産後でもキレイなスタイルでいるための骨盤矯正法とは?

産後でもキレイなスタイルでいるための骨盤矯正法とは?

産後には身体が変化していくと言われています。それもそのはず、あんな大きな赤ちゃんがお腹から出てくるのですから、身体に何も起こらない方が不思議です。

その中でも特に骨盤の変化が著しいです。産後に骨盤矯正をしないと歪んだ骨盤が原因で、その他の身体の部分にも悪い影響を及ぼしやすくなってしまいます。ですので、産後で骨盤がゆがんでいるからこそ、しっかりと骨盤矯正を行っていき、正しい骨盤の位置に戻すことが重要です。ぜひ、元の綺麗なスタイルを取り戻しましょう!

出産後は身体が変化しますが、骨盤も変化してしまいます……!

骨盤矯正

女性の身体にとって、出産は喜ばれることですが、女性の身体にとって出産は大きな負担を与える出来事でもあります。子どもを妊娠した時点で、女性の脳からは女性ホルモンが出て、目には見えない身体の中が変化します。

そして、赤ちゃんをしっかりと受け止めるために、女性の身体は骨盤が開きます。

もちろん、何もしなくても骨盤はゆっくりと閉じていきますが、完全に出産前の状態に戻らないことも多々あります。努力次第で開いた骨盤を元の状態に近づけるは出来ますが、自然に骨盤が閉じるのを任せていると、骨盤が歪んでしまうこともあるので、注意が必要です!

出産後に歪んでしまった骨盤によって引き起こされるさまざまなトラブル

  • 身体の冷え
  • 全身のむくみ
  • 便秘
  • 尿漏れ・失禁
  • 腰痛・膝痛・股関節痛
  • 疲れやすさ
  • 肥満

など……

「たかが骨盤の歪み」と思われがちですが、実際には骨盤の歪みによって、さまざまな弊害が出てしまいます。出産前の状態であれば、ある程度の身体の不調はなんとかなりますが、出産後に赤ちゃんを抱えているお母さんにって、身体の不調は大変なことです。ただでさえ、赤ちゃんの世話で忙しいのに、自分の体調管理までなんて考えるだけでキツイです。

しかも、骨盤がゆがむと新陳代謝が低下して肥満になりやすく、出産後に崩れてしまいがちなスタイルが、さらに悪くなってしまうことがあるのです!

そんな、身体にさまざまな悪影響がある出産時の骨盤の歪ですが、その原因はなんなのでしょうか?

実は、骨盤歪みの原因は、出産時に骨盤に負荷がかかることで引き起こされてしまう、「骨盤輪不安定症(こつばんりんふあんていしょう)」です。

出産時に起きる「骨盤輪不安定症」とは?

出産時の骨盤の歪みを異常に気にする必要はありませんが、転ばぬ先の杖として、骨盤の歪みは正しておくべきです。それが特に骨盤輪不安定症によるものだった場合は、なおさらです。

骨盤輪不安定症とは出産で骨盤に負荷がかかったことできた、仙腸関節や恥骨結合部の外傷が原因で引き起こされてしまう症状です。

この骨盤輪不安定症だと診断された場合は、整形外科では骨盤輪の固定装具(コルセット)の装着や、鎮痛剤の処方を勧めているようですが、実際には仙腸関節や恥骨結合部の外傷ではなく、骨盤の歪みの可能性があります。

ただ、出産が原因で骨盤輪不安定症になる方だけでなく、もともと骨盤がズレていた方が、出産時にさらに骨盤がズレてしまい、結果的に骨盤が大きく歪んでしまったことが原因で、骨盤輪不安定症になってしまう方の方が多いようです。

「私の骨盤歪んでる?」出産後の歪みチェック

骨盤矯正

あなたは何個チェックがつきますか?

  • 片方の靴だけがすり減る
  • 何もないところでつまずく
  • O脚またはX脚である
  • 片方の足に重心を置いてしまう癖がある
  • 何かによくよりかかってしまう
  • 目をつぶってまっすぐ歩けない
  • 出産してから急に太った

アナタは、このチェックリストにどれだけチェックがついたでしょうか?

