骨盤矯正

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒップアップ40代

骨盤矯正といえば誰でも知っているフレーズですよね。

骨盤を正しく保つことは健康や美容のために大切なことだと知りつつも、実際に自分の骨盤について正しく理解している人の方が少ないのではないでしょうか?

なんとなく見直さないといけないと知りつつもそのままになっている人もいますよね?

そんなあなたのために骨盤矯正とは?という根本的な部分から見直してみましょう。

そもそも骨盤の役割とは?

骨盤矯正

骨盤矯正について知る前に、まずは骨盤がどういうもので私たちにどんな役割をしているものなのか詳しく知ることからはじめていきたいと思います。

あなたのイメージする骨盤とはどんなものでしょうか?腰の位置にあり、ゴツゴツとした形をした骨といった簡易的なものなのではないでしょうか?

骨盤は3つの骨が組み合わさってできています。

「仙骨」「寛骨」「尾骨」で形成され、体の中心部に位置しています。

正常な人の骨盤の形であれば逆三角形の綺麗なハート型をしているのですが、これがなんらかの型でずれてしまうことをいいます。

骨盤は人体の中心部にあるので上半身と下半身をつなぐ役割も担っています。

骨盤の周りには筋肉でかこまれており、骨盤だけの力ではなく筋肉の力によって正常な位置を保つようにできています。

そんな骨盤にはもちろんのこと重大な役割があります。

それは骨盤のなかにある内臓や生殖器を守る役割で、骨盤の歪みがあるとこういった場所が正常な働きをしなくなってしまうので外敵からの攻撃を守る意味もあれば、正常に機能させるなども骨盤のお仕事です。それだけ骨盤というのは私たちにとってとても重要な働きをしていることがわかってもらえたと思います。

そんな骨盤ですが、さまざまな理由から歪みやすく、反ったり上下に場所がずれるなどがおこりがちです。骨盤は外見からみただけでは意味がずれていても判断することはできません。そもそも本人ですら自覚がない人も多いのです。骨盤の歪みについて詳しくみていきましょう。

骨盤が歪むってなに?

骨盤矯正

骨盤の歪みとよく耳にしますよね?骨が歪むって考えただけでもすごいことですよね。

実は骨盤の歪みの原因は骨ではなく、まわりにいる靭帯や筋肉が歪んでしまい骨盤の歪みを引き起こします。骨盤だけでは自分から歪むことはなくまわりの力によって歪んでしまうことがあります。そもそも骨盤の歪みというととても大きくずれているように感じるかもしれませんが、それは数ミリ程度のもので、実際に私たち骨盤の素人が見たところで正直その違いなんて判断できるものではないのです。

骨盤の歪みといっても種類がありますので、まずはその種類についてくわしく説明します。

「前後の歪み」

骨盤が正しい位置から前後に歪んでしまうことがあります。骨盤がもともとの位置から前に倒れることを前傾といい、後ろに倒れることを後傾といいます。前傾の特徴として反り腰になりやすく、腰痛などの原因となることも。便秘や肩こりなどに悩まされている人もいます。長時間椅子に座っていて背筋を正しているつもりでも腰が反り過ぎてしまい自分では思っている以上に負担をかけてしまうことがあるのです。デスクワークなどの女性に多い骨盤の歪みの一つです。荷物を片方で持ったり日頃から高いヒールを履いて歩いている人などにも多いものになり婦人科系のトラブルの原因となることもあります。逆に後傾は男性に多いとされています。

「左右の違い」

骨盤の高さが左右であわずずれていることをいいます。

どっちかが低く、どっちかが高いというアンバランスな状態になってしまいます。

左右の骨盤の位置が違うということは、もちろん脚の長さも左右で違いますし、肩の位置や腰の位置など本来であればほとんど一緒の位置にあるものがずれていることになります。

