あなたの骨盤は歪んでいるかも⁈骨盤の歪みをチェックする方法

あなたの骨盤は歪んでいるかも⁈骨盤の歪みをチェックする方法

「骨盤の歪み」があるといわれてもどれぐらい歪んでいるのか、そもそもその歪みは日常生活に支障をきたし「骨盤矯正」などに通う必要があるレベルなのか自分で判断することは難しいのではないでしょうか。自分で判断してしまうと後になって何か不調が出てきてしまうこともあるので、体のことは専門家に相談するのが一番です。そもそもそれだけ骨盤が体にとって重要な働きをし、体の様々な機能を支えているのです。

「骨盤の歪み」を正すということは、まず今の骨盤状態を知ることがなりよりも重要になります。その上でどんな方法で「骨盤の歪み」を直していくべきなのか、しっかりと検討する必要があるといえるでしょう。

「骨盤の歪み」のチェック方法について紹介しますので是非とも参考にしてみてください。

「骨盤の歪み」が出てしまう原因から見直し

骨盤歪み

そもそも「骨盤の歪み」が出てしまうのは、どんな生活をしている時に起こりやすいのか見直してみましょう。「骨盤の歪み」の原因となっているのがほとんど生活習慣や癖によるものが多く、○○しているから「骨盤の歪み」が起こりやすいというのは、ある程度共通して同じようなことがいえるのです。

常に姿勢が悪い

「骨盤の歪み」の大きな原因はなんといっても姿勢です。

猫背の場合、長時間同じ姿勢、脚を組む癖がある、片方に重心をかけて立つ、片方にバックをかけてしまうなどの正しい姿勢ができていない状態が続くと、姿勢が崩れてしまい「骨盤の歪み」にも影響してきます。

筋肉量の低下

男性よりも特に女性の多い年齢とともに減っていく筋肉量の低下により「骨盤の歪み」がおきてしまうことがあります。筋肉が低下してしまうと骨盤を筋肉では支えられなくなります。そのため内臓の位置が下がってしまったり、下腹部がポッコリと出てしまうなどのスタイルが悪く見えるような体型になってしまうのです。

出産

女性の場合出産を経験することで「骨盤の歪み」が起こりやすくなります。ホルモンバランスや骨盤が緩むこと、筋力不足なども重なり、出産後は「骨盤の歪み」による体の不調を訴える人も増えているのです。

このような生活習慣や癖が重なり、「骨盤の歪み」はひどくなります。

あなたにも、あてはまるものがあったのではないでしょうか?

そういえば、猫背って注意されたことがある、気がつくと脚を組んでいるなどつい無意識のうちに行ってしまうような行動が「骨盤の歪み」を作り出しているので正しい位置に骨盤を保ちたいのであればこういった癖から直していくことも重要です。

「骨盤の歪み」がある場合、以下のような体の症状が出ることもあります。

・猫背

・肩こり、腰痛、頭痛

・生理痛が重い

・肌荒れ

・倦怠感、体力がない

・体のだるさを感じる

・冷え性に悩まされている

・下っ腹に脂肪がつきやすくでている

ここに紹介した症状は「骨盤の歪み」で起こるとされるものの具体的なパターンになります。体質だからと思って諦めていませんか。あなたが抱えている不調も実は体質ではなく骨盤が関係しているかもしれません。まだ決めつけてしまうのはもったいないのではないでしょうか。

「骨盤の歪み」をチェックできる方法

骨盤歪み

「骨盤の歪み」があるかも!?と思ったあなたは、まずは自分の状態がどの程度のものなのか歪み具合を確認することから始めてみましょう。「骨盤の歪み」が不調の原因と思い込んでいるだけで実は違う理由があるかもしれません。

チェック方法に関してはあくまでも目安になりますので、正確な「骨盤の歪み」について知りたい人は整体などに訪れたり、医師と相談するようにしてくださいね。

骨盤の歪みチェック

  1. 仰向けになった状態で脚を伸ばします
  2. 脚の開く角度をチェック
  3. 正常な開き方として80度~90度に左右対称くらいです。

いずれかに力を入れて調整してしまうと本当の歪みがわかりませんので、力を抜いた状態で確認しましょう。開き過ぎの場合も骨盤にはよくありません。

あなたの脚はどうでしたか?

骨盤バランステスト

  1. まずは背筋よく立ちます。床に何か印のようなものをつけておき、その印の中心に立つようにします。
  2. 目をつぶり、腕を大きく振りながら太ももを高くあげて、その印の上で50回足踏みをします。

