骨盤矯正

夏に向けて骨盤の歪みを治すには「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめな訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
骨盤矯正 ストレッチ

骨盤の歪みが気になっている人は多いもの。

自己流で解決している人もいれば、整体に定期的に通い治療を受けている人もいます。

そもそも骨盤の歪みってなんでしょうか?骨盤の歪みはどんな原因でおきてしまい、それを改善できるとされる「骨盤矯正ストレッチ」はなぜおすすめなのか気になりますよね。

骨盤の歪みの基本的なことから、「骨盤矯正ストレッチ」についてまで詳しく説明します。

どれだけ効果があり、骨盤の歪みに働きかけるのかを知ることであなたの毎日のモチベーションの維持にも繋がりますし、もっと頑張ろうと思えるはずです。

骨盤の仕組みを知ることが骨盤の歪みを治す近道

骨盤矯正 ストレッチ

骨盤とは人間の体の中でも上半身と下半身を繋ぐ、大切な役割を担っている場所になります。たかが骨でしょと思うかもしれませんが「生殖器」「内蔵」を守る役割もあり骨盤が中心的な役割をすることで私たちの体は正常な状態を保つことができるのです。

   骨盤は「仙骨(せんこつ)」「腸骨(ちょうこつ)」「恥骨(ちこつ)」「坐骨(ざこつ)」の4種類の骨から形成されています。それぞれの骨について簡単に説明します。「仙骨」は、背骨の下の部分にあたる腰椎と恥骨を繋いでいる骨になり、この「仙骨」が歪むことで骨盤の歪みに繋がりさまざまな不調を引き起こす原因となっています。この「仙骨」が歪むことで一番の影響を受けるのは「生殖器」になり、女性なら生理痛が重くなったり不妊症などの原因となります。「腰骨」は子宮をはじめ、大腸や膀胱などを守っている骨になります。「恥骨」は骨盤の中でも一番前にある骨になり私たちが触って確認できる部位にもなります。この「恥骨」のずれが生じると痛みが出てしまうこともあるのです。最後に座る時に使っている骨が「坐骨」になります。

 

この4種類の骨が体のいたるところのサポートを行っています。

例えば、私たちが自分の足で歩けるのも骨盤のおかげですし、座る時も「坐骨」を使っているので骨盤が関係しています。男女ともに大切な生殖器を守ったり、女性の場合赤ちゃんを守るなどの役割も骨盤が行っているのです。

ようはそれだけ働き者の骨盤が歪んでしまえば体に不調が出るのは自然なことになります。

骨盤が歪み、通常なら骨盤の機能で補われていたものができなくなるということは、

その機能が正しく使われなくなってしまうことになります。

【女性なら知っておくべき】誰でも簡単にできる骨盤矯正ストレッチ

綺麗なカラダのラインを作る!「骨盤矯正ストレッチ」がおすすめ

誰でもできる骨盤体操のストレッチの内容を教えちゃいます

ストレッチポールでの骨盤矯正が超効果的ってこと知ってた?

 

骨盤の歪みがおこる原因、治すにはどうするの?

さて、骨盤の大切さについて理解していただけましたでしょうか。

次はなぜ骨盤の歪みがおきてしまうのかということ。

そもそも骨盤の歪みには「左右の歪み」と「前後の歪み」があります。

左右の歪みを作り出しているは足を組んで座ることや、女の子座りと呼ばれる足を片方に寄せる横座り、片方の足に重心をかけてしまうなどのちょっとした癖が左右の歪みを作り出しています。

前後の歪みの場合、ヒールの高い靴を頻繁に履いたり、バックの持つ方向がいつも同じ場合、長時間座り姿勢で仕事をしているなどの継続的に行うことによっておこります。

偏りのある生活をしている方はやばいかも

もし近くに椅子があれば何も意識せずに座ってみてください。そこから背筋をピンと張った時にお腹に力は入っていますか?腰を反らせて座っていませんか?

これを「反り腰」といい長時間パソコンなどの作業をしている人に多い状態です。骨盤が前後に歪みお腹に力が入らないので下っ腹がぽっこりとしてしまうのです。

そんな時は、腰に反りが入らないように注意してお腹をきゅっと締めて力を入れるようにしてください。特に筋肉量の少ない女性に多く痩せているのに下っ腹だけ出ている人はこの骨盤の歪みが該当しているはずです。骨盤の開きの場合もあります。

骨盤の歪みというとその場所にばかり注目してしまいますが、筋肉量が少ないことでも骨盤の歪みはおこります。一般的にいう「インナーマッスル」の力が弱いと骨盤の歪みがおこりやすくなるのです。特に注意すべきは「骨盤底筋」と呼ばれている場所になりとても重要な働きをする場所になります。

 




 

骨盤の歪みを治すのに骨盤矯正ストレッチは本当に効果があるの?

骨盤矯正 ストレッチ

そもそも骨盤矯正ストレッチの目的は骨盤を正しい位置に戻すことになります。

さまざまな原因がかさなり歪んでしまった骨盤を戻さなくてはと、そこに注目してしまいがちですが、実は骨盤の歪みを作り出しているのは筋肉でもあります。

骨盤は自ら歪んでいくわけではありません。姿勢がわるいと筋肉が固くなり、その筋肉が骨を引っ張ってしまうことで骨盤に負荷がかかり、骨盤の歪みに繋がります。

そのため、数々の不調の原因は骨盤にあるわけではなく筋肉にも原因があるのです。

一般的に行う骨盤矯正は骨を正しい位置に戻してくれるものですが、これだけでは骨盤の歪みを治すことはできません。ではどうするべきかというと筋肉も一緒に正し鍛えてあげることが大切です。そうしないと何度治療を受けたところで骨盤の歪みが治ることはないのです。

そこで骨盤矯正ストレッチに戻りますが、骨盤の位置を整えながら筋肉を正し鍛えることができるものでもあります。それがやりかたさえ知っていれば自宅で手軽にできるので骨盤矯正ストレッチは骨盤の歪みには非常に効果があることがわかります。

ただし簡単なものではなく、継続することで骨盤にも効果があるので何よりも継続していくようにしましょう。

骨盤の歪みに特化した骨盤矯正ストレッチとは?

