産前だからこそ備えたい骨盤の歪み対策 妊娠中で出来る骨盤の歪み対策7選

産前だからこそ備えたい骨盤の歪み対策 妊娠中で出来る骨盤の歪み対策7選

出産は人生においてのビックイベントだと思います。ですので、妊娠した時から女性は健康には十分気をつけないければなりません。

また、出産後も元の体質やカラダに戻すために大変苦労するはずです。

妊娠すると骨盤は歪みやすくなってしまいます!

骨盤歪み 妊婦

女性の身体は妊娠と共に大きく変化します。女性は妊娠すると脳から、大量の女性ホルモンが分泌されるため、身体もどんどん変化し、赤ちゃんを受け入れ、出産することが出来る身体へと変化するのですが、その時に骨盤が大きく開きます。

これは胎児を守るため、スムーズに出産するためですが、妊娠した時にすでに骨盤が歪んでいると、出産後に骨盤が閉じる際にその歪みが悪化して、骨盤の大きな歪みとなり、身体にさまざまな悪影響を与えることがあります。

【骨盤の歪みによってもたらされる身体への悪影響】

  • 身体の冷え
  • 身体のむくみ
  • 肥満
  • 腰痛
  • 膝痛

など……

出産後によく腰が痛くなるママさんがいますが、これは骨盤の歪みが原因なこともあるのです。出産後に骨盤が歪まないために、産前から骨盤の歪みを矯正し、骨盤の歪みを予防する努力をしましょう。

出産前になぜ?産前の骨盤矯正はメリットがいっぱい!

妊娠中の身体は、刻一刻と変化していきます。あまりにも、身体の変化が著しいため、自分の身体の変化に驚いてしまう女性も多いのですが、できれば出産前に骨盤矯正をして、骨盤の歪みは出産前に正して置いた方が良いのです。

それでは、骨盤矯正の歪みを産前に正すことで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

【産前の骨盤矯正による5つのメリット】

  • 骨盤周囲の筋肉のバランスが取れているため、踏ん張りやすくなる
  • 骨盤の開きが良くなるため、骨盤への負担が小さくなる
  • 産後の身体の戻りが良い
  • 体調が良く、母乳の出も良くなる
  • 下半身全体の筋肉に弾力性がでるため妊娠線ができにくい

 

骨盤を支えているのは、たくさんの筋肉です。骨盤が歪んでいると、筋肉も衰えてしまうため、下半身に力が入りにくくなってしまいます。

出産時には、胎児を外に押し出すためには、下半身のふんばりが重要なのですが、骨盤が歪んで下半身の筋肉が衰えてしまうと、筋肉の出力が少なくなってしまうため、出産時に十分に踏ん張ることができず、出産時に難産になってしまう可能性もあるのです!

また、骨盤矯正を産前に行ない、産後の骨盤の歪みを予防することで、新陳代謝も活発になるため、産後の身体の戻りが良くなったり、母乳が出やすくなったりするなど、思わぬメリットもあります。

骨盤の歪みを予防する方法 ~日常生活で出来ること~

骨盤歪み 妊婦

産後の骨盤の歪みを予防するためには、日常生活の中で骨盤に負担をかけないようにすることが、大切です。あまり知られていませんが、実は日常生活のちょっとしたことでも、骨盤は歪んでしまいます。

例えば……

  • ヒールの高い靴を履いている
  • スマホ、タブレットの使いすぎ
  • パソコンの使いすぎ
  • 足を組む、組み替える
  • 横座り
  • 頬杖
  • 高枕

 

 

これらの日常のちょっとしたことが原因で、姿勢が崩れてしまい、その姿勢の崩れが骨盤に影響し、結果的に骨盤を歪ませてしまうのです。

それでは、そんな日常の骨盤の歪みを予防するためには、どうすれば良いのでしょうか?

