メリット多!太っている人の健康のための3つの骨盤矯正法

メリット多!太っている人の健康のための3つの骨盤矯正法

ご飯食べ過ぎてしまって太ることはよくあることです。ですが、あまりご飯を食べていないのになぜか太りやすくなってしまっていることもありませんか?骨盤が歪みが出てくると老廃物が蓄積されやすくなり、太りやすい体質になりがちです。

太ってしまうのは食事の面に問題があると思われがちですが、実は骨盤の歪みも関係しています。

最近、少しでも太りやすい身体になってしまったな、と感じている方向けに書いている記事になりますので、ご覧ください。




骨盤が歪むと太る?骨盤の歪みがもたらす肥満

骨盤歪み

げ、1キロ太ってる!」とかうわぁ、この前食べすぎて3キロ太ったよ~と、自分の体重に一喜一憂するぐらいなら、素直に骨盤の歪みを矯正させることをおすすめします。

もちろん、食べ過ぎや運動不足は太る直接的な原因ですが、歪みのない骨盤を維持している人は、ちょっとの食べ過ぎや、運動不足ぐらいではそうカンタンに太りません

実は「太る」ことと「骨盤の歪み」には、密接な関係があるってご存知だったでしょうか?

骨盤が歪むと太りやすくなる その原因は何?

骨盤歪み

女性誌などでは、当たり前のように「骨盤矯正がダイエットに効果あり」と謳っていますが、そもそもどうして骨盤が矯正されると、体重が落ちやすくなるのでしょうか?

まず、覚えて欲しいのは骨盤は道路で言う所の十字交差点だということです。
例えば十字交差点で事故を起こしたら、車がスムーズに移動することができないから、どんどんと道路が渋滞してしまいますよね?

それと同じことが身体の中でも起きているのです。

骨盤が歪むと、骨盤の中を通る血管やリンパが圧迫されて、血液の流れが滞ってしまいます。これは十字交差点のど真ん中で工事をしているのと同じことです。

血液とリンパの流れがどんどんと滞ってしまい、血液の中はどんどんと老廃物で渋滞してしまい、身体の中に老廃物が蓄積されていってしまいます。

車であれば、迂回したり、他の道へ誘導したりすれば済みますが、人間の身体はそうは行きません。骨盤が歪んで血液やリンパの流れが悪くなった状態を改善させるためには、大元の原因である骨盤の歪みを正す以外に方法はないのです。

そして、骨盤が歪んでいる間は、血液が淀み老廃物が溜まるため、血流が滞り、血行が悪くなって新陳代謝が悪くなるため、脂肪が燃焼せず、脂肪を溜め込む身体になってしまいます。

その結果、身体の中に脂肪がどんどんと溜まり続け、いくらダイエットしても痩せない体質になってしまうのです!

[骨盤の歪むと太るメカニズム]



骨盤が歪む

血管とリンパが圧迫される

血液中に老廃物が溜まる

血行が悪くなる

身体が冷える

新陳代謝が低下する

食べたモノを効率よくエネルギー変換出来ない

食べたモノが脂肪として蓄えられる

太る

どうやって太っている人は骨盤矯正すれば良い?

骨盤歪み

骨盤が歪んでいると、太りやすい、ということはご理解頂けたかと思います。もちろん、骨盤が歪んでいる人がみんな太っているというわけではありませんが、骨盤が歪んでいる人が太りやすいのは事実です。

それでは、太っている人はどうやって骨盤を矯正すれば良いのでしょうか?

太っている人は、運動不足のせいで足腰が弱くなっている場合が多く、ハードな運動は厳禁です!

それでは、太っている人向けに3つの骨盤矯正方法をご紹介したいと思います。

【太っている人の骨盤矯正】①お尻歩き

[1.床に座る]
まずはラフな格好になって、床に座ってください。
ズボンが汚れる運動なので、軽く床の汚れを落とし、マットの上で行った方が良いでしょう。
[2.体育座りをして足を上げる]
床に座ったら、体育座りをしてください。
足を腕で抱えた状態で足を上げて、お尻だけで体重を支えてください。
[3.2の状態でお尻を前後に動かして歩く]
2.の状態でお尻を前後に動かして、歩いてください。
この時に手の力も足の力も使わず、お尻の力だけで歩きましょう。

お尻の力だけで歩くというのは、見た目以上にハードですが、骨盤周辺の筋肉をまんべんなく鍛えることが可能です。

しかも、座りながらやる運動なので、足腰に負担をかけずに済むので、太っている方には、うってつけの運動と言えるでしょう!