骨盤矯正 ストレッチ

さて、骨盤の歪みに特化した骨盤矯正ストレッチの方法を説明します。

骨盤矯正ストレッチは正しい方法を行うことに意味があります。逆をいえば正しい方法で行わないと意味がないということです。

最初はやり方を見ながらでいいので、ゆっくりと覚え体に癖づけていくようにしましょう。

【骨盤矯正】朝起きてすぐにできるストレッチ

  1. まずは仰向けに寝て腕は頭の下に持ってきます
  2. 足を少しだけ開き、親指のつま先同士をくっつけて八の字をイメージしましょう
  3. この状態のままキープしゆっくりと深呼吸。2回ぐらいがベストです。
  4. 足の八の字の状態は崩さないままゆっくりと息をつきます。かかとを少し上にあげます。
  5. 息を吐ききったら脚を下ろしましょう。
  6. このストレッチを2セット程、毎朝行うようにしましょう。

朝、すぐにはおきて動けない・・・。そんな人もこのストレッチならできるはず。まずはストレッチで体を慣らしてからおきるようにしましょうね。

 

【骨盤矯正】夜寝る前にできるストレッチ

  1. まずは仰向けに寝ましょう
  2. 腕は体の横におき、両膝を立てます
  3. ゆっくりと深呼吸しながら両膝が離れないのを意識して、左に膝を倒します。倒した状態で10秒ほどキープしてください。
  4. 今度は右側でも同じストレッチを行います。
  5. 左右10回ずつを目安にこのストレッチを行えばいいだけ。

凝り固まった体もほぐすことができるので左右に伸ばしているうちに気持ちよさも感じるようになります。

【骨盤矯正】気持ちがいいのでおすすめ

  1. 仰向けになります
  2. 膝を両手でかかえ、膝とおでこがくっつくようなイメージをしましょう
  3. 背中を刺激するイメージで転がります。このストレッチでは背骨を刺激することで骨盤の歪みを正します。ストレッチは20回程行います。勢いはつけずにゆっくりと行います。

背中が適度な刺激感で心地よく感じるはずです。直床でやると痛めてしまうので気をつけるようにしてくださいね。

【骨盤矯正】骨盤底筋を意識したストレッチ

  1. 座って90度に膝を立てます。腕絵は胸の前で組みましょう
  2. 両膝を左に倒しながら肘を右側にひねります。息を吐きながらやりましょう。
  3. 息を吸いながらもとの状態に戻します
  4. 反対側も同じように繰り返します。

この運動はマーメイドツイストといい、骨盤低筋と呼ばれる大切な骨を鍛えることができます。

【骨盤矯正】股関節と骨盤を調整する

  1. 床に脚を投げ出して座ります。
  2. 腰に両手を添えて膝を伸ばしたまま前に30秒、後ろに30秒進んでいきます。この時に骨盤以外の場所を動かすのはNG。腰に回した腕を一緒に使うとスムーズに進むことができます。

最初はきついかもしれませんが、慣れてきます。骨盤にもとても効果的なのでしっかりと行うようにしてくださいね。

【骨盤矯正】骨盤の歪みに効果的

  1. 壁に片手を吐いて胸を張ります。そのままの姿勢で片足を直角まであげます
  2. そのままの姿勢を崩さずに1秒停止します。
  3. 次はその足を伸ばして後ろにあげます
  4. このストレッチを1日30回ずつ目安に行うようにしましょう

お尻の辺りから太ももにかけて伸びるのを感じましたか?簡単に見えるストレッチですが骨盤の歪みにはとても効果があるのでおすすめの方法です。

6つのストレッチを紹介しました。

徐々に取り入れ、継続するようにしましょうね。

【長時間のデスクワークの人には】

また、骨盤矯正ストレッチではないのですが長時間座ることが多いデスクワークの人の場合「骨盤を立てて座る」ことを意識してみましょう。とはいってもどうしたらいいのかわからない人もいますよね。

とても簡単な方法です。座ったままバンザイをしてください。その姿勢が骨盤が立っている姿勢になりますので、長時間仕事をしていて骨盤が立っていないかもと思った時に取り入れるようにしてみてくださいね。「骨盤を立てる」ことが意識的にできると骨盤の歪みもおこりにくくなります。

骨盤矯正ストレッチは骨盤の歪みに効果的なものです。正しいやり方を行っていれば、筋肉や骨の位置をただしあなたの体を健康な状態に導いてくれるものになるでしょう。

ただし、継続しなくては意味がないこと、そのためにはモチベーションを保てるように骨盤の歪みがどうして起こるのか?そのためには骨盤矯正ストレッチがいかにおすすめなのか知ることで、自分の体にとって必要なことであるのが納得できるはずです。

ストレッチを行う時にもその知識は生きてきます。

日常的に「骨盤を立てる」ことも忘れずに行いましょうね。

骨盤矯正とエクササイズに関してはこちらにまとめがあります。

骨盤矯正エクササイズでカラダをすぐ変える!

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!

 




 

コメントを残す

*