ぽっこりお腹の原因はメタボではなく、骨盤の歪み!?骨盤とぽっこりお腹の意外な関係

ぽっこりお腹の原因はメタボではなく、骨盤の歪み!?骨盤とぽっこりお腹の意外な関係

ぽっこりお腹・・・

気になっている方はいらっしゃると思います。ぽっこりお腹を改善していくには、食事制限ももちろん大切なことですが、骨盤周りの矯正を行うことも重要です。

骨盤が歪んでしまうと血流やリンパの流れを悪くしてしまい、結果的に新陳代謝の悪いカラダになりやすくなってしまうということを知っていましたか?

ぽっこりお腹の原因は、食べ過ぎ、飲み過ぎだけではないかも……?

骨盤歪み

お腹の内蔵脂肪がたまりすぎて、お腹だけが以上に「ぽっこり」してしまうメタボリックシンドローム、通称メタボは食べ過ぎや、飲み過ぎが原因だとされています。

普通の脂肪なら、筋肉の上につくので、食事制限を行い、毎日運動をして筋肉を使い、新陳代謝を高めればどんどん落ちていくのですが、メタボは違います。

メタボは皮膚の下に脂肪がつくのではなく、内蔵の周りに脂肪がつくので、落とすのが難しいだけでなく、内臓や血管が圧迫され以下のような症状を引き起こしてしまうと考えられています。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症 など……

このように、さまざまな恐ろしい病気の原因となってしまうメタボですが、その原因は食べ過ぎ、飲み過ぎだけでなく、骨盤の歪みが関係しているかも知れません!

骨盤の歪みで、なぜメタボに?骨盤とメタボの意外な関係

骨と筋肉、この2つには字面だけ見ると、あまり関連性が内容に思えますがすべての動物の身体は骨と筋肉でつながっています。生き物の身体は、骨にそって筋肉が形成されるので、骨は建物における鉄骨のように筋肉をささえる役割を持っています。

それでは建物の鉄骨が歪んだら、壁や内壁はどうなってしまうでしょうか。

当たり前ですが建物の中の鉄骨が歪んだら、壁な内壁なども大きな影響を受け、ヒビが入ったり、曲がったり、傾いたりしてしまいますよね?

それと同じことが、私たちの身体でも起きているのです。
特に骨盤は、建物で言う所の大黒柱そのもの。大黒柱が、歪んだら他の骨組みがしっかりしていても、家は傾いてしまいます。

そして、人間の場合は骨盤が歪んでしまうと、身体全体がその歪みに対応しようと悪い方向に変化してしまうのです。

その悪い方向への変化に、メタボも上げられます。

メタボの原因は脂肪燃焼能力が弱まったから!そして、その原因は骨盤?

メタボは、食べ過ぎ、飲み過ぎも、もちろん大きな要因なのですが、中年層に多い理由は、若い頃に比べて新陳代謝が低下し、脂肪燃焼能力が弱まってしまったことが原因です。

新陳代謝が低下し、脂肪燃焼能力が弱まると、身体に脂肪がつきやすくなります。

そして、脂肪が内蔵につくことで、より代謝が悪くなり、さまざまな病気を引き起こす原因になるというのが、メタボの原因なのですが、この新陳代謝の低下に骨盤が深く関係しているのです。

骨盤が歪むことで、身体のバランスが崩れてしまうことは先述した通りですが、筋肉がつくバランスも崩れてしまいます。

本来の身体であれば、身体にまんべんなく筋肉がついているのですが、骨盤が歪んでしまうと、筋肉バランスが変わってしまい、筋肉の多い部分と少ない部分が出てきてしまいます。

しかも、筋肉のバランスが崩れるだけでなく、全体の筋肉量まで減ってしまうという、イヤなおまけがついてきます!

骨盤の歪んでいない人の全体の筋肉量が、上半身と下半身で「5:5」だとしたら、骨盤が歪んでいる人の筋肉量は「4・5」のように変わってしまいます。骨盤が歪んでいる人は上半身と下半身、左右でつく筋肉の量が変わるだけでなく、全体の筋肉量が少なくなってしまうため、脂肪燃焼能力は低下し、脂肪が燃焼しにくくなっているのです。

しかも、骨盤が歪んでいると、腰回りの筋肉量が減る傾向があるため、腰とお腹周りの脂肪燃焼能力も落ちるため、お腹周りに脂肪がつきやすい!