見た目からわかるほどの人もいれば、少しの差でしかなく見た目ではわからない場合も。指摘されてはじめて骨盤の左右の違いを実感する人がほとんどです。

「ねじれ」

骨盤がねじれるというとものすごいことのように思ってしまうかもしれません。

ですが、骨盤の歪み=ねじれといっても過言ではないぐらい一般的なもので、一番多い骨盤の歪みの原因となります。このタイプは横座りなどを繰り返している人に多く体を同じ方向にひねることが習慣になってしまっています。腰やお尻などに脂肪がつきやすいことや膝などの痛みで悩んでいる人も多く、女性では思い当たる人も多いのではないでしょうか。

ねじれがあると腰痛などの原因となってしまうこともあり、そのままにしているのはとても危険です。

このように骨盤の歪みには種類があること、その種類によって症状も違えば原因も異なります。だからこそ自分の骨盤の状態を知ること、その上で適切な方法を用いて正してあげることがとても重要なことになります。自分ではなんとなく習慣は理解できていても骨盤がねじれているのか、傾いているのか、左右の高さが違うのかなど判断できるものではありませんよね。骨盤の歪みにはついて理解ができたら今度はその歪みを正す方法についてくわしくみていきましょう。




骨盤が歪んでしまう原因とは?

骨盤体操

骨盤が歪んでしまう原因にはさまざまなものがあります。骨盤の歪みなんて大丈夫だと思っているあなたにこそ一度見直して欲しい癖や習慣がたくさんあります。「え、これも骨盤の歪みと関係あるの!?」と思うかもしれません。

あなたが毎日行っている何気ない動作が骨盤の歪みをつくりだしていることもあるのです。

以下の項目に当てはまる人は要注意です。

  • バッグを肩にかけて持つ
  • 脚を組んで座る
  • 片足に重心をかけて立つ
  • お姉さん座りなど横座りが多い
  • 片方の口でご飯を食べることが多い
  • 頬杖をつく癖がある
  • 常に猫背気味である
  • 歩く時に内股かガニ股の状態が続いている
  • 産後である

などの項目に当てはまる人はいませんか?

こういった少しずつの癖が積み重なって骨盤の歪みが起きています。あなたにとってはなんともない仕草の一つ一つですがそれが健康を害したり、体の不調の原因となっているとわかればそのままにしているのはいいことではありませんよね。

他にも骨盤の歪みを作り出す原因はたくさんありますので、まずは自分の生活習慣を見直してみてどのぐらい当てはまるのか調べてみましょう。当てはまる個数が多いほど骨盤の歪みがおきてしまいますが、1つでも当てはまれば骨盤の歪みが起きてしまう予備軍の可能性もありますので早急に見直した方がいいといえるでしょう。

骨盤の重要性が理解できていない人も多く、街のなかでも電車のなかやカフェで脚を組んでいる人を多く見かけます。心理学的は相手に対して距離を取りたい警戒心の表れともいいますが、実際脚を組んでいる姿をみると骨盤の歪みがあるのではと心配になります。

では実際に骨盤の歪みが起きてしまった時はどうしたらいいのでしょうか?

そのままにしていても治るの?など気になる点がたくさんあると思います。

骨盤が歪むとどうなるの?

まず骨盤が歪んでしまうと自分からもとの正しい位置に戻ることはありません。

骨盤が歪むとさまざまな体の不調が出てきます。一見骨盤とは関係のなさそうなものも多く、「まさかこれが骨盤の歪みが原因なの!?」と驚く人も多いもの。どれだけ骨盤が体の中心的な存在であることを実感するはずです。

骨盤が歪むとまわりの筋肉が引っ張られてしまい収縮がおきてしまいます。そうなると筋肉の内部にある血行が悪くなり凝り固まってしまうのです。

その結果、慢性的な腰痛や肩こりの原因となることがあります。初期の段階であればそこまで辛いと感じることはないかもしれませんがそれが慢性化したり痛みが強くなると生活に支障をきたすことになります。なかにはその痛みを我慢してしまいギックリ腰やヘルニアなどの症状を引き起こしてしまう場合もあり、少しでも不調を感じた時に改善しておくことがとても重要なのです。

また骨盤の歪みをそのままにしてしまうと便秘になったり、下半身太り、ぽっこりお腹などさまざまな体の不調を引き起こすことになります。頭痛なども実は骨盤の歪みが関係していることもあるなど骨盤がこんなに健康な体を維持するために重要なものであることは多くの人が気付いていないのです。

