ヒーローズスキル

ヒーローズスキル(HEROSKILL)とは、プロランニングトレーナー近藤裕彰の走り方メソッドです。プロ選手~小学生まで、実際の指導を受けることができます。

骨盤矯正を行い、肩こりを完治させる方法

骨盤矯正を行い、肩こりを完治させる方法

体の不調の原因として「肩こり」に悩む人が増えています。

特に現代人は、PCやスマホなどの電子機器が生活のなかでも当たり前になったことで長年の「慢性化した肩こり」に悩む人が多いのです。たかが「肩こり」だとそのままにしてしまうと、それが原因となり、頭痛などの不調を引き起こすこともあるのです。

そんな「肩こり」の原因が実は「骨盤の歪み」と深い関係性があるとされています。

なぜ、「骨盤の歪み」と「肩こり」に関係性があるのかご説明していきますので長年の「肩こり」に悩んでいる人は、まずはあなたの生活から見直してみてくださいね。

日本人は「肩こり」に悩む人が多い

骨盤矯正 肩こり

肩こりはもともと日本人に多い症状の一つだとされています。

というのも、人間の頭の重さは5キロ~6キロもあると言われており、その頭を支えているのが首と肩になるのですから、負担がかからない訳がありませんよね。しかも、日本人の場合、骨格的に頭が大きい人が多く体は細身の人が多い人種になるので、日常生活を送っているだけでも相当な負担が首と肩にかかっているのです。

その為、肩こりは「国民病」とも言われる症状の一つになります。確かにドラックストアやバラエティショップなどでも肩こりを改善させるようなグッズはたくさん見かけますよね。

男性よりも女性の方が肩こりについて悩む人が多く、その違いは「筋肉量の多さ」によって出ているとされています。最初は軽度の肩こりだったものが慢性化し、長年の肩こりの原因となってしまうのです。

「肩こり」の原因となっているのはどんなこと?

骨盤矯正 肩こり

肩こりの原因となるものは日々の生活のなかにたくさんあります。

まずは肩こりの原因となるものを知り、見直すことが大切です。

①姿勢

肩こりの原因の多くが姿勢によるものです。PCやスマホなどの電子機器を使う時に、長時間同じ姿勢のままで作業をしてしまうことが多く、首から肩の筋肉が緊張してしまい、知らず知らずのうちに疲労が蓄積してしまいます。首を少し前に出した姿勢を無意識にとってしまう人も多く、「ストレートネック」との原因ともなっています。

疲労の蓄積は血流の滞りや肩こりの原因を引き起こします。その為、PCやスマホを使う時間を決め、30分に1回は休憩を入れるようにしましょう。同じ姿勢を続けてしまい肩のこりを感じた時には、腕を頭の上に伸ばしてみたり、肩甲骨の辺りを意識しながら肩を回すようにしましょう。ゴリゴリとした音が鳴ることもあり、これが慢性化した肩こりの原因となっているものです。

②眼精疲労

こちらもPCやスマホなどの画面を長時間見ることで、目の周りの筋肉が固まり緊張状態になってしまいます。さらに眼精疲労は目だけではなく首や肩などのこりの原因にもなります。

長時間画面を見続けることで本来なら無意識のうちに行われている瞬きの回数が少なくなり目の乾燥を引き起こすことで「ドライアイ」の原因にもなります。「ドライアイ」になると肩こりの原因にもなりますので、長時間の作業はどれだけ目に負担になっているのかがわかるでしょう。

その為、作業の途中で目を休ませたり温めてあげるなどの休息時間を取ることも重要です。眼精疲労をそのままにしてしまうと目の奥がゴロゴロしたり疲れが出てしまう原因となり、そのままの状態を放置すると目の奥に痛みを感じるようになります。たかが眼精疲労と思わずに休息を入れるようにしてくださいね。

③運動不足

肩こりを起こしやすい人は日頃から運動不足になっている可能性があります。本来体の筋肉が血液を体に循環させるようなポンプのような役割をしています。それが筋肉量が少ないと滞りやすくなり新鮮な酸素や栄養が体を循環しなくなってしまうのです。

その結果、血液のなかがドロドロになってしまい、疲労物質が溜まりやすい体になります。

無理な運動を取り入れるのではなく、運動不足による血液循環の滞りを改善することが大切なので、日々の生活にストレッチを取り入れたり運動したりして無理なく体をほぐせるようにすることが大切です。

運動不足は気持ちの不安定さも引き起こすことになり、ストレスなどの現況になることもありますので、運動は少しずつでも取り入れるようにしていきましょうね。

ここにあげた3つの原因は、いずれも肩こりを引き起こすものとなります。

私たちの生活に知らず知らずのうちにこの悪い習慣を取り入れてしまっていることもあるので、上手に改善できるようにしていきましょう。

「肩こり」と骨盤の歪みにはどんな関係があるのか知りたい

骨盤矯正 肩こり

冒頭でもお伝えしましたが、「骨盤の歪み」が原因となり「肩こり」が起こる場合があります。肩こりがひどくマッサージやストレッチなどを取り入れても全く改善されないと悩んでいる人はいませんか。そんなあなたは「骨盤の歪み」を疑って見たほうがいいかもしれません。