このチェックリストに3つ以上当てはまった方は、もしかすると骨盤が歪んでいるかも知れません。なぜなら、骨盤が歪むと身体が歩いたりする時に、正しいバランスを取れなくなるからです。

骨盤は私たちの身体のバランスを取るために重要な部分です。骨盤が歪むと、身体は歩いたりする時に、正しいバランスが取れなくなってしまうため、他の関節部分がその歪みをカバーしようとして、無理をしてしまい、身体にさまざまな不調が現れてしまいます。

そして、その結果、さらに骨盤が歪み身体にさまざまな悪影響を与えてしまうのです!それでは、そんな骨盤の歪みをどうやって矯正すれば良いのでしょうか?

 

出産後の身体の中も外も”美ボディ”にするための骨盤矯正法

骨盤矯正

歪んでしまった骨盤をもとに戻すためには、骨盤を矯正する必要があります。

残念ながら骨盤は何もしないでも、もとにもどるわけではなく、きちんと毎日運動したり、ストレッチしたりしなければ、骨盤はもとの歪みのない骨盤にもどることはありません。

今回は何かと忙しいママのための、立つだけでOKな『骨盤矯正姿勢』をご紹介したいと思います。

【産後の骨盤の歪みを正す】骨盤矯正姿勢を実践しよう!

[1.左右の爪先をまっすぐに揃える]

自然に立った時に、左右の爪先がバラバラの方向を向いていませんか?その状態が続くと、身体の歪みがどんどんとひどくなってしまうので、まずは左右の爪先の向きを進行方向に向かって平行になるように、まっすぐ揃えてみてください。

 

[2.ふくらはぎ・両膝・太ももをに内側に引き寄せる]

爪先の向きをまっすぐ揃えたまま、次はふくらはぎ・両膝・太ももをに内側に引き寄せましょう。一見簡単そうに見えますが骨盤が歪んでいる方の場合は、足の内側の筋肉が弱っていることが多く、ふくらはぎ・両膝・太ももをに引き寄せるだけでも、じんわりと汗をかいてしまうことがあります。

 

[3.お尻をギュッと引き締める]

左右の爪先をまっすぐ揃え、ふくらはぎ・両膝・太ももを内側に引き寄せても、お尻がだらんとゆるんでいるということは、お尻の筋肉が鍛えられていない、ということでもあります。骨盤を矯正するためには、お尻の筋肉を引き締め、骨盤の歪みを矯正する土台が必要です。

そのためにも、お尻の穴に力を入れて、お尻の筋肉をギュッと引き締めてください。お尻の筋肉をギュッと引き締めることで、骨盤の歪みも矯正されますが、ヒップアップも可能ですよ!

 

[4.丹田に力を入れる]

最後にやるべきは、お腹の下腹部――丹田に力を入れることです。骨盤は腰回り全体の筋肉を鍛えることで、歪みを正すことが出来ます。もちろん、下腹部にも力を入れることで、骨盤周りの筋肉が鍛えられ、骨盤の歪みを矯正することが出来るようになります。

以上が骨盤の歪みを正す、基本姿勢の取り方です。

字面で見ると、カンタンなように見えますが、骨盤が歪んでいると、この姿勢を取るだけでも、一苦労!なかなか生まれたばかりの赤ちゃんのお世話にかかりっきりで、自分のケアをする時間がない、というママさんは、赤ちゃんを抱きながらでも良いから、ご紹介した『骨盤矯正姿勢』を実践して、歪んだ骨盤を正してください。

出産後の”今”だからこそ、骨盤の歪みを正すチャンス!

骨盤矯正

初めて出産した人は、なにもかもが初めてで運動する機会なんてないかも知れません。だからこそ、ご紹介した骨盤矯正姿勢を実践して、日常生活の中で、少しずつ骨盤の歪みを正すことが重要なのです。

また、骨盤の歪みは放っておくと、身体にご紹介したようなさまざまな悪影響を与えるだけでなく、放っておくと身体全身の歪みにもつながることがあります。身体の歪みを放っておくと、妊娠がし辛い身体になってしまうとも言われており、次のお子さんを産むのが困難になってしまうこともあるので注意が必要です。

第二子を望んでらっしゃるのなら、骨盤の歪みの矯正は最優先事項だと言えるでしょう。だから、まだ歪みが小さい“今”から、骨盤の歪みを矯正していく必要があるのです。

「出産はしたけれど、女性としてキレイなスタイルを保っていたい……!」

そう思う方こそ、ご紹介した骨盤矯正姿勢を実践して、出産後も美しいスタイルを目指してくださいね!

骨盤矯正とエクササイズに関してはこちらにまとめがあります。

骨盤矯正エクササイズでカラダをすぐ変える!

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)