身長を伸ばす手術ってなに?効果はあるの?

身長を伸ばす手術ってなに?効果はあるの?

大人になってから身長を伸ばす方法に「手術」があります。身長の悩みはとても深刻なものですし、1cmでも高くなるのであれば手術をしてコンプレックスを解消したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

でも手術と言われるとどんなことをするのか?副作用や効果など気になることがたくさんあります。身長を伸ばす手術とはどのようなものなのでしょうか。

身長を伸ばす手術とは?

身長を伸ばすために手術を行うことが比較的珍しいことではなくなっています。世界的に行われている方法として「イリザロフ法」と「ISKD法」の2種類が有名です。手術をする場所は下腿の骨(膝下)を手術する場合が多く、日常生活への影響を考えても他の部位を手術するのはあまり推奨されていません。

まずはそれぞれの違いから見ていきましょう。

(1)イリザロフ法

1951年にロシアの医師によって開発された身長を伸ばす手術方法ことをいます。もともとは疾患によって身長が伸びない子供に対して行う治療の一環でしたが、今は大人でも身長についてコンプレックスに感じている人が手術を受ける人も増えています。

イリザロフ法は、骨の“自然治癒力”を利用したものになり、人間がもともと持っている骨が損傷しても自然と元に戻る力を利用して身長を伸ばす方法です。専用の器具を用いて骨の再生部分を徐々に引っ張ることで骨が伸び身長が伸びることに繋がります。

ですが骨の再生能力的な問題でこの手術をしても効果があるのは35歳程度だと言われています。

(2)ISKD法

日本では行われておらず、アメリカで主流な方法になります。イリザロフ法と同じような手術の内容になりますが、磁力の力を用いて骨を伸ばしたり再生していきます。ただしこの手術方法は受けられる人が限られてしまうので、希望したからといって必ず選択できるものではありません。

関連リンク:身長を伸ばす為にできる具体的なポイントは?

関連リンク:手軽に簡単!身長を伸ばすストレッチでの効果とは?

骨を伸ばす手術にはどんなリスクがあるの?

骨を伸ばすのは本来人間にとって自然な方法ではありませんよね。子どもで成長期なのであれば問題ないのですが、身長を伸ばす機能がストップした大人がこの手術を受けるのはそれなりのリスクが伴うものであることを忘れてはいけません。

(1)感染症のリスク

イリザロフ法については手術を受けた後に感染症や合併症に約25%の人がかかると言われています。もちろん病院の施設的な問題によっても感染症を防ぐことはできますが、手術を受けた後に適切なリハビリを行う必要もありますし、傷口のケアなども必要になるので、どんなに気をつけていても感染症の発症率が0になることはありません。

もし感染症や合併症になってしまった時はもっと大きな手術を受ける必要が出てしまう可能性もあります。

(2)日常生活への支障

骨の手術は術後の生活に大きく影響します。骨が損傷している状態なので日常生活を問題なく送れるほどの硬い骨にするまでに2ヶ月~半年程度の時間がかかる場合もあります。なかには骨が治るのに時間が掛かる人もおり、最長2年程度かかる場合もあります。

松葉杖を使えば手術後1~2週間で歩くことはできます。手術後の経過は治るスピードは個人差がありますので、一概にはいえませんが手術をした後の生活に大きく影響してしまうこと、しばらくは器具を付けたまま生活しなくてはいけないので、周りの人に隠すのは難しいかもしれません。

また成人の場合は手術をしたからといって好きなだけ身長が伸ばせるわけではありません。基本的には5cmが1回の手術でできる限度だと言われています。ただし、10cm伸ばしたいなどの希望がある場合は医師と相談した上で行う場合もあるようです。伸ばせる身長には個人差があるので一概にこのぐらい大丈夫とはいえません。

手術ができない人も…

身長を伸ばす手術は希望すれば誰でも受けられるわけではありません。イリザロフ法やISKD法のいずれにしてもできないケースがあるのを覚えておいた方がいいでしょう。

例えば糖尿病で治療中の人や、内科的疾患がある人、ステロイドを投与している人などは手術ができないケースもあります。またタバコを吸っている人は年齢に関わらず骨の形成に影響してしまうと言われていることもあり、手術が受けられない場合もあります。

心身ともに健康であり手術を受けても問題ないと判断された場合のみ、手術を受けることができるのを忘れてはいけません。

身長を伸ばす手術は日常生活への支障を考えるとよほどの理由がない限りはあまりおすすめできるものではありません。

ですが中には身長がコンプレックスになってしまい、人間関係や恋愛がうまくいかないと悩んでいる人もいますので、かかりつけや専門医に相談した上で手術を受けるのかどうか決めましょう。

また大人になっても骨の歪みや縮みを解消すれば個人差はあるものの5cm程身長が伸びる場合もありますので、まずは試してみてもいいのではないでしょうか。手術は最終手段として考えておくと気持ちも楽になりますよ。

関連リンク:中学生で身長を伸ばす方法は?伸びないのは原因があるの?

関連リンク:身長を伸ばすにはどうしたらいいの?平均身長は伸びている

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)