特に現代は頭痛持ちの人が増えています。薬局などの代用品の薬で毎日をなんとか乗り切っている人も多いのではないでしょうか。ただしそういった市販の鎮痛剤は体に負担がかかりますし、根本的な治療にはなりません。頭痛外来に通っても一時的な薬を処方されることもあり何度も繰り返してしまうのです。そうなれば一度骨盤の歪みを疑って骨盤矯正を受けるのをおすすめします。骨盤矯正に通い頭痛の症状がよくなったと話す人もいます。骨盤に原因があるとはまさか思いませんよね。自分で該当していると思えば行動することもとても大切なことなのです。

骨盤の歪みによる女性特有の症状とは?

男性よりも女性の方が骨盤の歪みで整体や整骨院を訪れる人は多いものです。女性の場合もともとの筋肉量が少ないので、男性よりも日々の生活習慣や癖で筋肉が歪んでしまいやすい人が多いのです。特に骨盤周りの筋肉など気にしていない人も多く、なにかす症状が起きてから骨盤の歪みがあったと知ることになるのです。

ですが女性の場合骨盤の歪みはできるだけ早い段階で改善することをおすすめします。というのも骨盤の中には子宮や卵巣などの女性にとってとても大切な臓器が入っています。骨盤の歪みがあると血流の流れが悪くなり子宮の機能の低下を引き起こしてしまう可能性があります。血流が悪くなるとさまざまな問題に繋がり卵子の機能低下や生理不順をはじめ、妊娠しづらくなるなど女性にとって骨盤の歪みが招く事態はとても問題です。

骨盤の歪みが不妊症に繋がるとは驚きかもしれませんがもともと骨盤と子宮の位置を考えれば容易に想像できることですよね。特に現代は高齢出産も増えています。35歳を超えると一般的には高齢出産の部類になりさまざまな出産に関する障害がでてしまうことになります。年齢を重ねても妊娠、出産できる人もいればなかなか授かることができない人もいます。血行の状態を守り年齢を重ねてもいつでも妊娠ができるようにするためにも骨盤の歪みは早めに見直しておくことをおすすめします。

また、女性が骨盤の歪みを感じるのは特に出産の後になり、赤ちゃんが産道を通ってでるために分泌するリライシンというホルモンの効果により骨盤周辺が柔らかくなっていること、実際に出産で骨盤が開くので産後急激にもとに戻ろうとする体の作りに対して骨盤の歪みがあると、そのあとの産後太りがなかなか改善しなかったり、2人目を欲しいと思っていても思うように妊娠ができないなどの可能性もでてきてしまいます。産後2ヶ月以内に骨盤を正しい位置に戻してあげることもとても重要です。

ただし産後になると赤ちゃんのお世話でなかなか整体や整骨院に脚を運べない人も多いもの。産後すぐは余計な運動をするのはおすすめしませんが、体調が徐々に整ってきたらこん度は骨盤矯正ストレッチや骨盤矯正ベルトなどを使い徐々にでも骨盤の位置を正しい場所に戻してあげることもとても重要です。女性の場合は骨盤の歪みがあると難産になってしまうともいわれていますのでできるだけ日頃から骨盤の歪みには意識を傾けておいた方がいいといえるでしょう。

骨盤矯正ってなに?

骨盤体操 簡単

さて、次は骨盤矯正についてくわしく説明します。骨盤矯正はさまざまな要因で歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すことをいいます。骨盤矯正というと骨盤を正すように思うかもしれませんが、骨盤ではなくまわりの筋肉や靭帯を正しい位置に戻すことで骨盤の位置を調整することをいいます。骨盤まわりの筋肉は自分で思っている以上に凝り固まり悲鳴をあげているかもしれません。それをほぐしてあげることで稼動域を広げるのが骨盤矯正です。特に長時間同じ姿勢をしている人など骨盤周りの筋肉に過剰な負担がかかっていることもあり、それに気付けない人が多いのです。

