運動が苦手な人必見!寝ながらくびれを作る方法

運動が苦手な人必見!寝ながらくびれを作る方法

くびれを作る為にハードな運動をするよりも、楽しく無理なくしかも“寝ながら”運動する方法があるとしたら知りたくありませんか?

くびれは女性の憧れでもありますが無理な運動はしたくない人もいるはずです。大切なことは「運動を継続すること」にありますので、寝ながらでも効果的な運動法なら夏までに理想的なくびれを手に入れることができるのです。




寝てても腹斜筋を鍛えられればくびれば作れる

くびれを作る運動法は寝ていているから効果が少ないとか、立っているから効果があるなどの状態によってその違いがあるわけではありません。

ウエストを引き締めてくびれを作るのは腹斜筋によるものです。お腹に対して斜めに走っている筋肉になり「外腹斜筋」と「内腹斜筋」の2種類に分類されます。外腹斜筋は鋤骨から骨盤に向かって繋がっている筋肉になり、骨盤を正しい位置で固定させ内蔵を支える大切な役割をしています。

この筋肉が衰えてしまうと内臓の位置が下がってしまい、ぽっこりお腹や脂肪がつきやすくなってしまいます。内腹斜筋はその内側にあり骨盤から助骨にかけて伸びている筋肉で、体の中心となる体幹を維持する筋肉です。

日常生活のなかではこの腹斜筋を使ったひねりの動きが少ないので、運動不足や加齢に伴い筋肉が衰えてしまい、くびれができにくくなってしまうのです。寝ている運動方法でもこの腹斜筋を鍛えることができればくびれを作ることはできます。

関連記事:くびれ美人になるコツはここにあった!

関連記事:くびれは無理なダイエットでは作れない!その理由とは

寝ながらできる運動方法をご紹介

自宅で簡単寝ながらできるくびれを作る運動方法を紹介します。朝起きた時のちょっとした運動や、夜寝る前の運動として気軽に挑戦できるものばかりです。運動を日頃からしていない人にこそ寝ながらできる運動がおすすめです。

(1)寝ながら簡単ストレッチ①

  1. まずはうつ伏せで寝転がります
  2. 腕の力を使って上半身を少しずつ起こしていきましょう。
  3. 心地よいと感じるところでそのままの状態を5秒キープします
  4. 体を右にひねって5秒キープ
  5. 今度は反対側の左にひねって5秒キープ
  6. ここまで終わったら最初のうつ伏せの状態に戻ります

とても簡単なストレッチだと思いませんか。ダイエット目的だとしたら消費カロリーも少ないのであまり効果は感じられないかもしれませんが、くびれの場合はひねりの動きが大切なのでこんなに簡単なストレッチでもくびれに効果があるのです。

(2)寝ながら簡単ストレッチ②

  1. まずは仰向けに寝て両手は力を抜いて広げます
  2. 両足をそろえたままゆっくりと上に上げていきましょう
  3. 次にそのままゆっくりと右に倒していき、床につくかつかないかぐらいの位置で止めます。一度足を真ん中に戻して今度は左側も同様に行います。

このストレッチのポイントは運動している間に呼吸をとめないで行うことです。慣れるまではひねりの動きが少し大変かもしれません。無理に曲げるのはおすすめしませんが、慣れてきたら徐々に回数を増やすようにっしていきましょう。

(3)寝ながら簡単ストレッチ③

  1. まずはうつ伏せになります
  2. 右足を床から離して膝が曲がらない高さまで上げていきましょう。足はまっすぐの状態を意識するのがポイントです。
  3. 左側の膝を床につけたままの状態で膝を曲げて左足の裏を右脛に付けるようなイメージでキープします。右側の足はそのまま後ろに伸ばして左側の足で支えます。
  4. この状態でもっと上にあげられる人はあげてもいいのですが、最初は無理のない範囲であげるようにして筋肉を傷める原因となってしまいます
  5. そのまま数回呼吸をしたら、元の姿勢に戻って反対側の足も同様の動きを行いましょう。足だけを上に上げるのではなくみぞおち辺りから動かすのがポイントです。

最初に紹介した2つのストレッチよりも少し難しく感じるかもしれません。足を伸ばした時に心地よさが感じられる場所でストレッチを行うようにしましょう。

関連記事:くびれを作るには助骨にヒントが?その為のポイントは?

関連記事:くびれがなかなかできない…その原因は骨格かも?

寝ながらくびれを作る骨盤サポートも

くびれを作るストレッチ方法を紹介しましたが、これと同時に着たまま寝るとくびれができる夢のようなアイテム“骨盤サポート”もあります。骨盤の位置をサポートしてウエストを引き締め、くびれを作る効果がありとにかく手軽にできるのがポイントです。その反面締めつけ感が苦手な人にはおすすめしません。くびれを作る為のストレッチと一緒に取り入れてみてもいいかもしれません。

くびれを作る為にハードな運動は必要なく寝ながらだって少しずつですがウエストが引き締まってくびれができるのを実感できるはずです。最初は少ない回数から1日1分でもやらないよりはやった方がくびれの為になります。

ちょっとずつ運動を継続すれば夏までに理想的なくびれを作るのも実現できるはずです。朝のちょっとした時間や寝る前なら時間の調整もできますよね。なりたいウエストのイメージをしながらストレッチで体を動かすだけでリラックス効果もあり安眠にも繋がります。あなたも寝ながらストレッチを試してみてくださいね。

 



(最終更新:2018年6月17日)