若い人に多い骨盤の歪みの原因と、正す3つのストレッチ

若い人に多い骨盤の歪みの原因と、正す3つのストレッチ

骨盤の歪み、、、

自分はまだ若いから大丈夫なんて思っていませんか?若い方ほど、こんな風に思いがちです。ですが、実は骨盤が歪んでしまっている若者は結構多いのが現状です。

若い時だからこそ骨盤の歪みを小さくしておき、年を重ねてから困らないようにしておきましょうね。骨盤矯正は、美容効果も抜群ですので早速チェックしていきましょう。



若い人に多い骨盤の歪み?若い”今”だからこそ、骨盤の歪みは正すべき

骨盤歪み若い時から、姿勢が悪かったり、ヒールの高い靴ばかり履いていたり、スマホやパソコンを使いすぎたら、骨盤が歪んでしまうことがあります。

基本的に年齢と共に骨盤は歪んでしまいますが、若いうちから骨盤が歪むと、以下のようなデメリットがあります。

若い時に骨盤が歪むと、身体が骨盤が歪んでいない人に比べて虚弱になりやすく、歳を取った時に大病にかかりやすくなってしまうことがあります。だから、若い人は今の健康将来の健康のために、骨盤の歪みを矯正する必要があるのです。

若い人固有の骨盤の歪みの原因とは?

骨盤歪み

それでは若い人――若年層は、どのような原因で骨盤が歪んでしまうのでしょうか?若い人の骨盤の歪みの原因として、問題視されているのが、スマホを使う時の姿勢の悪さです。

突然ですが、

 

アナタはスマホを使っている時にどんな格好をしていますか?

 

多くの人が座りながらだったり、ベットやソファーに横になりながらだったり、スマホやタブレットを見ていますがその時は本を読むのとは異なり、どうしてもスマホの画面が小さいため、前かがみになってしまいます。

姿勢良く座っていれば、重心がズレないため、骨盤ヘ負担はかかりませんが、前髪になると、重心がズレて骨盤に負担がかかるため、骨盤が歪みやすくなってしまいます。

骨盤歪み

 

スマホをポケットに入れてませんか? 実はそれも骨盤を歪ませる原因です!

それではアナタはスマホを持ち歩くときに、どこに入れていますか?カバンやバッグに入れている分には問題はないのですが、ズボンのポケットにスマホを入れて持ち歩いている場合は、そのまま放っておくと骨盤が歪んでしまうことがあります。

ズボンのポケットにスマホを入れると、ポケット部分が「ボコッ」となってしまいますよね?ポケット部分がボコっとなってしまうと、まっすぐ立つことができません!自分ではまっすぐ立っているつもりかも知れませんが、実際にはポケットの中に入っているスマホによって骨盤が微妙に圧迫され、骨盤が少しずつズレていってしまいます。

ズボンのポケットに入れたスマホによる骨盤のズレは、最初は決して多きな骨盤のズレではありません。しかし、骨盤が少しズレた状態で、そのまま歩いてしまうと、少しのズレがどんどんと大きくなって、最終的には骨盤の歪みへと悪化してしまうのです。

それでは、スマホによって引き起こされてしまう骨盤の歪みには、どうやった対処すれば良いのでしょうか?

若い人の骨盤の歪みに対する対処法 ~骨盤の歪みを正す3つのストレッチ法~

骨盤歪み

スマホなどによって、引き起こされてしまう骨盤の歪みには、どうやって対処すれば良いのでしょうか?

1番の方法は、スマホを見る時に正しく座ること。そして、ズボンの中にスマホを入れないことが重要ですが、すでに歪んでしまった骨盤に対しては、骨盤矯正をして骨盤の歪みを正す以外に方法はありません。

それでは、骨盤の歪みを矯正するための方法をご紹介したいと思います。

【若い人向けの骨盤矯正①】膝ひねりストレッチ

[1.仰向けに寝て両膝を立てる]
まずは、リラックスした状態でベットか床の上でに仰向けに寝てください。両腕はだらんと力を抜き、息を大きく吸って、そのままの状態で両膝を立てます。この時、足裏はベットか床につけたままにしましょう。

 

