長年お悩みの腰痛を改善するには「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめ

長年お悩みの腰痛を改善するには「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめ

男性・女性問わずに腰痛の症状に悩んでいる人は多いもの。しかもその症状は長年続き、改善策もわからないまま騙し騙し日常生活を送っている人もいるのです。よく言われる言葉に「腰痛は一生もの」という言葉があり一度何かの拍子に腰を痛めてしまうと一生治らないと思っている人も多いのではないでしょうか。

腰痛は、適切な方法で処置を行えば治らないものではありません。腰痛の原因となるものはさまざまです。その原因となるものとしっかりと向き合い、時間はかかっても改善していくことが重要なのです。そんなつらい腰痛に「骨盤矯正ストレッチ」で自宅で手軽に軽減できる方法があります。あなたの腰痛を少しでも楽にできるお手伝いができるようにご紹介しますね。

そもそもの腰痛の原因とは?

骨盤ストレッチ

腰痛に悩んでいる人はとても多いのですが、そもそも腰痛の原因となっているものがわからない人が実に85%もいると言われています。腰痛の症状を訴えて病院や整骨院を受診する人のうち腰痛に病名がつくのはたったの15%になり「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」などの病名がつかずに、何が理由で腰に痛みがでてしまっているのかわからず、レントゲンでも特に異常がみられない、改善できない人たちが多いのです。

そういった人たちは病院や整骨院にいっても湿布程度の処置になってしまいます。こういった腰痛に悩んでいる人は、何度でも繰り返し、特に秋冬の段々と気温が下がってくると痛みを訴える人が急激に増えるのです。

腰痛の原因となっているのは、外因的なものだけではありません。体の中心には内臓がありますよね?その内臓が何かしら不具合をおこしてしまうと、お腹や腰を圧迫し、この内臓の痛みが腰痛となってあらわれる場合もあります。

「慢性胃炎」や「胃潰瘍」「子宮筋腫」「卵巣嚢腫」などが進行していて気が付かずに腰痛となって症状があらわれている場合もあるのです。特に胃腸が弱い人は腰痛になる人も多く、日々のストレス社会において胃に負担がかかると内臓周辺の筋肉が固くなってしまい、それが腰痛の原因となります。

意外と腰痛と内臓の働きには深い関わりがあるので、腰痛だけに注視してしまうと根本的な改善に繋がらない場合が多いのです。

なかには病院に行ってどんな検査をしても上記に該当するような病気は見つからずに、腰痛の原因がはっきりしないし、改善されずに何度も繰り返すので腰痛が日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。腰痛がずっと続くのはとてもつらいものですよね。

長年悩んでいる腰痛は「骨盤の歪み」が原因かも?

骨盤ストレッチ

そんな長年腰痛に悩んでいる人は「骨盤」の歪みについて整骨院や病院で相談したことはありますか?腰と骨盤はとっても近いところにありますが、「この痛みとは関係のないもの」と決めつけてしまっていませんか。

長年腰痛に悩んでいる人は「骨盤の歪み」が関係している可能性があります。腰痛とは背骨の腰の部分にある「腰椎」がずれてしまい、周りの神経を圧迫することによって起こる場合があります。一時的な事故や衝撃によって「腰椎」がずれることはあっても、それは一時的なもので、この「腰椎」がずれること=骨盤の歪みがあなたの腰痛の原因となっている場合があるのです。

骨盤の歪みが起きている可能性

  • 片方の口で食べ物を食べている
  • 片足に重心をかけて立つ癖がある
  • 足を組むことがある
  • 片方の肩にカバンをかけて持ってしまう

などあなたのライフスタイルに該当するものはありませんか。

本来であれば人間の体は左右のバランスが大切なはずなのに、体の片方にばっかり重心が傾いてしまっていませんか。

本当にちょっとした毎日の積み重ねが大切で、虫歯の治療をしていて、反対側ばかり食事をしてしまうなど無意識に行っている場合が多いのですが、こういった習慣が「骨盤の歪み」の原因を作り出していることがあるのです。

自分では気が付かないうちに悪化させ、慢性化した腰痛を軽減させる為に姿勢が悪くなることで余計に腰痛の悪化の原因となる場合もあります、

他にも、1日中同じ姿勢で仕事をする「デスクワーク」の場合、過度に背中の筋肉が緊張してしまいお腹の筋肉が緩むことで、腹筋の力がなく骨盤が歪みやすくなります。若い頃であれば、もともとある程度の筋肉量があるので心配ありませんが、年齢を重ねるにつれて腹筋がどんどん弱まり、太ももの筋力が弱まることにより、余計に骨盤の歪みを作り出すことがあります。

男性の腰痛よりも、こういった症状はもともと「デスクワーク」が多い女性や、筋肉量も男性よりも少なく、運動することもなくなるのでどうしても筋肉量不足→腹筋がなくなる→骨盤が歪む→腰痛になるなどの症状を繰り返しやすくなってしまうのです。

体の左右のバランスが崩れるということは、腰だけでなく肩や首などの筋肉に余計な力が入ってしまい過度に緊張状態になり、腰痛だけではなく体全体に痛みや倦怠感、コリを感じるなどの症状がでてしまいます。「骨盤の歪み」がでてしまうと、体に良い影響を与えません。長年悩んでいる腰痛の原因も、「骨盤の歪み」に着目することにより症状が改善される場合もあります。

