トレーナーが教える正しいヒップアップエクササイズとは⁈

トレーナーが教える正しいヒップアップエクササイズとは⁈

いつまでも若々しい美しいヒップを保つ為に、ヒップアップ効果のあるエクササイズを取り入れたいと思っている女性もいるのではないでしょうか。とはいっても仕事や私生活で忙しく、なかなか毎日のエクササイズを継続する時間が取れないという人は多いものです。

 

できるだけ短い時間で、無理なく正しいヒップアップ効果のあるエクササイズを行なう為には、どんなポイントに注意したらいいのでしょうか。いつまでも自信のある後ろ姿を手に入れるためにもとても重要なヒップアップについて説明しますので、できることから無理なく継続することからはじめてみましょう。

ヒップアップの悩みとは

年齢を重ねるとどうしても気になるのがヒップアップではないでしょうか。前からみると若いのに後ろから見ると象のような平たいヒップになってしまい、どんなに若々しいファッションをしても年齢を隠しきれない、後ろ姿が恥ずかしいと感じてしまうことも。10代の頃はいつでもキュッと上がったラインがキレイなヒップをしていたはずなのに、年齢を重ねるとどうしてもヒップ年齢は隠しきれなくなります。特に女性の場合は妊娠・出産をすることで骨盤の歪みが起き、ヒップが大きくなり垂れてしまうこともあります。痩せている・太っているなど関係なく起きるヒップの変化に悩んでいる女性は多いのです。

 

ヒップアップを本気で目指すには

ヒップアップを本気で目指しいつまでもキレイなヒップを手に入れる為には、ヒップアップ効果が期待できるエクササイズをおすすめします。誰だって魅せるメリハリのある後ろ姿を手に入れたいと思いますよね。その為にはヒップの後ろにある「大殿筋」を鍛える必要があります。ただエクササイズを行なうのではなく、きちんと効果のあるものを選んで継続して行なうことがヒップアップの為には効果を発揮します。

 

正しいヒップアップのエクササイズって?

ヒップアップエクササイズ

美しいヒップの為に必要な「大殿筋」は年齢とともに筋肉量が減少してしまい、ハリのない平らなヒップになってしまいます。筋肉の衰えはヒップだけでなく骨盤の位置を歪めてしまい、下半身に余計な脂肪を蓄えてしまう原因にもなりかねないのです。正しいヒップアップのエクササイズを行うことで「大殿筋」を正しく機能させ、その周辺の骨盤等を正しい位置で固定することにより体全体の不調を正して、健康を保つことに繋がります。

 

他の体の筋肉と比較してもヒップの筋肉は日頃使うことが少ないので、意識的にエクササイズを行わないと若い頃の筋肉を保つことができません。正しい筋肉を付けることは代謝のアップにも繋がり、健康や美容にも効果がありますので、正しいヒップアップのエクササイズを取り入れることがなによりも重要です。

 

あなたのヒップの形を確認しましょう。

まずは自分の今の状態を知ることが重要です。気になるあなたのヒップの形がどれに該当するのか確認していきましょう。自分では後ろ姿が見えないので、意外と勘違いしていることもあるのです。その上で効果的なヒップアップのエクササイズを取り入れることが正しい効率的なエクササイズをする上でとても重要です。

 

垂れ尻

年齢を重ねた大人の女性に多いのが垂れ尻です。加齢や運動不足による筋肉の衰えによって起こりやすくなります。また、若い世代でも運動不足や歩き方などによってお尻が垂れてしまうこともあり、本来の年齢よりも老けて見られてしまいがちに。猫背の人に多く、セルライトなどお尻周りの血行不良を引き起こしている場合もあります。垂れ尻の場合は、下半身全体にも脂肪がつくのでスタイルが悪く見られてしまいます。

 

平尻

別名扁平尻ともいわれ、女性ならではのメリハリのあるお尻とは真逆の平で色気のないお尻です。女性に多い内股歩きが原因となっていることもあり、股関節の緩みや骨盤の歪みなどが原因で起きています。この平尻の場合は歩き方も直さないと結局何度も繰り返すことになりますし、骨盤が後ろに傾いているので立ち方などにも注意する必要があります。

 

四角尻

女性よりも男性のようなお尻というとイメージしやすいのでは?男性のようにゴツゴツしたお尻になっていて主に、骨盤や股関節の開きが原因となっています。その結果腰に脂肪がつきやすくなり、くびれができにくいこともあり四角い男性的なお尻に見えてしまうことがあるのです。このタイプは根本からしっかりと見直す必要があります。

 

出尻

一見若々しいように見える出尻は本来のお尻の位置よりも必要以上に突き出している状態のことをいいます。この出尻になる原因は女性に多い反り腰です。体型などに関わらずお腹が前に出てしまい骨盤が前傾している状態のことをいいます。お尻が後ろに突き出し前太ももに脂肪がついてしまった状態です。長時間パソコンをする人や意外と背筋がいい人などにも多いのがこのタイプです。

あなたのヒップの形別エクササイズ

ヒップアップエクササイズ

自分のヒップのタイプを知ったところで、今度は効果的なエクササイズの方法について学びましょう。忙しいあなたでも自宅でTVを見ながらできるものや、1日5分などの短い時間で効果を実感できるものばかりですので、無理なく続けたいあなたにおすすめのエクササイズばかりです。日頃から運動しない人でも是非挑戦してみてくださいね。

 

垂れ尻のためのエクササイズ

お尻にある「大殿筋」を鍛えることが垂れ尻を解消させる近道になります。

  1. まずは両足を立ったままで大きく開き、両手を合わせ頭の上で伸ばします。つま先は45℃を意識するのを忘れずにしてくださいね。
  2. 腰をゆっくりと落としながら約16秒掛けて手を落としていきます。次に8秒かけて元の位置に腕を上げていきます。これを3セット繰り返しましょう。

 

平尻のためのエクササイズ

「大殿筋」を鍛えること、骨盤の後傾をもとに戻すエクササイズがおすすめです。

  1. 顔を下に向けたままの状態で肘と膝を支えて右の足を後ろに伸ばします。
  2. そのままの状態で上に足を引き上げて、下に戻します。この動きを約10回繰り返します。
  3. 今度は足を上げたままの状態で小さく足を上下に動かします。こちらも10回行ないましょう。

 

四角尻のためのエクササイズ

骨盤や股関節周りを調整するようなエクササイズを取り入れることが大切です。

  1. ヨガマットや布団の上にまっすぐに足を伸ばして座ります。この時に上半身はできるだけ背筋が伸びた状態になるように意識します。腕は脇をしっかりとしめた状態で90℃を意識してランニングをするようなフォームで固定します。
  2. 左右の石理を使って前に進む「お尻歩き」をします。マットの端まで行ったら今度は戻ってきます。できるだけ最初の姿勢を崩さないように意識しながら行なうのがベスト。

 

出尻のためのエクササイズ

出尻の場合は前傾に倒れている骨盤の位置を正すことが大切です。

  1. まずは足を伸ばして座り右膝を立てます。まっすぐに伸ばしたままの左脚をまたいで右足を左脚の外側に移動させそのまま固定します。この時に猫背にならないように注意。
  2. お尻から右腿にかけての筋肉が伸びているのを確認し15秒この状態をキープしたら、反対側も同じように行ないます。目安として3セットできるようにしましょう。

 

ヒップアップのエクササイズはまずは自分のお尻がどれに該当するのか知った上で、効果的なエクササイズを取り入れることが重要です。もちろん1日で効果が出るものではなく、継続することで少しずつ変化が感じられますので是非試してみてくださいね。

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)