とはいえ骨盤矯正は効果がないという声も聞いたことがあるのではないでしょうか?だから通っても意味がないという考えの人もいます。昔から骨盤矯正の必要性には賛否両論がありなかには効果がない、実際に歪みが目に見えないものだから本当に正しているのかわからないといった声もあります。

こういった声の多くが骨盤矯正に対してなんらかの勘違いをしているものです。実際のところ骨盤矯正は科学的に実証されたものではなく、骨盤矯正をおこなうにも特別な資格があるわけではありません。骨盤矯正をおこなっている人たちはある程度学び、独自の方法で骨盤矯正をおこなっている人たちが多いのです。

ですが骨盤矯正について正しい知識がない人が施術をおこなえば思うような結果が出ることもありませんし、そういった骨盤矯正に通いなかなか効果がでない=骨盤矯正の意味がないと考えてしまう人も多いのです。ようは骨盤矯正について正しい知識を持っているところで施術を受けることが大切です。骨盤矯正ができるところならどこでもいいのではなく、本物の施術をしてくれる人の場所で受けることがなによりも大切なのです。

骨盤矯正は本当に必要?

さて、そうなると気になるのは骨盤矯正は本当に必要なものなのかどうかということではないでしょうか?それはあなたの状態によっても変わってきます。

例えばあなたが長年悩んでいる不調があり医者にかかっているとします。通っても良くなることもなく一進一退の繰り返しなのだとしたら、骨盤矯正を受けてみてもいいと思います。そのまま通っていてもなにも結果を得られない場合もあります。

また、ダイエットをしているのに思うように痩せない、下半身太りが気になる、他は痩せているのに下っ腹がでていてスタイルが悪く見えるなどの症状に悩んでいたとします。骨盤の歪みがあるとどんなにダイエットをしても効果を実感できないばかりか、そのうちモチベーションが下がってしまいダイエットを諦めてしまう人もいるかもしれません。

骨盤矯正に関して必要かどうかはようはあなた次第ということです。いろいろ試してみたけど改善しないので諦めていたところ思いきって骨盤矯正に来たら一気に症状が改善した、ダイエットに成功したという人もいます。こういった場合はその原因が骨盤にあったのだとわかります。全員が骨盤に原因があるとはいいきれないのですが、なにか不調に悩んでいる人は一度骨盤矯正を受けてみてもいいと思います。それで症状が改善したら御の字です。

実際におこなってみないと骨盤が原因となっているのかはプロでも判断するのがとても難しいものなのです。

悩んでいるのであればぜひ骨盤矯正に挑戦してみてくださいね。後になって骨盤矯正をやっておけば良かったと思っても意味がありません。骨盤矯正をはじめるタイミングは年齢などとは関係なく、「やってみたい」と思った今この瞬間からチャレンジすることが大切なのです。骨盤矯正が痛いから怖いなどと心配な人は施術前に「痛いのは苦手です」と伝えておけば無理な施術をする人はいません。最初に症状を含めた丁寧なカウンセリングがありますのでまずは脚を運んでみて骨盤矯正の良さを感じることからスタートしてみましょう。

骨盤矯正グッズは本当に効果があるの?

骨盤矯正

骨盤矯正には専用のグッズを使っておこなう場合もあります。あくまでも補助的な役割になりますが骨盤のようにすぐには正しい位置に戻らず何度でも繰り返してしまう人の場合にはとても効果を発揮するのでとても効果的です。代表的な骨盤矯正グッズを紹介しますので毎日の骨盤矯正のおともとしてぜひとも取り入れてみてくださいね。

骨盤矯正ガードル

履いて使うタイプのもので下着メーカーをはじめDHCなど各社でガードルが出ています。収縮性が強いものや、履いていても楽に使えるものなどさまざまですが骨盤の歪みやお腹のたるみなどにも効果を発揮しますし、コルセットがわりにして使う人もいます。色もたくさんありますので好みの色で選んでみてくださいね。

