ヒップアップに必要な筋肉はここ!効率的にヒップアップをするために知っておくべき基礎知識

ヒップアップに必要な筋肉はここ!効率的にヒップアップをするために知っておくべき基礎知識

ヒップアップはしたいけどなんとなくしか知識もないし、お尻のどの辺りを鍛えたら効果があるのか、そもそもお尻にはどんな筋肉があるのかなど基本的な話も知らないのでまずは基本からと考えている人もいるでしょう。どんな筋トレでもその目的や体の構造などがわからないとただなんとなく鍛えているだけになってしまい、理想とするような結果には繋がりません。ヒップアップを目指して筋肉を鍛えたいと思っている人はまずはお尻のたるみに効果がある筋肉やその為の鍛え方など、基本的な内容から見直していきましょう。

 

お尻がたるんでしまう原因とは

ヒップアップ筋肉

そもそもお尻がたるんで見える人はお尻と太ももの境目にある「でんこう」にたるみが出てしまっている状態です。お尻の筋肉として重要な「大臀筋」と太ももの後ろの筋肉である「ハムストリングス」が弱まってしまいその結果、お尻と太ももが一体化して脂肪がついてしまっているのです。

 

お尻の筋肉は「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」の3つに分類されます。

「大臀筋」は股関節周辺の筋肉の中では一番大きくお尻の筋肉の中では一番浅い場所にあります。お尻を動かす上でメインとなる筋肉でとても重要なものです。「中臀筋」は「大臀筋」の下に位置している筋肉のことで歩行時に体が左右にぶれないように調整してくれる働きがあります。「中臀筋」が衰えてしまうとバランス感覚のチェックをした時に、片足で立つとバランスを崩してしまうなどの状態になり、骨盤の歪みを引き起こす筋肉でもあります。「小臀筋」は一番下にある筋肉でとても小さく動きの補助的な役割をする筋肉になります。関節の動きなどに作用しているのですが、「小臀筋」の機能が衰えてしまっても一番最下層にいるのでなかなか鍛えることができません。お尻の筋肉にはそれぞれに役目があるので、いずれの筋肉も衰えることのないように工夫することが大切なのです。

 

よくお尻がたるんでしまうのは年齢によるもので仕方がないものだと思っているかもしてませんが、実際にそれだけが原因ではありません。例えば日頃からヒールを履いている人は膝が内側に入ってしまい正しい姿勢で歩くことができずに、お尻の筋肉を使えないことからたるんだお尻の原因を作り出してしまいます。日頃の椅子の座り方や立ち方、骨盤の歪みなども原因となることがありますし、標準よりも太り過ぎていることがお尻のたるみに繋がることもあります。一言でお尻のたるみといっても様々な原因が考えられるのです。

あなたは自分のお尻のたるみが一体なにが原因でおきているのか説明できますか?

お尻のたるみの原因をしっかりと突き止めないとせっかく筋肉を鍛えても、なんの効果も得られない結果になってしまいます。

【関連リンク】

体型の変化に気づいたあなた、ヒップアップ筋トレで劇的変貌をしてみませんか?

ヒップアアップには、ストレッチと筋トレのコラボが相性抜群のワケ

 

お尻がたるむことのデメリット

ではお尻がたるむことでどのようなデメリットがあるのでしょうか。お尻がたるんでしまうことで実際の年齢よりも老けて見られてしまった経験はありませんか。後ろ姿の9割はお尻が決めているといっても過言ではありません。自分自身も体のスタイルに自信がもてなくなりジーンズなどはもちろん体型がでない洋服を選ぶようになってしまいます。夏でも水着なんてとんでもないと思ってしまうなど、どうしてもマイナス思考になってしまいがちに。なかにはお尻のたるみがストレスに感じてしまうこともありデメリットはとても大きいのです。特に胸やウエストなどは常に気にしている人も多いものですが、実際お尻となると後回しになってしまい、なにもしていなかったなんて声もあります。大抵がお尻のたるみがおき始めてからその変化を感じるようになるのです。

 

 



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロの指導者として、活動しておりますが、自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方のために、少しでも当ブログを通じてお役に立てたらと思います。
私は、本気で何かを変えたいと願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
どうしてもお困りのことがあれば、全力でサポートしますので、お声かけください。
どんな小さな願いでもまずはご相談ください。
1回:12000円(税抜) 指導場所:ヒーローズスキルスタジオ
自分を変えたい本気の方へ