①妊娠中は歩きやすい靴を履く

ヒールの高い靴は、足首を痛めやすいだけでなく、バランスを取るのも困難なため、骨盤が歪みやすくなってしまいます。

骨盤の歪みを防ぐためにも、なるべく運動靴などの歩きやすい靴を履いた方が良いのですが、妊娠中は特に転びやすく、また転んだ時の衝撃で流産のリスクを高めてしまうこともあるので、骨盤のためにも、お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠中は歩きやすい靴を履くようにしてください。

②姿勢を正して、パソコンやスマホ、タブレットを使う

パソコンやスマホ、タブレットを使う時に、骨盤がゆがむ原因は寝ながらスマホを使ったり、猫背になったままパソコンを使ったりしていることが原因です。毎日のように仕事でパソコンを使う人の場合は、腰に浅く腰掛け、背筋を「ピン」とのばし、パソコンを使うようにしましょう。

また、スマホとタブレットを使う場合も同様に猫背にならないように、姿勢を正してから使うようにしてください。なお、スマホの画面は小さいため、ついつい猫背になりやすいので、猫背になりにくい画面が大きいタブレットを使うことをおすすめします。

③正しい姿勢で座る

足を組むことで、姿勢が悪くなるだけでなく骨盤も歪んでしまいますが、足を組むことだけが、骨盤を歪ませてしまうわけではありません。

猫背だったり、椅子に深く腰掛けてダランと座っていたり、それこそ横座りだったりすることでも、骨盤は歪んでしまいます。

産後に骨盤の歪みを、さらに悪化させないためにも、座り方もなるべく腰に浅く腰掛け、背筋を「ピン」とのばしてキレイで腰と骨盤に負担をかけない正しい座り方をするように、心がけましょう。

④寝るときは横向きで寝る

まっすぐ寝るのも良いですが、妊娠中はお腹の中に胎児がいるため、お尻の筋肉が下に落ち、お尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みを発生させるだけでなく、骨盤まで歪ませてしまうことがあります。だから、産前、妊娠中は身体の向きをあえてにして、腰とお尻への負担を減らすようにしてください。

また抱きまくらを利用したり、膝の間にクッションを挟んだりすることで、より体勢をリラックスすることが出来るので、妊娠中になかなか寝付けない、という方は、なるべく横向きで寝たほうが良いかも知れませんよ?

⑤骨盤ベルトで締める

妊娠中の骨盤の歪みを抑え、骨盤を矯正し、早産を防止する効果がある骨盤ベルトというものも販売されています。この骨盤ベルトは、骨盤部分に巻くだけで少しずつ開いていく骨盤による痛みを和らげることが出来るため、妊娠中の腰痛にも効果を発揮します。

⑥気がついた時にストレッチをする

産前、妊娠中は身体を動かす機会が減ってしまうため、筋肉が凝り固まってしまいがちです。人間の筋肉はこわばって硬くなってしまうと、ゴムが硬くなるのと同じく、柔軟性がなくなるため伸び縮みすることができず、本来の力を発揮することができなくなってしまいます。

そして、下半身まで柔軟性のない筋肉になってしまうと、骨盤への負担も大きくなるだけでなく、出産時に本来のパフォーマンスを発揮することができにくくなるため、難産になってしまう恐れもあります。

だから、常に下半身全体の筋肉を、いつでも動かせる状態にするため、気がついたときには、足をのばしたり、屈伸運動をしたり、ストレッチをして、柔軟性のある筋肉を維持するようにしてください。

⑦急な体重の増加に注意する

妊娠中は、胎児の分も栄養を摂取しなければならないため、どうしても体重が増えてしまいます。

しかし、あまりにも急激に体重が増えると、腰への負担も増加してしまい、骨盤を歪ませることにも繋がってしまうため、なるべく急に体重が増えないように食事の量には気をつけてください。

ある程度の体重の増加はしょうがないですが、あまりにも食べすぎると、出産時にも苦労するハメになるので、ご注意を。

安産のためにも骨盤は、今のうちから矯正しておきましょう!

骨盤歪み 妊婦

妊娠中は身体を動かすのも、おっくうかも知れませんが、身体のことを考えてある程度は身体を動かして、骨盤周りの筋肉を鍛えるようにしてください。

また、ご紹介した通り、日常生活で出来るちょっとしたことでも、カンタンに骨盤の歪みを予防することが出来るので、妊娠中で何かと心配かも知れませんが、安産のため、産後の自分の体調のためにも、今のうちからしっかりと骨盤を矯正するようにしておきましょう!

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)