全く別の場所にある骨盤と肩にどんな関係性があるの?と疑問に思われる方もいるでしょう。慢性的な肩こりに悩んでいる人はこの2つの関係性を知らないと肩こりの根本的な解決には繋がりません。

多くの人は骨盤の歪みよりも、背骨の歪みを気にしている人が多いのではないでしょうか。姿勢が悪かったり、昔から背筋はきちんとしなさいと教育されてきましたよね。その背骨というのはその土台となる部分に骨盤があります。骨盤の真ん中には「仙骨」と呼ばれる骨があり、関節を通して骨盤と背骨が繋がっているのです。

その為、骨盤の歪みが起こる→背骨が曲がる→筋肉にコリが生じる→肩こりが起きるといった結果になり、骨盤の歪みが肩こりの原因を作り出してしまうのです。骨盤の歪みというとそのすごい歪みをイメージしてしまう人もいるかもしれませんが、実際に歪みがあるのは0.数ミリ程度から大きくても1センチだと言われ、たったこれだけの少しの歪みが体の不調に繋がっているのです。

では、実際に自分の骨盤や背骨が歪んでいるのかどうか調べてみましょう。

簡単な方法があるので、あなたも気軽に試してみてくださいね。

  1. 壁の前に立ち、背中を壁にくっつけます
  2. 頭・背中・お尻・かかとの4つを意識して壁にくっつけた時に、壁の腰の辺りに手がピッタリと入るような状態であればあなたの骨盤や背骨に歪みはありません。

逆に大きな隙間や、壁につかない場合は歪みが出ている可能性があります。

実際に試してみてあなたはどうでしたか?

骨盤や背骨に歪みがある場合、そのままにしてしまうと長年続いている肩こりは直りません。まずはこの歪みを取ることが重要です。

「肩こり」を改善させる為に、骨盤や背骨の歪みはどうしたらいいの?

骨盤矯正 肩こり

辛い肩こりを改善させる為にも、骨盤や背骨の歪みを解決させることが大切です。

いずれかの位置が戻っただけでは意味がなく、両方は深い繋がりがありますので、正しい位置に戻してあげることが重要です。

骨盤や背骨の歪みを直す為には、根本から見直すこと

歪みがあることはわかったけど、実際どんな風に歪んでいて体の状態はどんなものなのか自分で判断するのは簡単なことではありません。長年肩こりで悩んでいるのであれば、まずは整体や整骨院などで、体の状態を知ることからはじめてみましょう。

何事も改善させる為には今の状況を知ること

長年の肩こりで悩んでいること、普段の生活習慣、骨盤や背骨に歪みがあるのでは?といったような内容を相談やカウンセリングの時に伝えて頂けると、あなたの症状や改善方法、自宅でできる「骨盤矯正ストレッチ」などの方法もお伝えできますので、特に気になる症状などがあれば、まずは相談してみてくださいね。

骨盤や背骨の歪みを治して「肩こり」を改善させる「骨盤矯正ストレッチ」

骨盤矯正 肩こりv

自宅でできる歪みを直す「骨盤矯正ストレッチ」はたくさんありますので、毎日の生活に少しずつ取り入れ緊張状態になりこり固まった筋肉を解してあげることが重要です。

また、動かすと痛みを感じる場合は、いくらストレッチが骨盤の歪みに効果があるといっても無理に動かしてしまうと傷めてしまう可能性がありますので、自分の体と相談しながら少しずつ取り入れるようにしていきましょう。

「骨盤矯正ストレッチ」のポイント

「骨盤矯正ストレッチ」のポイントは、背骨が曲がってしまわないように意識することが大切です。背骨を曲げてしまうと効果が薄くなってしまうので、自宅に全身鏡などがあれば、自分の今の状態を確認しながらストレッチを行うようにしましょう。

まずは体を解すことからはじめていきましょう。

  1. その場であぐらをかくように床に座ります。
  2. 両足の裏をくっつけます
  3. 背中を伸ばしたまま両手を前に出し床に付けましょう、
  4. ゆっくりと息をつきながら体を前に倒していきます。

この時に腰が伸びているのを感じながら約15秒キープをします。

決して無理に伸ばし過ぎないように注意してくださいね。このストレッチをまずは3セット行うようにしましょう。

普段は伸ばさない筋肉や筋が伸びるので気持ちよさも感じられるはずです。

さて体が解れたところでさらにストレッチを継続していきましょう。

①床に座り両足を開きましょう。

この時開けない人は片足を折り曲げ、反対の足だけを伸ばすのもOKです。

②足の裏に向かって体を倒し足の指に、手が届くようなイメージで伸ばします。

右をやったら次は左といったように両方で行います。

③今度は前に体を倒し胸が床につくのをイメージして伸ばしていきましょう。

最初は体も固まっているのでほとんど倒せないかもしれませんが、継続していくと徐々に柔らかくなってくるはずです。この時に背骨を曲げたり、膝が浮いてしまうことがないように注意してくださいね。

肩こりと骨盤の歪みには親密な関係があります。整骨院や整体に通いながら自宅での「骨盤矯正ストレッチ」などを上手に取り入れることで骨盤や背骨の歪みを改善し、あなたの長年の肩こりも解消されること間違いないでしょう。

骨盤矯正とエクササイズに関してはこちらにまとめがあります。

骨盤矯正エクササイズでカラダをすぐ変える!

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)