骨盤矯正は本当に不妊対策に効果があるのか?

骨盤矯正は本当に不妊対策に効果があるのか?

不妊症で悩んでいる男性・女性は意外と多いものです。特に晩婚化が進んでいる現代は不妊症とわかり年齢が間にあわない結果で出産を諦める結果になってしまう人もいます。

不妊症の原因はさまざまですが、元気な赤ちゃんを授かるための健康づくりとして骨盤矯正を取り入れる方も増えています。それは骨盤の歪みを正すことが健康を保つためにいかに重要なことか認識している人が多いということでもありますね。

ではなぜ、骨盤の歪みが不妊の原因の一つになるといわれているのでしょうか。

不妊と骨盤の関係性や原因、対策などを説明いたします。

タイミングはあっているのに妊娠しにくいと感じている方、もしかしたら骨盤の歪みが原因となっているかもしれません。

 

骨盤の歪みが原因で子宮内の状態が悪くなる!?

不妊症と骨盤の歪みの関係については諸説ありますが、骨盤の歪みによって妊娠するために必要な受精を妨げてしまうことが原因の一つだといわれています。

本来、妊娠するために重要な役割をする、赤ちゃんのベッドになる子宮は骨盤内の靭帯の力によって正常な位置に保たれています。

骨盤の歪みは怖い

生理前の時期になると女性の体は、赤ちゃんを作りやすくなるように子宮内膜をあつくして妊娠の準備をはじめます。でも骨盤の歪みがおきていると受精卵をうけとりするはずの子宮が引っ張られてしまい、子宮が引き伸ばされてしまいます。

妊娠するために受精に必要な精子が受精卵までこぎつけたとしても、これでは妊娠に必要な着床ができなくなってしまいます。

さらに骨盤の歪みが子宮の位置を悪くしてしまうので、子宮内でとどまることが難しくなってしまうのです。骨盤の歪みが原因となり着床しにくい環境を作り出してしまうのです。

これでは体は健康でも思うように妊娠ができなくなってしまいます。

年齢によっても異なりますが、通常の場合でも妊娠できるのは30%の確率だといわれています。これだけの%でしか受精することはできないので、こういった妊娠しにくい障害が多ければ多いほど不妊症のリスクが高まってしまうのです。

自分に骨盤の歪みがあることに気付けない人が多いので、不妊症だと診断で出てから骨盤矯正に通う方も多く妊娠するまでに時間がかかってしまったり、妊娠しずらい体を自分で作り出してしまうことになるのです。

あなたの骨盤は歪んでいるかも⁈骨盤の歪みをチェックする方法

骨盤矯正で便秘の悩み解決しちゃうかも⁈

骨盤に歪みがあるとどんな症状がでるの?

骨盤の歪みが原因で血流が悪くなり不妊症になりやすくなる!?

骨盤矯正 不妊

骨盤の歪みが原因となり血流が悪くなることで、不妊症になってしまう人もいます。血流が悪くなると女性の生殖器にはなにもいい影響を与えません。

血流が悪くなることで女性ホルモンの分泌が悪くなってしまい、脳への司令が正しく伝わらなくなります。その結果、通常よりも体が冷えやすくなることや、女性特有の子宮や卵巣などの疾患の原因を作り出すともいわれています。

リスクがあるのは?

特に長時間椅子に座っている立ちっぱなしなど血流が滞りやすい環境は、子宮内膜症のリスクもあがります。子宮内膜症や卵巣嚢腫などの疾患は妊娠しにくい子宮環境を作り出してしまうので、それだけ不妊症のリスクは高まります。

昔よりもこういった疾患にかかる女性は増えているので、不正出血などのいつもと違う症状がある時は早めに病院にかかるようにしましょう。

また骨盤矯正などをおこなうことでこういった症状にかかりにくい体を作り出してあげることも大切です。




 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロの指導者として、活動しておりますが、自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方のために、少しでも当ブログを通じてお役に立てたらと思います。
私は、本気で何かを変えたいと願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
どうしてもお困りのことがあれば、全力でサポートしますので、お声かけください。
どんな小さな願いでもまずはご相談ください。
1回:12000円(税抜) 指導場所:ヒーローズスキルスタジオ
自分を変えたい本気の方へ