骨盤矯正ベルト

トコちゃんベルトなどが有名です。骨盤に直接巻きつけて骨盤の広がりを調整するものと装着しているだけで骨盤の歪みを整えてくれるものなどもあり、さまざまな利用用途で使えます。洋服の下に仕えるので場所を選ばずに使えるのもメリットです。女性の腰痛対策や産前産後の骨盤に使う人が多くいろいろな種類があります。

骨盤矯正クッション/椅子

骨盤矯正クッションや椅子はここ数年よく見かけるようになりましたね。椅子に座る時に座布団のように敷いて使うもので座っている時の姿勢を整えて骨盤の歪みを予防したり、調整してくれる効果があります。座っているだけで効果がある手軽さもありデスクワークの人を中心に利用者も多く男性女性問わずに人気があります。慣れるまでは座りにくさを感じることもあるかもしれませんがとても効果的なのでおすすめです。

代表的な骨盤矯正グッズにはこのようなものがあります。どれもとても優れているものですがあうものあわないものがあるので試しながら使ってみるといいのではないでしょうか。

骨盤矯正をするにはどうしたらいい?

骨盤歪み

骨盤矯正をするにはどうしたらいいのでしょうか?

一般的には整体や整骨院、病院などで骨盤矯正を受ける人が多いと思います。実際に今通っているところにメニューがあるのなら、気軽に挑戦もしやすいですよね。

また、最寄りの整体や整骨院にいって新規で治療をするのもおすすめです。一度通うと勧誘されそうで心配、スタッフとの相性が悪かったらどうしようなど最初は不安に感じることも多いかもしれません。

ですが、骨盤矯正に訪れている以上お客様ですので不快に感じれば迷わず伝えていいですし、一度通ったからといって何度も通わなくてはいけない確約はありませんので安心してくださいね。

骨盤矯正は1回目で効果があるものではありません。そのため、骨盤矯正はここでお願いしたいと思えるところに出会ってから通い始めても遅くはありません。気持ちよく安心して通えることが1番です。そのためには口コミなどを調べて骨盤矯正に本当に効果的な場所を探してみてくださいね。

また骨盤矯正は自宅で簡単に行える「骨盤矯正ストレッチ」もあります。

整体や整骨院に通いたいけど時間もなければお金に余裕もない、でも骨盤の歪みをなんとかしたいと思っている人にもおすすめです。1日数回から5分の時間もあればできるものも多く、忙しいあなたでも負担に感じることがありません。

しかも運動不足の人でも挑戦しやすいように初心者向けの者からありますので、まずはこちらに挑戦してみてもいいかもしれませんね。ただし、あなたの今の状態をみたストレッチではないので痛みを感じたり不快感があるときはすぐに中断するのをおすすめします。

骨盤の歪みだと思っていたら全く別のことが原因の場合もあります。また怪我をしたばかりの人もおすすめしません。かかりつけの医師に相談の上で、おこなうようにしてくださいね。自己判断でおこなうのが一番危険ですし、骨盤や症状を悪化させてしまうこともあるのを忘れないようにしてくださいね。

骨盤矯正の注意とは?

骨盤体操 簡単

骨盤矯正というと専門的なものだというイメージも多く、行えばすぐに効果のある即効性があるものだと思ってしまう人もいるのですが、前述でも述べ通りすぐに効果がでることはありません。

骨盤の歪みがでてしまうのは今にはじまったことではありませんよね。大抵が長年の時間をかけてあなたの生活習慣や癖が原因となり骨盤の歪みがおきているのです。それを数十分の施術で直る方がすごいと思いませんか?骨盤矯正は少しずつ時間をかけて骨盤を正しい位置に戻すための施術です。

そのため、期待しすぎてしまうとすぐに結果が出ないことに対して嫌になってしまう人もいるでしょう。骨盤矯正の目的をはき違えることがないようにしないと骨盤矯正の効果がないと勘違いしてしまいだんだんといい状態になっているのに途中で通わなくなったりして、意味が無くなってしまうのです。日頃から骨盤について意識を向けられることが一番なのですが仕事が忙しくそんなこともいってられないという人も多いでしょう。骨盤矯正に通うことでそういった体の不調とも向き合う時間だと思えることも大切です。