このように、骨盤が歪むと複合的な要素が絡み合い、メタボを引き起こしてしまうことのなるのです。

○横並びボックス

正常な骨盤の場合 骨盤が歪んでいる場合

身体全身キレイに筋肉がついている(筋肉量も多い)

脂肪燃焼能力(新陳代謝)が高い

食べたものの脂肪を分解し、エネルギーに変える

脂肪が残らない

メタボリックシンドロームにならない!

身体の筋肉バランスが悪く、筋肉量も少ない

脂肪燃焼能力(新陳代謝)が悪くなる

身体に脂肪がたまる、特に腰回りに脂肪がたまる

内蔵の周りにもどんどん脂肪がつくようになる

メタボリックシンドロームになる!

骨盤の歪みを矯正して、メタボ腹をなくそう!

骨盤歪み

骨盤の歪みがメタボの原因になってしまうことは、ご理解して頂けたでしょうか?

骨盤の歪みによって、腰回りの筋肉が減って、結果的にメタボになってしまうのですが、骨盤の歪みを矯正すれば、腰回りと、背中、下半身という筋肉の面積が広い部分の筋肉が増えやすくなるので、内蔵脂肪が落ちやすくなるだけでなく、身体全身がシャープになりやすい!

それでは、メタボに効く骨盤矯正をご紹介して行きたいと思います。

【メタボに効く骨盤矯正】腰回し運動

[1.足を肩幅より、やや広く開いて立つ]
足を肩幅よりも、やや広く開いてください。この時に、つま先の向きはやや外側に開き、大きく息を吸って、肩の力を抜きリラックスしてください。

 

[2.腰に手をあてて、お尻の穴を引き締める]
1の状態で腰に手をあてながら、お尻の穴を「キュッ」と引き締めてください。
お尻の穴を引き締めることで、括約筋が引き締まり、下半身の歪みを矯正しやすくなります。

 

[3.フラフープを回す要領で腰を左右30回ずつ回す]
2の状態のまま、フラフープを回す要領で、腰を左回りで30回、右回りで30回大きく回してください。なれない内は、どうやって腰を回して良いのか、わからないかもしれないので、鏡で自分の身体の動きをチェックしながら、行うことをおすすめします。

以上の腰回し運動を、左右30回ずつを1セット、朝夜3セットずつ行ってください。また時間がある時に、腰を回すだけでも、骨盤を矯正する効果があるので、エレベーターを待っている時やちょっとした立ち仕事の合間にも、行うようにしましょう。

この運動を行うことで、腰回りのインナーマッスルが鍛えられ、骨盤がきゅっと引き締まるだけでなく、腹筋も鍛えることが出来るので、毎日継続して行うことで、メタボ腹を激減させることができるでしょう!

骨盤矯正だけでなく、食事制限もお忘れなく……!

骨盤歪み

骨盤矯正を行うことで、たしかにメタボ腹は改善されやすくなるのですが、食べている量やモノが、そのままではいくら骨盤矯正を行っても、お腹にたまった脂肪は落ちません!

本当にメタボを解消させたいと思うなら、骨盤矯正だけでなく、食事制限も同時に行ってください。

ちなみに、メタバ解消のために、必要な食事制限のルールは以下の通りです。


○メタボ解消のための食事のルール

  • 油っこいものや肉類の摂取を控える
  • お酒を飲む量を極力減らす
  • ご飯やパン、うどんなどの糖質を減らす
  • なるべく野菜を多く摂取する

骨盤矯正を行いつつ、メタボ解消のための食事のルールを守ることで、3ヶ月もあれば、アナタのお腹と身体は、大きく変化していることでしょう!

もちろん、無理にメタボ対策をしろとは言いませんが、糖尿病や高血圧、動脈硬化などで死亡してしまうリスクを考えるなら、今のうちからはじめたほうが良いと思いますよ……?

骨盤矯正とエクササイズに関してはこちらにまとめがあります。

骨盤矯正エクササイズでカラダをすぐ変える!

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!

身体改善WEB冊子プレゼント

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)