 

【太っている人の骨盤矯正】②バランスボール運動法

[1.バランスボールの上に腰掛ける]
動きやすい服装になって、バランスボールの上に座ってください。いきなり足を上げて座ると、倒れてしまう危険性があるので、まず両足をついた状態で座りましょう。
[2.バランスボールの上に深く腰掛ける]
両足をついた状態でバランスボールの上に腰掛けたら、もっとバランスボール深くまで腰掛けて、体重をバランスボールに預けましょう。なれない人は足を上げた状態でも良いですが、出来れば両足は話して乗りましょう。またバランスを取るために、両腕は広げてください。
[3.2の状態で腰を回す]
バランスボールに深く腰掛け、両腕を広げた状態で腰を回してください。この時に、背筋をピンとのばして、体幹を意識しましょう。

上記のようにバランスボールに座って、腰を動かすだけでも、腰周り周辺の筋肉が鍛えられ、骨盤の歪みを矯正することが可能です。

ただし、バランスボールになれない人がやると、転んでケガをしてしまうことがあるので、慣れないうちは必ず両足をついた状態で、また近くに何もモノがない状態でやりましょう。

 

【太っている人の骨盤矯正】③スフィンクスのポーズ

[1.うつ伏せの状態で寝転がる]
全身の力を抜いて、うつ伏せの状態で寝転がってください。
この時、足は肩幅に開いて手は腰の位置にのばしておいてください。
[2.うつ伏せの状態で手をついて上半身を起き上がらせる]
うつ伏せの寝転がった状態から、手をついて上半身を起き上がらせましょう。この時、背筋が伸びて「気持ちが良い」という状態まで、身体を起き上がらせてください。無理をして、身体がきつい状態まで上半身を起き上がらせると、腰に負担がかかるのでやめましょう。
[3.2の状態で身体を左右にひねる]
腕をついたまま上半身を起き上がらせつつ、息を吐きながら身体を10秒ほど時間をかけて、ゆっくり右を向いてください。そして、右をむいた状態で、一度大きく息を吸ってから、息を止めさらに10秒キープ。10秒キープしたら、元の位置にまた息を吐きながらゆっくり10秒ほどかけて戻ってください。これを左側も行ってください。

うつ伏せの状態から起き上がり、右を見て、左を見て、また元の格好に戻る。まるでエジプトのピラミッドの前にあるスフィンクスのようなポーズを取って行う運動ですが、腰をひねるため、腰周りの筋肉を鍛えることができ、くびれを作ることが出来るようになります!

また寝ながら出来る運動なので、足腰に負担をかけずにすみますよ。この運動を3回を1セット、朝と夜に3セットずつ行うようにしてください。

太っている人も継続して行えば、理想の体型に近づけるハズ!

骨盤歪み

ご紹介した3つの骨盤矯正法は、足腰に負担をかけずに、骨盤周辺の筋肉を鍛えることが出来るため、太っている人でも比較的やりやすい骨盤矯正方法になります。

もちろん、1度や2度の運動では骨盤周りの筋肉は鍛えられないので、最低でも3日に1度はご紹介した運動を行い骨盤周辺の筋肉を鍛えて、骨盤矯正をしてください。

この運動を1ヶ月も続けていれば知らず知らずに、開いたり、歪んでいたりした骨盤が正常の位置に戻って、血管とリンパへの圧迫が減少し、血流がよくなるので、新陳代謝が上がり痩せやすくなりますよ!

ただし、痩せたからといって、骨盤矯正を怠るとまた元の体重に戻ってしまうこともあるので、骨盤矯正は出来る限り続けるようにしてください。




自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読んでおきたい

HerosSkillスタジオ取材映像