体幹と呼吸法を学ぶことがくびれを作ることに繋がるってホント⁈

体幹と呼吸法を学ぶことがくびれを作ることに繋がるってホント⁈

誰だってくびれがあってモデルのような美しい体を手に入れたいと思いますよね。無理なダイエットをして体重を落としてもくびれは手に入りません。くびれはウエストが引き締まっていることはもちろんのこと、出る所は出て、他の場所は引っ込んでいる必要があるのです。

そのため細すぎる人よりも多少肉付きがいい人の方がくびれは手に入れやすいともいわれているのです。そんな理想的なくびれを手に入れる為に、実は「体幹」が関係しているのを知っていますか?体幹を鍛えることで美しいくびれに繋がります。




ウエストまわりの脂肪は落ちにくい

ちょっと体重が増えただけでも脂肪が付きやすく、しかも落ちにくいのはウエストやお腹周りだと思いませんか。他の部位はほっそりしているのにこのまわりだけ脂肪が取れないなんて人もいるでしょう。この周辺は胃や腸などの大切な臓器を守る場所としてとても重要な場所でもあります。

特に男性よりも女性の場合は赤ちゃんをお腹の中で育てて出産する為にも脂肪が付きやすい場所でもあるのです。そのため意識的に鍛えることを見直さないと年齢を重ねる毎にどんどん脂肪が付きやすくなってしまうのです。

ただ体重を減らしても脂肪は落ちません。体重を減らすことに注視するのではなくウエストを引き締めてメリハリのある体を手に入れる為には、適度に筋肉を付けることも必要です。特に体の中心にあり重要な筋肉といえば「体幹」です。

関連記事:くびれ美人になるコツはここにあった!

関連記事:美しいくびれを手に入れる為には筋トレが鍵

くびれに必要な体幹ってなに?

体幹という言葉は聞いたことがあるけど、何を指しているのかわからない…なんて人もいるのではないでしょうか。

体幹というと実は幅広い範囲のことを指します。

例えば胴体全体の胸部や腹部・骨盤周辺などを指す場合と、横隔膜や腹横筋・骨盤底筋群・多裂筋などのインナーユニットと呼ばれる範囲を指す場合です。特にこのインナーユニットに関してはそれぞれがとても大切な機能を持っています。

横隔膜は肺の下にあり人間の呼吸を補助していますし、腹横筋はお腹のもっとも深層部にあるコルセットのような働きをしています。どれが欠けても人間の体には影響が出ますので、体幹は常に鍛える必要があります。

体幹を鍛えるとさまざまなメリットがあり、お腹や体全体を引き締める効果や、バランスを良くする効果、ケガをしにくくすることや持久力を上げ肩こりや腰痛などの不快感を緩和させるなどさまざまなメリットがあります。

今回のようにくびれが欲しいのであれば体幹を鍛えることで無理なく体を引き締めて、その後も脂肪がつきにくくキレイなウエストを手に入れることができます。筋肉がないと一時的にウエストを引き締めたとしても何度でも脂肪がついてしまうのですぐにバランスが崩れてしまいます。それでは意味がありません。

関連記事:くびれを作る為の5つのコツとは?

関連記事:くびれは無理なダイエットでは作れない!その理由とは

体幹を鍛えるにはどうしたらいいの?

体幹の大切さはわかりましたが、では実際に体幹を鍛える為にはどうしたらいいのでしょうか。体幹を鍛える為にはそのための筋トレと一緒に正しい呼吸法を身に付ける必要があります。どちらもできるようになってこそ、効率的に体幹を鍛えることに繋がるのです。

まずは呼吸法から見ていきましょう。

呼吸法の代表的なものは「ドローイン」と呼ばれるものです。

やり方は簡単です。息を細く長く吐きながらゆっくりとお腹をへこませていきます。お腹から空気がすべて出きったのを確認して、その状態でお腹をキープします。最初は短い時間から行い少しずつ長くお腹をキープできるようにしていきましょう。

(1)     プランクで体幹全体

  1. まずは腕立て伏せの姿勢を作ります
  2. 肩の下に肘がくるように床に肘を付け90度の角度を意識します
  3. この時に頭からお尻までが一直線になっているのを確認して、この姿勢は崩さないようにしてください。
  4. これを30秒程度キープして元の姿勢に戻します。この時に先程説明したドローインの呼吸法を試してみてくださいね。

(2)      腹横筋を鍛える

  1. まずは仰向けに寝て膝を曲げます。腹部に手を当てて息を大きく吸ってお腹を膨らませましょう。この時に口からゆっくりと息を吐き、おへそとお腹を近づけます
  2. 息を吸う時もこの状態をキープしたまま行いましょう。この時に腹横筋に力が入りお腹のまわりが固くなるのを実感しましょう。
  3. 最初は5秒ぐらいの短い時間から行い、少しずつ時間を伸ばしていけるように意識的に体を慣らしていきましょう。

体幹を鍛えることでくびれがキープできる美しいウエストを作り出すことに繋がります。

もちろんこういった筋トレも大切ですが、普段から呼吸法を意識したりお腹を凹ますようにするとそれだけでも体幹を鍛えることには繋がります。

くびれが欲しい!今年の夏こそはと意気込んでいるあなたは、まずはその基本となる筋肉を鍛えて、くびれをキープできる筋肉を手に入れるようにしましょう。自然と脂肪が減り引き締まったウエストを手に入れられるはずです。ぜひ試してみてくださいね。




(最終更新:2018年6月17日)