足を速くする専門スタジオ-ヒーローズスキル東京

股関節の骨折に関するQ&A

股関節の骨折に関するQ&A

この記事では、股関節の骨折についてのよくある疑問について、ご紹介していきます。

股関節の骨折と聞いて、どのようなイメージができるでしょうか。

そもそも股関節の骨折とは何かという内容から、実際に骨折してしまった場合、どのくらいで問題なく日常生活を送れるようになるかなどをご紹介していきます。

そもそも股関節の骨折って何?

股関節の骨折とは、太ももの骨である大腿骨の上の部分が折れてしまうことです。

その中でも、大腿骨頚という、大腿骨上部の細くなっている部分で折れてしまう場合がほとんどです。

その他には、転子間という、大腿骨上部の外側で折れてしまうケースもあります。股関節の骨折の主な原因は、加齢による骨密度の低下です。

特に、女性は男性に比べ骨密度が低い為、股関節の骨折は高齢者の女性に多いといわれています。また、骨密度が低下してしまうと、転倒した場合に股関節を骨折することがあります。その他には、タックルの多いスポーツや交通事故などにより、股関節を骨折する場合があります。

関連記事:「歩くと股関節が痛い人」が知っておくべき3のこと

関連記事:症状別にみる、股関節の痛みの原因と問題

股関節を骨折してしまったら、どのように対処すれば良いの?

まず、股関節を骨折してしまった場合には、動くことは困難になります。

その為、周りの人に助けを求め、救急車を呼んでもらいましょう。

救急車がくるまでの間は、自力で動こうとせず、周りの人に助けてもらい、安全な場所で安静にしておきましょう。

とにかく、自分が一番楽な姿勢を見つけ、その状態で待機することを心掛けましょう。

もし、出血を伴っている場合には、止血をしてもらい、貧血状態にならないように注意しましょう。

股関節を骨折した場合、どのくらい入院するの?

まず、股関節を骨折した場合ほとんどが手術を必要とします。入院期間は、平均的に2週間から3週間といわれています。長くても4週間程度です。

退院した後は、リハビリ施設へ通院するようになるケースが一般的です。

股関節を骨折してから、どのくらいで歩けるようになるの?

手術をした後は、車椅子での移動になりますが、同時に歩行訓練も行います。

どのくらいの期間で歩けるようになるかは、その人の年齢や体力などによって杖を使わず歩けるようになるまでの期間が異なるので一概には言えません。

だいたい、半年から1年くらいで考えておくと良いでしょう。

最初は車椅子での移動、次に杖を使った歩行、最終的には杖を使わず歩けるようになるまで、リハビリを行います。

股関節の骨折に、重症度のレベルはあるの?

股関節の骨折といっても、軽度のものから重度のものまで様々です。

重症度のレベルは、一般的に四段階に分けられています。

一番軽度のレベルは、骨にひびが入っていて、完全に骨折はしていないものです。
二番目は、完全に骨折してはいるが、折れた骨同士でずれが生じていないものです。
三番目は、完全に骨折していて、折れて骨同士でずれが生じているものです。
四番目は一番重症なもので、完全に骨折しており、折れた骨同士が大きくずれてしまっているものです。

このように、股関節の骨折といっても、重症度によって回復までの期間やリハビリの内容が異なります。

重症度は、レントゲンを撮って骨の位置を確認した上で診断されます。

股関節を骨折した場合、後遺症はあるの?

股関節を骨折した場合、後遺症が発症してしまう可能性があります。

その後遺症について、4つの項目に分けてご紹介していきます。

股関節の可動域制限がかかる

手術をしたことで、股関節周辺の筋肉が硬くなってしまいます。

その為、骨折する前と比べて、股関節が動かしにくくなり、可動域に制限がかかってしまいます。

神経障害が起こる

股関節周辺にも、神経組織が多数存在しています。

股関節を骨折した際に、何らかの形で神経が損傷してしまうと、神経障害が起こってしまうケースがあります。

動揺関節になってしまう

交通事故などの影響により、関節が異常な動きをしてしまうケースがあります。

その場合には、補強の為の器具を使用し、関節を保護します。

大腿骨が変形してしまう

大腿骨が変形してしまう、変形障害といわれる症状が発生する場合があります。

その場合にも、補強器具をつけるケースがあります。

まとめ

股関節の骨折について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「股関節の骨折」と一口に言っても、重症度により程度が違ったり、後遺症のありなしなど、様々なケースがあります。

また、もしご自身が股関節を骨折してしまったらどのように対処をすれば良いかも確認しておき、いざというときの為に頭の片隅に入れておきましょう。

関連記事:股関節の痛みや違和感に効果のあるツボ4選

関連記事:その痛みは本当に筋肉痛?きちんと知っておきたい股関節筋肉痛の知識




【この記事を書いた人の紹介】

ヒーローズスキル近藤裕彰監修。【経歴】元体育教師のプロランニングパーソナルトレーナーとして、芸能人、プロスポーツ選手などの著名人、全国クラスの陸上競技選手、サッカー選手、野球選手などを数多く指導。ニュース番組への出演、バラエティ番組への出演など、多岐にわたり活躍。代表的なメディア:炎の体育会TVなど。

メルマガ会員登録(無料)

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。

(最終更新:2019年1月24日)
606 views

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

足が速くなる

【100m走を早く走るコツ】抜かれる!?小学生高学年が100m走後半を速く走るための方法

【100m走を早く走るコツ】小学生高学年が100m走後半を速く走るためのコツ・方法。100m走が速くない方は、速くならない特徴(原因)があります。逆に、100mを速く走れる方には、それなりの要因があるわけです。100m走を速く走るためのコツ...

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)