効果的に成長ホルモンの分泌を促進できます。

眠る前に食事をせず、温かい飲み物でリラックスする。

胃の中に食べ物が残っていると、そのまま寝ようとしても身体は消化活動を行います。就寝する3時間前には食事を済ませておきましょう。

人の身体は体温が下がると眠くなります。そのため、寝る前に温かい飲み物を飲んでいったん身体を温めると、体温が下がりやすくなり、寝付きが良くなります。

寝る前に飲むものは、ホットミルクが良いと言われますが、カフェインの入っていないホット麦茶や、香りの良いカモミールティーなどもおすすめ。より身体を温めるなら生姜湯も効果的。胃腸への負担を考える場合は、白湯でも効果があります。

ベッドに入ったらスマホをさわらない。

寝ようとして部屋の明かりを消しても、寝ながらテレビやスマホなどの明るい画面を見ていると、興奮の神経(交感神経)が刺激され、睡眠を妨げてしまいます。

質の高い睡眠に入るためには、落ち着くような音楽を聴いたり、読書をするなど、リラックスの神経(副交感神経)が優位になるよう、心掛けましょう。

関連記事:太ももの前面を肉離れから守る、安心ストレッチ4選

【この記事を書いた人の紹介】

ヒーローズスキル近藤裕彰監修。【経歴】元体育教師のプロランニングパーソナルトレーナーとして、芸能人、プロスポーツ選手などの著名人、全国クラスの陸上競技選手、サッカー選手、野球選手などを数多く指導。ニュース番組への出演、バラエティ番組への出演など、多岐にわたり活躍。代表的なメディア:炎の体育会TVなど。

メルマガ会員登録(無料)

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)