股関節が痛い時のストレッチ方法5選

股関節

ランニングなどの運動をしている時はもちろん、ふつうに歩いている時でも、股関節の部分に痛みが走ったり、痛みまではなくても違和感がある…といった方は、意外と多いようです。

股関節は上半身と足をつなぐ人の身体にとってとても大切な関節です。今は大丈夫だからといってそのまま放置しておくと、股関節だけでなく腰や膝、足など、体の他の部分にまで影響していくこともあります。

そこで今回は、股関節が気になる時の効果的なストレッチをご紹介します。

股関節痛の主な原因

股関節に痛みや違和感は、大きく分けて以下の3つが原因になっている場合が多いようです。

1.座っている時や歩いている時の姿勢がよくない。

長時間同じ姿勢で椅子に座っていたり、重い鞄などを持って歪んだ姿勢のまま歩いていたりなど、正しくない姿勢で過ごしていると、上半身と下半身をつなぐ股関節に負担がかかり、悪影響を及ぼすことがあります。

2.運動不足等で筋力や柔軟性が低下している。

股関節の痛みは、脚と骨盤をつなぐ太腿やお尻の筋肉が萎縮することで、股関節と骨盤の間が詰まり、痛みや違和感を引き起こすことがあります。その予防には、適度な筋力や柔軟性を保つことが必要です。

3.股関節炎や変形性股関節症などの病気。

長期間にわたって悪い姿勢での生活や運動不足の状態が続くと、股関節炎や変形性股関節症などの病気になる場合もあります。また、リウマチや感染症などの他の病気の可能性も考えられます。

上記3のように、痛みがひどかったり、長く続くようなら病気の可能性を考えて、まず、病院や治療院などの専門家に診断してもらうのが賢明です。

ただし、1や2の場合は、簡単なストレッチで軽減することもできますので、日頃から意識して継続するように心がけましょう。

ストレッチをすることで、ご自身の身体のどの部分に負担をかけた動きをしているかに気づくことが大切です。小さいことの積み重ねが、慢性的な症状を改善していきます。

関連記事:「歩くと股関節が痛い人」が知っておくべき3のこと

関連記事:症状別にみる、股関節の痛みの原因と問題

 

股関節が痛い時のストレッチ方法5選(2/2)>>