安全な出産と産後の健康のために骨盤矯正をはじめよう

安全な出産と産後の健康のために骨盤矯正をはじめよう

出産という人生で大きなイベントを終えるまでには様々なことで身体に負担がかかってしまいます。その中でも特に骨盤に歪みが出ることが多いので、出産後は骨盤の矯正が必要になります。

ただ、現状として妊娠から出産後までの期間で骨盤の歪みを矯正するまでには至らないのが一般的かもしれません。

ただ、骨盤の歪みは様々な問題を引き起こしますので、できる限り計画的に矯正を行い、バランスの調整やスタイル維持に役立てたいところです。

実は妊婦さんほど、骨盤矯正が大事!

骨盤矯正

女性の身体は妊娠すると、大きく変化します。胸は大きくなるし、母性が溢れ小さい子どもに優しくなるだけでなく、出産に備えて骨盤も徐々に開くようになります。

女性の人生にとって一大事の出産は、実は女性の身体にとっても一大事なんです!

妊娠すると、身体に大きな変化をもたらしますが、特に骨盤の変化は大きく、開いてしまった骨盤によって、女性はさまざまな大変な目にあってしまうことがあります。

妊娠して骨盤が開いて起きる身体への影響

  • 妊娠時の歩けないほどの痛み
  • 妊娠時の腰痛
  • 出産時にふんばりが効かなくなる
  • 産後の戻りが遅くなる
  • 母乳の出が悪くなる など……

人間の身体の土台とも言うべき、骨盤が与える影響は大きく、特に妊婦さんの場合は骨盤が開くこともあって、その影響は普通の状態よりも、大きいとされています。

①妊娠時の歩けないほどの痛み

まず骨盤が開くことによって、神経が圧迫され、人によっては妊娠時に歩けないほどの痛みが生じてしまうことがあります。

骨盤が開く以上、こういった弊害が出て来てしまうのはしょうがないことなのですが、骨盤回りの筋肉量を増やしたり、骨盤矯正ベルトなどを巻いたりすることによって、お腹の赤ちゃんに負担をかけず歩けないほどの痛みを軽減させることは可能です。

 

②妊娠時の腰痛

妊娠時には、骨盤が開いて骨格が変わるだけでなく、体型の変化や運動不足などの要因で、腰痛が引き起こされてしまうことがあります。妊娠時の腰痛も、普段の腰痛と変わらず、腰の筋肉の強張りと、骨盤の歪みによる神経の圧迫が原因です。

しっかり骨盤を鍛えると、身体のバランスが整うため、筋肉と神経の負担が減り、腰痛を軽減させることが出来ます。

④産後の戻りが遅くなる

妊娠時に開いた骨盤は、出産すると少しずつ閉じて行きます。この時に骨盤が歪んでいた場合は、歪んだまま骨盤が閉じるので、余計に骨盤の歪みが酷くなっていることも!

出産後は、お腹の中にいた赤ちゃんに栄養を与える必要はないので、女性の身体はそのまま放っておくと、太りやすくなってしまいます。しかも、骨盤が歪んでいるので、身体全身の筋肉バランスも乱れ、筋肉量も減少し、より太りやすい身体になっていることもあるのです。

そうなると、今度は妊娠前の身体に戻るのが一苦労です!出産したことによって、太りやすくなっている身体が、骨盤が歪んでいることで、さらに太りやすくなっているのですから、出産前以上にダイエットするのは困難です。ですので、骨盤が歪んでいると、産後の戻りも遅くなってしまうのです。

 

⑤母乳の出が悪くなる

出産したら、女性の身体はすぐに元に戻るわけではありません。生まれた赤ちゃんに栄養を与えるために、母乳を飲ませなければ行けません。この母乳の出と骨盤には、一見何の関係も内容に見えますが、実は大きな関係があるのです。

母乳の出を良くするためには、栄養があるものを食べるだけでなく、お母さんの身体の血流も良くしなければなりません。なぜなら、お母さんの血液が変化して、母乳として出てくるからです。仮に、血流が悪ければ、母乳に変換するための血液量が足りなくなり、上手く母乳を出すことが出来なくなってしまいます。

また、赤ちゃんの身体に良い影響を与えたいのであれば、なるべく暖かい母乳が良いとされており、血流が悪いと、身体が冷えて母乳も冷えてしまうことから、赤ちゃんの身体に悪影響を与えてしまうことがあります。

自分とお腹の赤ちゃんのためにも、骨盤矯正は必須です……が!

