歩き方一つでヒップアップの効果を倍増できるって知ってた?

歩き方一つでヒップアップの効果を倍増できるって知ってた?

毎日仕事に追われているキャリアウーマンの場合、通常の時間+残業+付き合いなど自分の時間がなかなか取れないものです。でも外見も磨きたいしいつまでも若々しい女性でいたいと誰もが思っているはず。人前に出る機会も多いからこそ、美意識が高い女性も多く時間がないなかで少しでも効率的に美を意識しているのです。ですが女性の場合どうしても後ろ姿特に「お尻」に年齢が出てしまいやすいこともあり、気にはしているけどなかなか時間が取れない…。できることなら継続しやすい毎日の通勤や移動などの歩いている時間を上手に利用してヒップアップできる方法はないのでしょうか。

日本人はお尻がたるみやすい

ヒップアップ歩き方

あなたが理想としているお尻はどのようなものですか?

ただ痩せている小さいお尻よりも、欧米人のキュッとしまった上向きのお尻をイメージする人も多いでしょう。でも実際は日本人のお尻は薄くて平らなお尻をしていると思いませんか。その為、お尻のたるみが出やすくジーンズなどのラインが出るファッションでもなんだかイメージが違う…なんてことになってしまうのです。

 

日本人のお尻が薄くて平らな理由として骨盤の位置が関係しているといいます。

日本人はどちらかというと後傾気味の人が多く、お腹の脂肪が前に出てぽっこりとしています。この原因となっているのはお尻の筋肉「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」の筋肉が弱く年齢とともに衰えやすいことにあります。一昔前の日本人は和式のトイレを使うなどお尻の筋肉を使う生活をしていましたが、現代は洋式になりますます筋肉不足の人が増えています。欧米人の場合、このお尻の筋肉が強いので年齢などを問わず上向きの引き締まったお尻が多いのだとか。

 

たるんだお尻はどうしても年齢が出やすく実年齢よりも年上に見えてしまいます。

後ろ姿からみても素敵な女性だなと思ってもらいたいものですよね。

 

また日本人を含めた日頃の歩き方もお尻のたるみの原因となります。ヒップアップを意識するのであれば筋トレやストレッチなども効果的ですが、日頃の歩き方を見直すことでもヒップアップ効果が得られるのです。

【関連リンク】

トレーナーが教える正しいヒップアップエクササイズとは⁈

本気じゃない人限定⁈気軽にできるヒップアップスクワットとは

ヒップが下がってしまう歩き方とは

ヒップアップ歩き方

あなたは自分の歩き方について意識したことはありますか?

幼いころ両親から歩き方について指摘を受けた経験がある人はいるかもしれませんが、大人になるとそういった基本的な動作を注意してくれることってなかなかありません。

 

日本人の歩き方の特徴として主に「大腿四頭筋」とふくらはぎにある「下腿三頭筋」を使い、前かがみ気味に歩いている人が多いとされています。膝を曲げて歩くのでお尻の筋肉を使わずとも歩ける疲れにくい歩き方でもあるのですが、これだとお尻の筋肉がどんどん老化してしまいます。この歩き方をしていると将来的に転倒事故に繋がるなど、年齢を重ねた時に不具合を感じることになります。

 

それに対し欧米人の歩き方はまっすぐ背筋を伸ばして膝を曲げずに歩きます。その為歩いているだけでお尻の筋肉を使い、日常生活のなかでヒップアップできるような仕組みになっているのです。欧米人のこの歩き方は「美尻歩き」ともいわれヒップアップできる歩き方だけではなく、老後の筋力不足を予防する効果もあります。

 

猫背

日本人の歩き方を見ていると猫背の人が圧倒的に多いと感じませんか。欧米人が日本人を見かけた時に、遠くからでもすぐわかるというのは主に「姿勢の悪さ」にあるといいます。

鏡の前にまっすぐ立ってみて横から見た時の「耳・肩・骨盤・くるぶし」の位置が一直線になっているかどうか確認してみましょう。これが一直線であれば問題ないのですが位置がずれていると猫背になっているということです。

