腰痛の原因は”骨盤”にアリ‼︎腰をスッキリさせる骨盤矯正のためのバランスボール

2019年4月22日

腰痛の原因、骨盤をどうすべき? 腰が痛い人のための骨盤矯正

骨盤矯正 腰痛

腰痛を引き起こす骨盤が歪む原因をご紹介させて頂きましたが、そんな骨盤の歪みを直すためには、どうすれば良いのでしょうか?

日常生活の中で、カンタンに出来る骨盤矯正方法は、バランスボールに乗るということです。

バランスボールに乗るだけで骨盤が矯正される理由とは?

ジムやテレビ番組などで一時期話題になった、バランスボールですが、実は骨盤の歪みを矯正するのにも、ぴったりのアイテムなんです。

バランスボールの上に座るだけで、腰回りの筋肉が鍛えられ、骨盤を歪ませてしまう背中周辺の筋肉と腹筋の筋肉のバランス量を整えることも出来るので、腰痛の人ほどバランスボールを有効活用するべき!

「バランスボールに乗るだけで、本当にそんな効果があるの?」

そんな風に思われるかも知れませんが、アナタが思っている以上に、何の支えもないバランスボールに座り続けることは大変なんです。

それではバランスボールの効果を高める、バランスボールの正しい座り方をご紹介しましょう。

骨盤矯正のための正しいバランスボールの座り方

[1.ボールの真上に座る]
まずは、バランスボールの中央、ちょうど真ん中の真上に腰をかけてください。
バランスボールにはじめて乗るという人は、何か支えに捕まりながら、ゆっくりと座るようにしましゅう。
[2.肩の力を抜いて、お腹を軽く引っこめる]
バランスボールの真上に座ったら、肩の力を抜き、お腹を軽く引っ込めてください。
たったこれだけの動きですが、体幹が弱っている人はバランスボールの上で、お腹を引っ込めることすら難しいので、やはり何か支えにつかまりながら、上記の動作を行ってください。
[3.背筋をのばして、目線を前に]
2.の状態で背筋をまっすぐ伸ばし、目線を目の前にすえ、顎を引いてください。
この姿勢を出来る限り長い期間キープするだけで、骨盤の歪みが矯正され、腰痛が改善されますよ!

腰痛でお悩みの方は、定期的にバランスボールを乗って、少しずつ腰回りの筋肉とインナーマッスルを鍛え、骨盤の歪みを整えてください。

バランスボールを選ぶ際には、自分の体重にあったサイズを選んでください。体重が重い人用のものや、その逆に体重の軽い人ようのものを、間違って選んでしまうと、逆に腰に負担をかけてしまうことがあるので、ご注意ください。

また、バランスボールに乗るのに慣れてきたら、椅子の代わりにバランスボールに座るように、心がけてみてください。たったこれだけのことですが、人によっては新陳代謝が上がり、体重が減少することもあります。

生活習慣を変えることで、骨盤の歪みも治る!

腰痛の原因――骨盤の歪みの原因が、毎日のちょっとしたことですが、裏を返せば毎日のちょっとした事を改善すれば骨盤の歪みを矯正することが出来る、ということでもあります。

  • パソコン仕事が多いなら、骨盤のことを来にして、ちょっと背伸びしてみる。
  • ヒールを履く機会が多いなら、会社以外の場所では運動靴を履く。
  • カバンをかける肩を毎日変える、など。

たった、これだけのことを心がけることで、筋肉のつき方も大きくかわります。筋肉のつき方が変われば、腰痛の原因である骨盤の歪みも少しずつ矯正されるので、今日から腰をスッキリさせるためにも、バランスボールを使って、腰周辺とインナーマッスルを鍛えてくださいね!

関連記事:誰でもできる骨盤体操のストレッチの内容を教えちゃいます
関連記事:骨盤矯正ストレッチだけ!歪みのない身体を作るには

メルマガ登録 足が速くなる本プレゼント中

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
YouTube企画のご応募は、こちらにご登録ください。
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。