身長を伸ばす為にできる具体的なポイントは?

身長を伸ばす為にできる具体的なポイントは?

身長を伸ばす方法は誰もが知りたいことですよね。今成長期を迎えている中学生や高校生はもちろん、そのご両親や大人になってから身長が伸びずにコンプレックスを抱えている人など、身長に関するお悩みはどの世代にとってもつきものです。

なかには身長が高すぎることで悩んでいる人もいるようですが、大抵は「あと3cm身長が高ければ…」「180cmは欲しかった」などの今の身長に満足できずに悩んでいる人でしょう。

身長を伸ばしたいと思ったからこそ、このサイトに辿り着いたはずですしどうにかしたいと思ったから調べているはずです。そんな身長にコンプレックスを抱えているあなたに、身長を伸ばす為のポイントについて説明します。

身長を伸ばすためのポイント

ここ数十年で比較しても男性・女性問わずに平均身長は確実に伸びています。日本人とは思えないほどのすらっと身長が高い人も増えましたよね。

それだけ栄養が豊富になり遺伝子的にも身長が高くなるなど、身長を伸ばす要因が増えていることになります。本来身長は遺伝的な要因が大きいとも言われていましたが、実際は後天的な要因も大きく影響していると言われています。

身長を伸ばす鍵を握っているのは主に「骨端線」と呼ばれる軟骨部分なのはご存知でしょうか。身長についてコンプレックスに感じたり、医師的な治療を受けたことがある人なら一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、多くの人は初耳だと思います。

骨の両端についている軟骨部分で骨と骨をつなぎ合わせているものです。子供のうちは骨同士がバラバラになっているので大人よりも骨がもろく骨折などが起きやすいと言われていますが、骨端線が増殖することによって、1本の大きく太い頑丈な骨に変わっていきます。

成長期を過ぎると軟骨がすべて大人の骨に変化するので骨端線はなくなると言われています。なかには例外的に大人になってから身長が伸びる場合もありますが、骨端線が残っている人というのも存在します。

自分に骨端線が残っているかどうかはレントゲンなどで調べることができます。この骨端線の増殖を行うのが成長期に分泌される「成長ホルモン」というわけです。

なかにはこの成長ホルモンの分泌が正しく行われないことで、成長期に入っても身長が伸びず悩んでしまうこともあります。

身長を伸ばすのは中学生まで?

小学生 足が速く走る

成長期と呼ばれるのが多少の個人差はあるものの中学生の時期に当たります。この時期は男性・女性ともに大きな変化が起きる時期でもありますね。

女性の方が成長期の時期が早い場合が多いので一時的に男性よりも身長が高くなる場合もありますが、中学生になる頃には男性の方が身長も高くなり一段と男らしくなります。成長期~思春期にかけて男性は25cm、女性は22cm身長が伸びるといわれています。

もちろん個人差がありますので身長が思うように伸びない子供もいます。中学生でなかなか身長が伸びないと悩んでいる人の場合は、もしかしたら日々の生活習慣に問題があるのかもしれません。

不規則だったり栄養バランスを考えない食事をしているなど、思い当たることはありませんか?

身長を伸ばす為にできる具体的なポイントは?(2/2)>>

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)