 

特に長時間のパソコン作業などをおこなう人も多く、背筋に重要な「胸筋」が凝り柔軟性がなくなってしまうことで筋力の低下を招き、姿勢が悪くなってしまうのです。猫背は確かに日頃の習慣の積み重ねではありますが、決して治らないものではありません。ヒップアップできる歩き方を身につける為にも猫背であることを認識して、自分の姿勢を正していくことが重要なのです。

 

骨盤が歪んでくる

日本人の歩き方では骨盤を前傾させることが少なく、もともとの骨格や農作業などの生活習慣などから骨盤の位置を後傾させる機会が多い人種だといいます。日本人の歩き方ではお尻の筋肉が鍛えられることがないので、お尻にある「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」が衰えてしまい、体の中心部となり大切な役割を担う骨盤の歪みへと繋がります。

 

骨盤が歪むといいますが実際、骨でできている骨盤が歪んでしまうのではなくその周辺を支えている筋肉が衰えてしまうことで、骨盤の位置が正しい状態を保てずに歪んでしまうことになるのです。骨盤の位置が歪むと様々な体の不調を引き起こしますので出来る限り正しい位置を保つことがヒップアップの為にも大切なのです。歩き方だけで骨盤の歪みがおきてしまうのは困ってしまいますよね。

 

O脚歩き

O脚は日本人に多く、膝のお皿が内側を向いていることや腰が反りすぎている人、お尻がたるんでいる人、太ももの内側の脂肪が多いなどの特徴があります。先天性のO脚の場合もあれば内股O脚やガニ股O脚などもあり、日常生活の習慣や姿勢などが原因となっています。例えばペンギン歩きともいわれる脚を後ろに蹴らず小股で歩く「ペタペタ歩き」や膝を横にする「女の子座り」などがO脚の原因を作り出しています。O脚を続けている限り、お尻のたるみはなかなか改善されないでしょう。

【関連リンク】

体型の変化に気づいたあなた、ヒップアップ筋トレで劇的変貌をしてみませんか?

ヒップアアップには、ストレッチと筋トレのコラボが相性抜群のワケ

 

ヒップアップできる正しい歩き方とは

ヒップアップできる正しい歩き方を身につけることで、日常生活のなかでいつまでも美しいお尻を保つことに繋がります。特に習慣化してしまっている歩き方を正すのはかんたんなものではありません。それが当たり前となり数十年続けているのですから、無意識ではなく常に意識を持ち続けた上で、ヒップアップできる正しい歩き方を習慣化させる必要があるのです。最初のうちは歩くことに意識を持つ為にスマホなどの「ながら歩き」などはやめましょう。正しく歩けているのか常に意識することが大切です。

 

  1. 目線は前にして先を見ます
  2. まっすぐ背筋を伸ばしましょう
  3. 顎が出ている人は軽く引いて、出ないようにしてください。
  4. 右脚を前に出しながら左脚は地面を軽く蹴ります。この時に膝が曲がらないように意識しましょう。
  5. 右脚の膝が曲がってしまわないように意識しながらかかとから着地します。
  6. 手は脚と交互に動かし、曲げないようにします
  7. ※もちろん左利きの人は左脚からの歩き出しでも問題ありません。

 

無理に前に出ようと思い歩くよりも、背筋良くまっすぐの状態をキープできるようにして歩きましょう。自宅で全身鏡などを見ながらトレーニングするのがおすすめです。

 

日常生活の歩くという動作は誰でもできるものです。正しく歩くことでお尻のたるみを効果的に改善してヒップアップ効果が得られるとなれば、どんな筋トレやストレッチよりも効果的ですし、ヒップアップだけではなく全体の代謝を促し痩せる効果だってあります。一時的に頑張るよりも自分の歩き方の習慣を見直し、継続できることが大切です。最初はかんたんなものではありませんが、正しい歩き方を習慣づけてしまえば、あとは美しいお尻を保つことにも繋がるはずです。まずは自分自身を見直すことからはじめてみましょう。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)