[2.両膝を立てたまま、ゆっくりと足を右に倒す]
両膝を立てたまま、肩と背中をベットか床につけたまま、息を吐きつつ足をゆっくりと右に倒してください。この時にゆっくりと5秒間、数を数えながら足を右に倒すとより効果があります。

 

[3.右側に倒した膝を地面につけて5秒以上キープ]
ゆっくりと5秒間息を吐きつつ、両足を右側に足を倒したら、そのままの姿勢で5秒間以上キープしましょう。右側に膝を倒したときには、なるべくベットか床に膝がつくようにしてください。

 

[4.ゆっくりと息を吐きながら元の位置に両膝を戻す]
膝を右側につけた状態を、5秒以上キープしたら、一度大きく息を吸い込み。胸にためて、息を吐きながら両膝を元の位置に戻しましょう。この時もゆっくりと5秒数を数えながら、足を元の位置に戻しましょう。

 

[5.左側も同じように息を吐きながら両膝を倒す]
最後に左側も同じように、息を吐きながら両膝を倒し、足を元に戻してください。

上記の「膝ひねりストレッチ」を1日3回を1セット、朝・寝る前にそれぞれ2セット以上行うようにしてください。

 

【若い人向けの骨盤矯正②】体ゆらしストレッチ

[1.仰向けに両脚をまげて脚を両腕で抱えこむ]
リラックスした状態であお向けになって、体育座りをする要領で、両脚をまげて脚を両腕で抱えこみましょう。身体が硬い人は、無理に両腕で両脚で抱えなくても良いので、両脚をまげたまま手は脚の横につけておくだけでもOKです。

 

[2.両脚を抱えたまま、深呼吸しつつ身体を前後に揺らす]
次に両脚を抱えたまま、深呼吸しつつ身体をゴロン、ゴロンと前後にゆっくりと揺らしてください。

 

[3.前後に脚を揺らしたら、次は左右に脚を揺らす]
両脚を抱えたまま、前後に脚を揺らしたら次は左右に脚を揺らしてください。上記の運動を、こちらも1日3回を1セット、朝・寝る前にそれぞれ2セット以上行うようにしましょう。

 

【若い人向けの骨盤矯正③】膝ひねりストレッチ

[1.うつ伏せに寝る]
身体をうつ伏せの状態にしてください。
この時に全身の力を抜いて、リラックスした状態でうつ伏せに寝るようにしてください。

 

[2.お尻を左右にフリフリと振る]
うつ伏せになった状態で、お尻を左右にフリフリしましょう!
3分以上、お尻を左右にフリフリしてください。

 

[3.前後に脚を揺らしたら、次は左右に脚を揺らす]
お尻をフリフリしながら、両腕を後ろ手にして1分ほどお尻を全体的に叩いてください。

2~3の運動を繰り返してください。1回を1セット、朝と夜寝る前に、それぞれを3セット以上行ってください。

毎日のケアで骨盤の歪みを矯正しましょう!

骨盤歪み

年齢と共にどんどんとひどくなってしまう骨盤の歪みですが、若いときから定期的に行っていけば骨盤の歪みを矯正することができます。

ただ何かと忙しく、お金もない若い人の場合は、骨盤を矯正するためにわざわざ整骨院に行くヒマもないでしょうから、せめて骨盤が開きやすい朝と、夜身体がリラックスして筋肉が柔らかくなっている夜に、ご紹介したストレッチを行い、骨盤のケアを行いましょう。

決して、身体に大きな負担をかけるストレッチではありませんが、普段から運動不足な方は、この3つのストレッチをするだけでも、じっとりと汗をかいてしまうことがあるほどです。

ご紹介した3つのストレッチを毎日続けることで、骨盤周りの筋肉が鍛えられ、骨盤の歪みを正すことにつながります。
若いうちは、骨盤が歪んでいても若いから身体の不調が症状として出ないため、骨盤の歪みによる諸症状に気がつきにくいですが、放っておくと将来の身体の不調につながったり、女性の場合は不妊の原因になってしまったりすることもあります。

だから、若いからと言わず、今のうちから骨盤の歪みをケアして、骨盤を正すようにしてくださいね!

骨盤矯正とエクササイズに関してはこちらにまとめがあります。

骨盤矯正エクササイズでカラダをすぐ変える!

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!




自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読んでおきたい

HerosSkillスタジオ取材映像