身長が伸びるためにできる知っておきたい知識やポイント総まとめ

身長が伸びるためにできる知っておきたい知識やポイント総まとめ

身長が伸びるためならどんなことでも挑戦したいと思っている人はいませんか。身長に関するコンプレックスは大人になっても解決するものではありませんし、もし子供の成長期にのうちに身長を伸ばしておけるのであればできるだけ高身長を手に入れておきたいものです。身長が伸びるポイントやそのためのコツ、毎日の習慣などあとになって後悔して欲しくないからこそ、できることから挑戦してみませんか。



身長はいつまで伸びるの?時期や年齢は?

身長が大きく伸びる時期は人生の中で2回あります。特に2回目の第二次成長期は成長ホルモンが大量に分泌されることによって、男子は13歳の頃に1年間で10cmも伸びるなど、急激な成長を見せてくれる時期でもあるのです。身長は遺伝的な要因も関係しているといいますが、実は後天的な要因の方が大きいと言われていて、日々の生活習慣や睡眠・栄養などが大きく影響しているといいます。

身長が伸びるためには骨の成長が大きく関わっています。特に骨の軟骨部分にある骨端線は、成長ホルモンの影響を受けて増殖して1本の太くて立派な骨になっていきます。骨端線が残っている限り身長は伸び続けますが、思春期が終わる頃には骨端線がなくなり身長が伸びなくなります。

この鍵を握っているのが成長ホルモンです。本来生涯に渡って分泌され続けますが成長ホルモンの量には個人差があるので一律ではありません。脳の下垂体から分泌され身長を伸ばすこと、傷の修復など身体の健康を保つ効果や成長を促す効果が期待できます。

身長は成長期になると伸びるものですが実は伸びる身長には上限があるのを知っていますか?成長期と言われるといくらでも身長が伸びる気がしてしまいますが、実は男子は25cm、女子は22cm程度だと言われています。男子の場合なかには30cm程度伸びる場合もありますが、成長期に入る前にどのぐらいの身長だったのかによっても将来の身長が決まってしまうのです。身長が高くなりたいと思うのであれば、成長期だけではなくそれ以前の生活のなかでも身長を伸ばす努力をすることが大切です。

関連リンク:身長を伸ばす為にできる具体的なポイントは?

関連リンク:手軽に簡単!身長を伸ばすストレッチでの効果とは?

大人でも身長が伸びることはあるの?

大人で身長が伸びるというのはいくつかパターンがあります。20歳を過ぎても骨端線が残っている場合、20代前半までは身長が伸びる可能性もあります。よくある「大人になってから身長が伸びた」というのがこのパターンですね。骨端線がない場合は基本的に大人になってから身長が伸びることはありません。また身長が伸びのではなく本来の正しい身長に戻る意味では、ストレッチで身体の歪みや縮みを正してあげるだけで身長が高くなることもあります。

日頃から長時間同じ姿勢でいる人や、猫背、O脚の人は知らず知らずのうちに筋肉が硬直してしまったり、身長が縮んでいる場合がありますので見直してみましょう。この方法以外では手術をして身長を伸ばすこともありますが、そもそも手術ができる人が限られてしまうこと、その後の生活などを考えると簡単にできるものではありません。大人になってから身長を伸ばすのはなかなか難しいので子供の成長期にいかに身長を伸ばせたかが重要なポイントになってきます。

身長が伸びる筋トレ・ストレッチ

身長を伸ばす為にストレッチもとても効果的です。

成長期の身長が伸びる時期に筋肉が高く硬直していると、それが原因となり身長の伸びが悪くなってしまうこともあります。また成長期に急激に身長が伸びると成長痛が起こりやすくなりますが、適度に筋肉や関節をほぐしてあげると成長痛の痛みも軽減されると言われているのです。またストレッチは筋トレをする前に取り入れることで、急激に身体を動かして筋肉にかかる負荷を軽減することにも繋がります。

よく成長期に筋トレをすると身長が伸びにくくなるともいいますよね。確かにハードな筋トレを行うと、成長ホルモンが分泌されても筋肉の修復の方に使われてしまうので身長の伸びが悪くなってしまうこともあります。そのため過度なトレーニングで筋肉に負荷を掛けすぎるような運動はあまりおすすめしません。

ストレッチや筋トレは適度に取り入れることで身長を伸ばすことに繋がります。

身長が伸びる部活動の選び方

子供の成長期にどんな部活動に入っていたかでも身長の伸びが変わると言われていますよね。身長が伸びると言われているのはバスケットボールやバレーボールなどでしょうか。これらのスポーツをしたからといって急激に身長が伸びるということはありません。

ただ成長期に運動をしたり身体を動かすことは大切です。バスケットボールでみても走る・跳ねる・ドリブルなどの基本的な動きを繰り返すことで、骨や筋肉に適度な負担がかかり身長が伸びやすくなると言われています。また身体を動かすことでしっかりと食事を摂ることや、疲れから深い睡眠になりやすいことも身長を伸ばすことに繋がります。部活動というよりかは運動をすることで身長が伸びますので、成長期には身体を動かすように部活動で汗水流すようにしましょうね。

身長が伸びる寝方や睡眠とは?

身長を伸ばすために睡眠が大切なことは誰でも知っていると思いますが、ただ長時間睡眠をとるのではなく、深い睡眠をとるための質だったり寝方によっても変わるのを知っていますか?近頃はゴールデンタイムの10時~2時に寝るのではなく、入眠3時間の睡眠が重要とも言われています。この3時間にどの程度深い睡眠が取れていたかによっても成長ホルモンの分泌が変わります。

そのためには寝る前に電気を暗くしたりTVやスマホは使わない、寝る前に食事を摂らないなど深い睡眠になる為の環境を整えることも大切です。また寝る時の姿勢も身長を伸ばすためには大切だと言われていて、横向きの人はできるだけ仰向けにして消化器官に負担をかけないように意識しましょう。また横向きは血流の流れを悪くしてしまうので、入眠3時間は最低でも仰向けで寝るようにしましょう。

身長を伸ばす補助的なサプリメントも!

身長を効果的に伸ばすために日々の食生活にサプリメントを足すのもおすすめです。身長に効果的なサプリメントにはアルギニンが含まれていて、これは成長ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。食事では摂りにくい栄養素なのでサプリメントで補ってあげることが大切です。身長を伸ばすサプリにはいろいろな種類がありますが、国内産で安全性の高いものや、値段や味などを見て続けやすいかどうかで判断するのをおすすめします。

もちろん身長を伸ばすサプリメントを摂っているとはいっても、毎日の食事が資本となりますので、たんぱく質や亜鉛・ミネラルなどの栄養素をバランス良く摂るようにしてくださいね。吸収を阻害してしまう清涼飲料水やお菓子などはできるだけ少なくするのをおすすめします。その上でサプリメントを続けることが大切です。成長期の子供のうちから摂るようにしましょうね。

身長が伸びる為には成長期や思春期にしっかりと成長ホルモンを分泌させてあげることが大切です。身長は大人になってから伸びることもありますが、基本的には子供の時にどんな過ごし方をしたのかが重要なポイントになってきます。身長が伸びるように運動やしっかりとした食事、足りない分はサプリメントで補うなどの対策が必要です。身長が伸びるポイントについてしっかりと把握して、今すぐにでも対策を行うようにしましょうね。

関連リンク:身長が伸びる方法にはどんなものがあるの?後悔しない為に

関連リンク:中高大学生必見!学生別身長を伸ばす方法 総まとめ