産後たるんでしまったお腹周りにくびれを付けるポイント3選

産後たるんでしまったお腹周りにくびれを付けるポイント3選

産後なかなか体型が戻らない、そんなお母さんが多いのではないでしょうか。

妊娠する前はすらっと痩せていて自信を持って水着が着られるぐらいの体型だったのに、妊娠中の急激な体重の増加や産後のお腹のたるみで、くびれなんて全然…。

そんなあなたに産後に美しいくびれを取り戻す為の方法をご紹介しちゃいます。誰もが憧れるような理想のメリハリボディを手に入れてみませんか。




産後にウエストのくびれがなくなる理由とは?

妊娠中に妊婦さんの身体は6kg~10kg増えると言われています。もちろん個人差がありますのでなかには10kg以上増えてしまう人もいれば、5kg以内の人もいます。

出産すると赤ちゃんや胎盤などの4kg前後は減少しますが、残りは妊娠中に増えた脂肪でしかありません。母乳育児をしているお母さんは産後に体重が戻りやすいといいますが、体重は減っても体型が戻らずにお腹周りがボヨンとして下半身に脂肪が付きやすくなってしまうのです。妊娠中お腹には力を入れずに過ごしてきた人も多いのではないでしょうか。

これらの原因は妊娠中に脂肪が増えてしまい、使わない筋肉が衰え減少してしまっていることに原因があります。筋肉が衰えてしまうと正しい姿勢を保てなくなったり、骨盤の歪みの原因となります。

ただでさえ妊娠・シュさんで身体の中にある骨が正しい位置に戻っていないケースが多いので、骨盤など正しい位置に整えながら筋肉を付ける必要があります。特に効果的なのは“産後3ヶ月以内に行うこと”です。体調の戻りは個人差がありますので、少しずつ体型を戻す為にできることをはじめてみてくださいね。

関連記事:女性がナイスバディで美しいくびれを作る方法とは?

関連記事:美尻とくびれの両方を手に入れる方法とは?

ウエストのくびれを取り戻す方法3選

ウエストのくびれを取り戻す為にできる方法をご紹介致します。くびれをどの程度取り戻したいのかによっても方法が変わってきますので、できるものからはじめてみましょう。特に産後はくびれが欲しいからといっても無理なダイエットは厳禁です。

(1)ストレッチ

産後は身体が完全に戻りきっていないので、すぐにハードな運動をしてしまうと身体に負荷がかかってしまいます。その為、固まってしまった筋肉をまずはほぐしてあげること、柔軟性をあげて身体の新陳代謝をあげることから実践してみてください。ストレッチはケガの防止にもなりますし、その後に別の運動をする時の相乗効果も期待できます。ちょっとした空き時間に簡単にできるものばかりですので、産後1ヶ月程度過ぎて体調が戻ってきたら少しずつ始めるようにするといいでしょう。

(2)パーソナルトレーニング

トレーナーの指導を受けながらあなたのプログラムを組んで効率的にトレーニングを行う方法です。モデルさんや女優さんたちも産後の体型を改善する為に行っているそうです。無理に痩せるのでなく身体を鍛えて整えることでメリハリボディを作り出しくびれはもちろん、産後のぽっこりお腹や全身を整える効果も期待できます。早い人で半年ぐらいから効果を実感できます。

(3) 骨盤矯正

出産によって大きく開いてしまった骨盤は歪みが起きてしまいます。このままにしていると体全体が歪んでしまい脂肪がつきやすい身体になってしまいます。産後の体調が戻ってきたら骨盤を整える“骨盤矯正”を行うのをおすすめします。また産後すぐからでも骨盤矯正ベルト・骨盤矯正用の下着などを使って整えてあげることが大切です。

こちらも合わせて確認しておきましょう。

くびれ美人になるコツはここにあった!

産後のくびれにはこの運動がおすすめ

産後のくびれを取り戻す為にできる運動をご紹介致します。自宅で育児の間にできるものばかりですので、気軽に取り入れてみてくださいね。ただし産後の体は急速な勢いで元の体に戻ろうとしています。痛みや違和感があれば運動を中止してかかりつけの医療機関を受診するようにしましょう。

(1)骨盤を整える運動

  1. まずは両足を肩幅ぐらいに開いて立ちましょう
  2. 手は腰において姿勢を正しく保ちます
  3. ゆっくりと左右対称になるように腰を回していきましょう
  4. 前後に10回行い、次に左右に10回、最後に8の字を描くように回します
  5. この運動をしている間は呼吸を止めないでできるだけ大きく回しましょう。

(2)くびれに必要な腹斜筋を鍛える

  1. まずは仰向けに寝転がります
  2. 手は両耳の後ろ辺りの位置に添えましょう
  3. 両方の足をそろえて上にあげて膝から下は90度に曲げます
  4. 体を丸めるように意識しながら起き上がって腰を右側にひねります
  5. 右足をおへそにくっつけて曲げてひねった時に左側の足を真っ直ぐにしましょう
  6. 左の肘と右膝を合わせたままで数秒間キープし元の位置に戻します。
  7. これを左右10セットずつ行うようにしましょう。

産後の身体は努力しないともとの体型には戻りません。日常的に腹筋に力を入れてみたり骨盤矯正ベルトをつけて整えてあげることで、骨盤の開きや歪みを正すことができるのです。

育児でバタバタしているなかでつい自分のことが後回しになってしまうかもしれませんが、美しく健康を保つ為にも産後はしっかりと身体を整えてあげましょう。