姿勢の悪い子供が増加中!今から姿勢矯正するメリットとは?

姿勢の悪い子供が増加中!今から姿勢矯正するメリットとは?

近年、姿勢の悪い子供が増えていると思いませんか?幼少期の姿勢が悪いと、大人になった時に猫背や反り腰、背骨の歪みなどが起こりやすくなります。また、集中力の欠如や成績の低下などの悪影響を及ぼす事もあります。当記事では、子供の姿勢矯正に関して詳しくまとめました。

子供の姿勢が悪い?

東京都内の小学校の養護教諭(保健室の先生)のアンケートで、およそ8割以上の子供が「姿勢が悪く、足の指が地面につかない浮足の症状がみられる」という回答がありました。

この「浮足」という状態は一体何なのでしょうか?

 

浮足とは?

人間は足裏全体で全体重を支えています。この足裏の箇所の内、「足の指先」に力が入らず、踵で重心をとっている姿勢を「浮足」と言います。この症状はここ数年で急激に増えた、子供の姿勢悪化が引き起こしていると考えられています。

実際に東京都の養護教諭が平成23年に全生徒の足裏測定を行った所、浮足の児童の割合が全生徒中81.7%になったそうです。平成2年にも同様の検査をしていたようですが、その際の浮足の割合は16.3%。20年程で64%もの児童の姿勢が悪化している事の裏付けとなりました。

また全生徒が一堂に会する「全校朝会」でも「浮足」の影響が出始めています。真っ直ぐ立っていられない子供たちが増え、片足に重心を置いたり、立ち姿でも猫背になっていたりする子供たちが増えているそうです。

平成2年と言えば、まだゆとり教育という言葉すら生まれていない時代です。例え体がきつくても全校集会では「きをつけ」の姿勢で臨むのが当たり前でした。しかし、現在の全校集会では、疲れたらその場に座ったりしても問題なしという学校が増えています。教育方針は時代の変化に伴い、毎年少しづつではありますが、確実に変化しています。全校朝会や授業を受ける姿勢に関しても注意したくても出来ないというのが現状です。

話がそれてしまいましたが、浮足が子供の姿勢にもたらす影響にはどんなものがあるでしょうか?

まず、浮足になると、足の前方(つま先部分)に力が入らなくなり、踵に重心を置いて立つようになります。

そして体全体のバランスを保つ為に、膝が曲がり、腰が落ちてしまいます。その状態で背中を伸ばすのは難しくなりますので、結果的に「猫背」になりやすくしてしまいます。

悪い姿勢では、強い力を発揮することができません。現代の子供は、姿勢から運動能力が下がっているともいえる内容です。

子供の猫背が及ぼす影響(デメリット)

子供が浮足の状態だと猫背になるというメカニズムはお分かり頂けたと思います。では子供にとって猫背とは、どのようなデメリットを持つのでしょうか?

肩こりや腰痛を発症しやすくなる。

長時間落ち着いて座る事が出来なくなる。

長時間同じ姿勢をとることが難しくなる事で集中力が途切れやすくなる。

以上のような悪影響が出てきます。また、子供の頃から猫背だと、骨や関節が柔らかい発展途上の体つきをしているのにかかわらず、「肩こり」や「腰痛」、「首が回らない」といった大人と同じような不調も起こりやすくなります。

大人の猫背は心の病気や脳の病気等を引き起こしますが、子供の場合、成長ホルモンが抑制されてしまい、学力の低下や運動能力の低下等を招く恐れがあります。

姿勢の悪い子供が増加中!今から姿勢矯正するメリットとは?(2/3)>>

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)