50回の足踏みが終わり目を開いた時に印よりも1m以上動いている場合は「骨盤の歪み」がある可能性が十分に考えられます。

また進んだ位置により「骨盤の歪み」の種類を知ることもできます。

右・・・右肩が下がっており、全体的に右側にずれている可能性があります

左・・・左肩が下がっており、全体的に左肩にずれている可能性があります

前・・・猫背になっていませんか?長時間の作業をしている人、前側にずれている可能性も。

後・・・猫背になっていませんか?骨盤の位置が後ろ側にずれている可能性があります。

この運動はテレビの「骨盤の歪み」に関する特集でも頻繁に行われているバランステストになります。芸能人の方でもほとんどの人が印からずれている場合も多い印象です。

左右の歪みチェック

  1. 床に座ります。左右に脚を崩してみてください。
  2. 左右のいずれかが崩しにくいと感じた場所はありますか?
  3. 左右のいずれかだけやりにくいと感じた時は、「右の骨盤が閉じている」場合が多いといわれています。このやりにくいと感じたのが左側の場合は「左の骨盤が閉じている」ことになり上体がまっすぐにならない、崩した時に痛みがある場合は要注意。
  4. 左右の両方で崩しにくいと感じた時は両方の骨盤が閉じてしまっている可能性もあります。お尻が浮いてしまうと感じたり、上体が曲がってしまう人は注意しましょう。

骨盤の位置をチェック

1. 壁に背中をまっすぐにつけます

2. 壁と背中にどのぐらいの隙間があるかどうかを確認します。

こぶしが1個入るぐらい大きく空いている場合は「前傾している骨盤」になり、逆に手のひら程度しか入らない場合は「後傾している骨盤」になります。いずれかに偏っていると痩せているのに、下っ腹だけポッコリとしてしまう場合もあり、骨盤の位置を正しく戻してあげることが必要になります。

骨盤のねじれをチェック

1. 目を閉じて片足でケンケンをしてみてください。

2. 最初の位置から動いていれば骨盤の歪みがあることになります。

多少のずれぐらいであれば問題はありません。「骨盤のねじれ」がある場合何度リトライしても同じような状態になるはずです。骨盤のねじれもそのままにしてしまうと体に良い影響を与えないので早めに改善できるようにしましょうね。

正座で行う左右の歪みチェック

1. まずはキレイに正座をします。床に直接だと脚が痛くなってしまうので「ヨガマット」などの負担がかからないものの上で行うようにしましょう。

2. 目を閉じたまま、振り子をイメージして両手を体を一緒に左右に振ってみてください。

3. 正面を向いたと感じた場所で目を開けてみてください。

あなたの体はまっすぐ正面を見ていましたか?正面から極端にずれていた場合は「骨盤の歪み」がある可能性も。

直線の上を歩く

1. 床に直線を準備します。簡易的にテープなどを貼り付けてもいいと思います。

2. 目を閉じたまま、その線の上を歩くようにしてください。

3. 目を開けた時、あなたはどこにいましたか?

線から大きくずれればずれるほど「骨盤の歪み」がおきている可能性があります。

仰向けで骨盤のねじれをチェック

1. まずは仰向けに寝ます

2. 骨盤の底から一番高いところの高さを測ってみましょう

3. 左右のいずれかが高い場合は、低い方の骨盤がねじれている可能性があります。

  しかもかなりの高確率になるので「骨盤矯正」をした方がいいでしょう。

骨盤の左右の高さチェック

1. 背筋よく立ちましょう

2. そのまま休めの姿勢をしてください。

左右で行ってみてやりにくいと感じた方向はありますか?片足に体重をかけた方が楽だと感じた場合、体重をかけている側の骨盤の方が高くなっている可能性があります。鏡を見ながら確認してみましょう。

「骨盤の歪み」「ねじれ」「高さ」など様々な要因として考えられるチェック方法をご紹介

しました。まずは1通り行ってみて自分の骨盤がどのような状態なのか確認してみるよう

にしましょう。意外な発見があるかもしれませんね。

「骨盤の歪み」「ねじれ」などの不調は専門家に相談

骨盤歪み

「骨盤の歪み」チェックで歪みがある可能性がある場合、どのようにして治療したらいいのでしょうか。「骨盤の歪み」が原因だと思われる、体の不調や痛みなどの症状が出ている人の場合は、一刻も早く病院を受診するようにしてください。

「骨盤の歪み」程度であれば整体や自宅の「骨盤矯正ストレッチ」などの方法を取り入れれば改善されることもありますが、症状を伴う場合は何か病気が隠れている可能性もあるので、そのままにしてしまうのは危険です。

病院で何も問題がなければ自宅で「骨盤矯正ストレッチ」を行うのもいいでしょう。

また症状を伴わない「骨盤の歪み」の場合は「骨盤矯正ストレッチ」などを取り入れるようにして毎日の継続で歪みを直していきましょう。整体に行くのもおすすめですが、まずは自宅でできる簡単なストレッチもあるので試してみるといいでしょう。

「骨盤の歪み」「ねじれ」「左右の高さ」など詳しくチェックしていくと、思っているよりも骨盤の位置がずれていることがわかります。なんとなく左の方が曲げづらいと思っていたものも、体の硬さではなく骨盤に原因があったと考えると何だか納得できるものですよね。

チェックで自分の骨盤について見直したら、今度はその骨盤を正しい位置に戻してあげましょう。その為には継続が一番です。「骨盤矯正ストレッチ」などの方法を取り入れ、毎日の日課にしていけるように工夫しましょう。骨盤美人を目指して頑張りましょうね。

骨盤矯正とエクササイズに関してはこちらにまとめがあります。

骨盤矯正エクササイズでカラダをすぐ変える!

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!

自分を変えたい本気の方へ

いつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当ブログがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

RUNヨガ

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)