骨盤矯正

「たかが骨盤」と思われガチですが、身体のバランスを取る中心であり、さまざまな神経と血管が通る骨盤は、少しの歪みでも、大きな影響を身体に与えてしまいます。

「それじゃあ、お腹の赤ちゃんのためにも、ビシバシ骨盤矯正すべきなのね!」

と思われるかも知れませんが、妊婦さんが骨盤矯正を行う際には、以下のような注意が必要です。

  • 安定期になるまでは流産のリスクがあるので、医師の許可を得る
  • 妊娠から12週以内、妊娠経過に異常がある場合は避ける
  • 運動強度が高い(ハードな筋トレなど)は控えあること
  • 妊娠16 週以降は、下半身を踏ん張るような運動は避ける
  • 運動の回数は週2~3回、1回の運動時間は60分以内
  • スポーツ終了後の子宮収縮・胎動に注意する
  • 体調に十分に注意し、無理をしない

骨盤矯正をするためには、多少なりとも身体を動かさなければなりません。もちろん、骨盤矯正はハードな運動ではないため、妊娠中の身体に与える悪影響は大きくはありません。

しかし、妊娠時の身体は何が起こるかわかりません。

だから上記の注意点をしっかり守って、安全に、正しく骨盤矯正を行うようにしてください。

妊婦さんが安全に骨盤矯正するにはどうすれば良い?

「妊婦だから!」と、すべての運動をしないことは、胎児にも良くないですし、お母さんの身体にも悪影響を与えてしまいます。しかし、間違った方法で運動や骨盤矯正を行ってしまうと、最悪の自体を招く可能性もゼロではありません。まず、妊娠時に骨盤矯正を行いたい場合は、マタニティヨガに行くようにしてください。

マタニティヨガは、妊婦さんにも胎児にも悪影響を与えないように、考案されたヨガです。マタニティヨガは身体への負担を減らしつつ、しっかり運動することが出来るだけでなく、多くの場合は産婦人科と提携しているため、万が一の自体でも安心です。

また、妊娠時にハードな運動をして筋肉を鍛えられないお母さんが、ヨガを行うことでインナーマッスルを鍛え、筋肉量を増やすことが可能になり、赤ちゃんのために色々なものを食べても、太りにくい身体にしてくれます。

しかも、ヨガには心を落ち着かせる効果があるので、お母さんのストレス発散効果も期待出来ます。お母さんのストレスは、ダイレクトにお腹の中にいる赤ちゃんに影響を与えるので、マタニティヨガを行って、ストレスを軽減させることは非常に重要なことと言えるでしょう。

そして、なんと言ってもマタニティヨガとは言え、ヨガには骨盤を矯正することが出来る運動がいっぱいあります!

とりあえず、妊娠時の骨盤の歪みを治したいと思うなら、まずはマタニティヨガに行って、正しい運動の方法を知ることからはじめましょう。

できれば妊娠を計画している時点から、骨盤矯正を!

骨盤矯正

安全な出産と、産後の健康のために骨盤矯正は非常に重要です。しかし、妊娠前に骨盤矯正を行い、身体の状態を整えて置けば、ある程度スムーズに妊娠しやすくなるので、妊娠をお考えの方は、妊娠前の今からでも、骨盤矯正を行うことをおすすめします。

もちろん、妊娠中の方は万全の体制であれば、骨盤矯正を行っても問題はありません。

やや大げさに注意はしていますが、安定期に入った状態であれば、骨盤矯正運動を行っても、身体にも、赤ちゃんにも大きな悪影響をあたえることはありません。

むしろ、骨盤矯正運動を行うことで、血行が良くなったり、筋肉がついたりするので、身体に与える良い影響は少なくありません。とりあえず、妊娠中に出来る運動は限られているので、妊娠中の暇つぶしの意味も含めて、骨盤矯正運動を覚えてみてはいかがでしょうか?

身体改善WEB冊子プレゼント

ヒーローズスキルからお得な情報が届く、メールマガジンに登録しませんか?
ご登録いただいた方には【WEB小冊子】をプレゼント!
※足が速くなりたい、身体の歪みを直したい、柔軟性を高めたい、怪我をしたくない、走り方や歩き方を直したい、そんな方には必読の内容です。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)