「骨盤の歪み」には「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめ

骨盤ストレッチ

さて、長年続いている腰痛の原因が「骨盤の歪み」であるかもしれないことを説明しましたが、できるだけ早い段階で「骨盤の歪み」を改善していくことが大切です。

具体的にはどうしたらいいのでしょうか。

(1)   専門家に相談する

「骨盤の歪み」があるといっても自分がどんな状態になっていて、どの程度骨盤からの影響があるのかなんて専門家でもない限りわからないものです。腰痛に悩んでいる人は早めに整骨院や整体、病院などにかかり相談してみるのをおすすめします。

固まってしまった筋肉を緩めてくれたり、あなたの「骨盤の歪み」をさまざまな器具や技術を用いて改善します。ただし、腰痛でかかった時に湿布を処方するようなところでは根本的な改善は期待できないかもしれません。整体院などは、骨盤矯正に力を入れているところも多いので、インターネットなどで調べて骨盤矯正の専門家のところに一度相談に行くのをおすすめします。

(2)   自宅でのケア

「骨盤の歪み」は1回程度専門家にかかったぐらいでは改善しません。骨盤は一度歪みを直し矯正を行っても、もとの状態に戻ろうとしてしまいます。その状態が正しい位置であれば問題ないのですが長年癖ついてしまった「骨盤の歪み」は正しくない方向に戻ろうとしてしまうこともあるのです。

そうなるとできるだけ整体などの専門家に通いながら、自宅でのケアも重要になります。そんな時におすすめなのが「骨盤矯正ストレッチ」になります。

自宅で行う「骨盤矯正ストレッチ」は整体などでおすすめの方法を教えてくれる場合もあります。実際にあなたの腰の状態をみて診断しているので、専門家からのアドバイスも取り入れつつ行うようにするのがおすすめです。

自宅でできる骨盤矯正の方法は「綺麗なカラダのラインを作る!「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめ」をご覧ください

「骨盤矯正ストレッチ」の注意点とは?

骨盤ストレッチ

自宅で簡単に「骨盤矯正ストレッチ」を取り入れて健康的で歪みのない美しい骨盤を手に入れるようにしましょう。「骨盤矯正ストレッチ」を行う時に注意点があります。

  1.  腰痛の痛みがある時は無理をしない

腰痛の症状はその日によって違うとは思いますが、痛みが強い時に無理に「骨盤矯正ストレッチ」を取り入れるのはおすすめできません。体にはいいことでも腰に負担がかかってしまうこともありますので、あなたの腰痛の状態と相談しつつ行うことが大切です。

  1.  骨盤矯正ストレッチの順番に注意

「骨盤矯正ストレッチ」も簡単なものから難易度が高いものまで種類があります。早く腰痛を治したいあまり最初から難しい「骨盤矯正ストレッチ」を行うのはおすすめしません。最初は簡単なものから行うようにして、徐々に慣らしていけるようにしましょう。

「骨盤矯正ストレッチ」を実際にやってみよう

骨盤ストレッチ

(1)   うつ伏せでできるストレッチ

  1.  まずはうつ伏せの状態になります。
  2.  両膝を立て、足の裏が天井に向くように角度を注意します
  3.  膝は立てたまま両足を外側に倒し5秒間キープします。この時にできる限り、外に向けた状態で痛くない程度の場所がベストです。
  4.  そのままの姿勢で足首を10回(右回り・左回り)で回します。

これを3セット繰り返してください。できるだけゆっくり時間をかけて行うようにしましょう。

(2)   仰向けでできるストレッチ

  1.  まずは仰向けの状態になります。
  2.  膝を抱え込み、肩の方へゆっくりと引き上げましょう。
  3.  反対側のお尻が床から離れないように注意します。
  4.  この動きを左右20秒目安で5セット行うようにしましょう。

(3)   座ってできる股関節ストレッチ

  1.  まずはあぐらの状態で座ります
  2.  足の裏を合わせた状態で手で持ちます
  3.  膝を床につけるイメージをしながら上下にゆっくりと揺らしていきましょう
  4.  この時に余計な力が入らないように注意して、20秒ずつを目安に行うのがおすすめ

(4)   ももの付け根を伸ばすストレッチ

  1.  立膝の状態になります
  2.  姿勢は正しい状態で保てるように注意します
  3.  立膝をしていない片足のつま先は床に平行になるように伸ばしておくのがベスト
  4.  姿勢は崩さずに、徐々に前に重心を移動させていきましょう。
  5.  足のももの部分が伸びているのを感じましたか?左右20秒を目安に行うように。

いずれも簡単な「骨盤矯正ストレッチ」ばかりです。運動が苦手な人でも毎日の生活に取り入れやすいのではないでしょうか。伸ばす時は無理をせず最初は思うようなポージングにならずとも継続することで「骨盤の歪み」に効果がでてきます。

自宅で手軽に「骨盤矯正ストレッチ」を行いましょう。ストレッチの内容は整骨院でもご相談に応じてアドバイスしますので安心してくださいね。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)