ヒップアアップには、ストレッチと筋トレのコラボが相性抜群のワケ

ヒップアアップには、ストレッチと筋トレのコラボが相性抜群のワケ

ヒップアップの為に週末などの時間がある時にトレーニングを行っている女性もいますよね。平日は仕事も忙しく自分の時間がなかなか取れないし、翌日にトレーニングの疲れも残したくない…。特に40代になるとい頃の疲れもなかなか取れないし、美しくはなりたいけど無理もしたくない、そんな女性の方が多いのではないでしょうか。

 

実はたまに行なうヒップアップの為のトレーニングと一緒にヒップアップストレッチも行なうことで、より効果的に理想とするお尻を手に入れることができるって知っていますか?どちらも行なうことが実は最短の近道でもあるのです。なぜヒップアップの為にトレーニングとストレッチをおすすめするのか、その理由について説明します。

 

ヒップアップにおけるストレッチの重要性

ヒップアップストレッチ

ヒップアップの為に毎日きついトレーニングを行っているのだから、ストレッチなんて必要ないのでは?と思ってしまうかもしれません。確かにストレッチの本来の目的を知らないと誰でもそう思うものですよね。

 

ではなぜヒップアップする為にストレッチが必要になるのかというと、骨盤から太ももの骨にかけてついている「大臀筋」や「ハムストリングス」という筋肉があるのを知っていますか?若い頃はこの2つの筋肉の力によりきゅっとしまった上向きのお尻を保つことができるのですが、加齢に伴いこの筋肉の衰えが起きてしまいます。

 

「大臀筋」や「ハムストリングス」が衰えてしまうと体の中心となる骨盤の位置が後傾してしまい、骨盤の位置が前に出ることでお尻の位置が垂れ下がったように見えてしまいます。この2つの筋肉は衰えることで硬くなってしまうので、この状態のままトレーニングを続けても実はヒップアップするどころか、どんどん位置が下がってしまう場合もあります。筋肉は鍛えられお尻自体は大きくなるのに、ずっと垂れ下がったままになるので、いつまでも理想とするお尻が手に入らない…なんてことになるのです。

 

その為ヒップアップを目指すのであればお尻周辺の筋肉を鍛えることはもちろん、柔らかく収縮性のある筋肉にしてあげる必要があります。ストレッチを取り入れることでそんな筋肉を作り出す効果が期待できるのです。

 

ストレッチの目的とは

ヒップアップする為にはお尻の柔軟性や収縮性が大切なのは前述でも述べましたが、そもそもストレッチの本来の目的にはどのようなものがあるのでしょうか。

ストレッチはトレーニングなどの運動を行う前に最低でも5分~10分程度行なうのをおすすすめしています。ストレッチの本来の目的とはそのトレーニングによる「ケガを防ぐ」ことや、運動後にストレッチを行なうことでトレーニングにより溜まった乳酸を促し、筋肉の疲労を軽減する目的があります。

 

一見ストレッチなんてきつそうだし、トレーニングを行っているのだから必要ないのではと思うかもしれません。でも実際にトレーニングの前後にストレッチをした場合と、しなかった場合の翌日の体の疲労度を比較してみるとこんなに違いがあるのかと驚くはずですよ。

運動選手などもハードなトレーニングを行なう前は入念なストレッチを行ないます。ストレッチの重要性を理解しているからこそともいえますね。

 

ストレッチの効果

ストレッチは1回行ったからすぐに効果が出るものではありません。厳密にいえばストレッチとは運動ではなく、体の柔軟性をあげること、関節の可動域を広げる効果があります。ダイエットに直接的に働きかけるものではないにしても、ストレッチを行なうことでよりトレーニングの効果を高めることもわかっています。しかもトレーニングのようにハードなものではなく、精神的な部分でのリラックス効果なども期待できます。ヒップアップする為に重要な筋肉の柔軟性や収縮性をあげてくれるので、ストレッチを行なうことでいつまでも美しい外人のようなお尻を手に入れることができます。

 



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロの指導者として、活動しておりますが、自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方のために、少しでも当ブログを通じてお役に立てたらと思います。
私は、本気で何かを変えたいと願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
どうしてもお困りのことがあれば、全力でサポートしますので、お声かけください。
どんな小さな願いでもまずはご相談ください。
1回:12000円(税抜) 指導場所:ヒーローズスキルスタジオ
自分を変えたい本気の方へ