また、自宅でできる骨盤矯正ストレッチに関しても継続することが何よりも大切です。だからといって生理中の体調の悪い時に無理する必要はありません。体調の悪い時は無理をしないことも継続するためにはとても大切なことです。体調の良い時に毎日少ない数でも、回数にむらがあってもいいので継続することが大切です。骨盤矯正ストレッチで大切なことはなによりも続けることになりますので、なるべくモチベーションを保てるように頑張りましょうね。継続できたらご褒美といったように楽しく続けられたらいいのではないでしょうか。

また、骨盤矯正ストレッチの継続する目安として3ヶ月~半年ぐらいの時間をみるのがベストです。少しずつでも体が変化していくのを実感できますし、骨盤のまわりの筋肉も整い体調がよくなるのを実感できるはずです。少しでも体調に違いがでてくれば続けるモチベーションにも繋がりますよね。骨盤矯正ストレッチは自分のペースで継続していきましょう。

骨盤矯正後の注意点

骨盤体操 下半身

骨盤矯正後の注意点として少しでも早く効果を実感するためには、日々の生活の見直しをおこなうことも重要です。骨盤矯正でせっかく正しい位置に戻っているのに、骨盤を歪ませるような姿勢や癖をそのままにしてしまうと、骨盤の歪みが治るのに時間がかかってしまいます。ただしい位置に戻ろうとしているのにその骨盤の位置を歪ませるようなことをするのはいいことではありませんよね。整体や整骨院でプロの施術を受けていたって確かな効果を得ることはなかなか難しくなってしまうはずです。

骨盤矯正に通っているから大丈夫ではなく、今が骨盤の位置を正すためのチャンスだと思って一緒に見直していきましょう。例えば片足に重心をかけて立っていませんか?バックを片方の肩で持ったり、足を組むなど意識して直していかないと止めることはなかなか難しいものです。大抵が無意識に行なっている人がほとんどのはずです。無意識でおこなっていることが健康や美容に悪いことでは意味がありませんよね。

これができる人とできない人では効果に大きな差がでてしまうことになりますので、十分に注意してくださいね。骨盤の歪みを正すためには本人の努力も必要です。誰だって骨盤の歪みを治して一日でも早く体調の変化を実感できることにこしたことはないはずです。

また、わからない点があれば骨盤矯正の時にご相談ください。あなたにあった骨盤の見直し方を教えます。実際にセルフで行っている場合と違うのはあなたの骨盤の状態にあった骨盤矯正を提案できることにあります。骨盤の歪みは人それぞれが違うように骨盤矯正の内容だって全員が同じものではないのです。こういった判断ができるのは日々骨盤の歪みに向き合っている整体や整骨院ならではだといえるのではないでしょうか。

骨盤矯正のまとめ

骨盤矯正ダイエット

骨盤矯正とは生活習慣や癖により歪んでしまった骨盤を正すためにとても必要なことであること、骨盤矯正をおこなうことで健康や美容にもとても効果的であることもわかっていただけたと思います。体の中心にありながらあまりクローズアップすることのない骨盤ですが、内臓や生殖器を守るだけではないさまざまなメリットがあり、健康を守っています。

骨盤の歪みの原因に該当するものがあるかも!?と感じている人は、一度骨盤矯正をうけてみるのをおすすめします。自分では気付きにくいものだからこそ、骨盤の専門家の知識をかりて骨盤の歪みについて一度見直してみてくださいね。特に男性よりも女性の方が骨盤は重要ですので、いつでも正しい状態に保てるように工夫してみてくださいね。

もちろん骨盤矯正ストレッチもおすすめですので空いた時間に今日から試してみてくださいね。最初はなれるまでは大変かもしれませんが次第に気持ち良さも感じるようになりますし、毎日の日課になるはずです。テレビを観ている時間でもいつでもできるとても便利なものですよ。

骨盤矯正は気になった時がスタートラインです。年齢なども関係ありませんのでまずははじめてみること、また継続することで確かな効果を得られるはずです。骨盤矯正が気になっている方はぜひ脚を運ぶことからスタートしてみてくださいね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*