くびれを手に入れるために腹筋は効果がないの?

くびれを手に入れるために腹筋は効果がないの?

美しいくびれを手に入れるために、毎日腹筋をして必死に努力している人もいるのではないでしょうか。“美は一日にしてならず”ともいいますが、どんなに腹筋をしてもなかなか効果がなくてちょっと諦め気味になってしまうこともあるでしょう。

実はくびれを手に入れる為に、腹筋をがんばったとしてもほとんど効果はありません。くびれを手に入れるためには実は腹筋では鍛えられない筋肉を鍛える必要があるのです。



くびれの為に必要な筋肉とは?

くびれを手に入れる為には「腹直筋」「腹横筋」「腹斜筋」この3つの筋肉を効率よく鍛える必要があります。腹筋で鍛えられるのは腹直筋です。これはお腹にたるみがある人にとって鍛えることで確かな効果を実感できるのですが、くびれはお腹の横がきゅっと引き締まっている必要があります。

お腹の横を引き締めるのは筋繊維が集まり横に走っている腹横筋は助骨から骨盤にかけて斜め方向に繋がっている腹直筋を鍛える必要があります。この2つの筋肉がコルセットのような役割をして引き締まったウエストを手に入れることができるのです。その為、腹筋をがんばってもウエストに必要な筋肉を鍛えることはできません。

他にも骨盤の側方や後方から見た時に最も上に位置している「中殿筋」を鍛えることで、お尻がきゅっと上がって見えてウエストとの差ができるので、くびれがより美しく見えるようになります。またウエストのカーブを美しく見せる「大殿筋」など、これらの筋肉が合わさることによってくびれに高い効果を発揮するのです。

関連記事:くびれは無理なダイエットでは作れない!その理由とは

関連記事:美しいくびれを手に入れる為には筋トレが鍵

そもそも腹筋とは?

そもそも腹筋とはどんなものなのか気になりますよね。腹筋とは腹直筋のことをいい俗にシックスパックと呼ばれる場所です。実はほとんどの人が6つに割れているのですが、腹直筋に余計な脂肪があると十分に発達することができなくなってしまいます。腹筋を鍛える為には適度に脂肪を落として腹直筋を発達させることが大切です。腹筋が引き締まると美しいラインを作り上げることができます。

くびれに腹筋は必要ないの?

ではくびれを作る為に腹筋は必要ないのか?と思ってしまうかもしれません。腹筋は効果的な呼吸法と合わせることによって、くびれを作る効果を得ることに繋がります。くびれに必要な腹横筋は呼吸をする時に息を吐くサポートをしてくれる役割も担っています。

腹筋をしながら呼吸を深く・強くすることで腹横筋に力が入っているのを実感できるはずです。ただ腹筋の運動をしているだけでは意味がありませんが、呼吸法と合わせることによってくびれに高い効果を発揮できるのです。こちらの記事「くびれ美人になるコツはここにあった!」でもくびれについてご説明しています。

腹筋+呼吸でくびれに効果的なトレーニングを紹介

ではどんな腹筋をしたらくびれに効果を発揮してくれるのでしょうか。初心者でも挑戦しやすい腹筋をご紹介します。ただし日頃から運動不足の人がはりきって無理に運動したり、間違えた方法を続けてしまうと他の筋肉に負担がかかってしまうこともあります。あくまでも無理なく継続して行うことで、筋肉を正しく付けることができますので、まずは試してみてくださいね。

(1)      ヒップリフト

  1. まずは仰向けになります。
  2. 膝を立てて足を腰幅に開きましょう
  3. 大きく呼吸をしながらお腹の下から空気を絞り出し、腹筋の筋肉を収縮させお尻を軽く持ち上げます。そのままお尻からクビにかけてゆっくりと持ち上げていき、体幹が一直線になったのを確認しましょう。
  4. その状態を維持して、息を吐きながらもとの姿勢に戻ります。
  5. この運動を5セット程度繰り返しましょう。

呼吸を常に意識しながら行うのがおすすめです。最初は難しく感じるかもしれませんが慣れてくると呼吸も楽になってきますので、徐々に試してみてくださいね。

(2)      ツイストクランチ

  1. まずは仰向けになります。
  2. 頭の後ろに手を置いて、頭と足を持ち上げていきましょう
  3. 息を大きく吸って吐き、肘と膝をくっつけるように引き寄せます
  4. 引き寄せた上体から今度は反対側も同様の運動を行います。
  5. これを各10回ずつ繰り返すようにしましょう。

最初は肘と膝をくっつけるのが難しいので少しずつ体をほぐすようにしましょう。少ない回数から、慣れてきたら回数を増やすようにするのがおすすめです。

できるなら両方の腹筋を毎日継続してできるようにしましょう。徐々にお腹周りが引き締まるのを実感できるはずです。筋肉に意識を傾けながら行うとより高い効果が実感できます。ただし少しでも痛みを感じたら無理に行わず医師の診察を受けるようにしましょう。

くびれを手に入れる為にはただ腹筋の数をこなせばいいのではありません。腹筋を正しいやり方で行うのはもちろん、腹筋をする時に呼吸法と合わせることでくびれに必要な腹直筋だけでなく腹横筋や腹斜筋も合わせて鍛えることができます。呼吸法を整え習得することはくびれだけでなくさまざまな健康や美容効果を発揮しますので、少ない回数でもいいので続けるようにしましょう。