10歳若返る骨盤矯正法『合蹠のポーズ』とは?

10歳若返る骨盤矯正法『合蹠のポーズ』とは?

自分は歳だからといって言い訳をしていませんか?

人間の体は面白いもので、あなたの頑張り次第で若返ることは全然可能です。

その上で大切なのは栄養をしっかり摂ったり、エクササイズを欠かさないことなどですが、加えて骨盤を正しい位置に矯正することも大切です。

アンチエイジングの”鍵”は骨盤にあった!?

骨盤矯正 若返る

「老けて見られたくない」
「もっと若返りたい!」

いつまでも若々しくいたい――そう思うのは、人類共通の願いです。最近では美容技術が向上したこともあって、年齢よりも若くみえる人が増えてきましたが、それでも自分の見た目を気にする人はいっぱいいます。

「でも、自分の身体を若返らせるのには限界があるし……」とお悩みのアナタ。

「歳だから」と言い訳せずに、これからご紹介する骨盤矯正法を実践してみてはいかがでしょうか?

実は骨盤の歪みを正せば、アナタも若返えることが出来るんです!

骨盤の歪みとアンチエイジングの関係

骨盤の歪みと言えば、骨格とだけ関係があるように思えますが、そんな事はありません。骨盤は言わば上半身と下半身のつなぎ目。

このつなぎ目が歪めば、上半身と下半身のバランスが悪くなり、身体が歪み、内蔵の位置がずれ、筋肉のつき方も左右で変わってしまい、身体全体が歪んでしまう――ということは、お分かり頂けるかと思います。

それでは、なぜそんな骨盤の歪みを正すことが、アンチエイジングと関係があるのでしょうか?

まず、身体を若返らせるためには、新陳代謝を正常な状態に戻す必要があります。「ターンオーバー」とも呼ばれる、新陳代謝が活発になると、肌の生まれ変わるサイクルが正常になり、常に新鮮な肌となるため、肌質が良くなるだけえなく、肌の色も明るくなり、若々しく見せることができます。

もちろん、新陳代謝が活発になれば、筋肉が消費する脂肪の量も増えるため、身体から無駄な肉がなくなり、今よりも断然若く見せることが出来るようになるのです!

そんな良いことだらけの新陳代謝の正常化ですが、骨盤が歪んでいると新陳代謝が低下することが判明しています。骨盤が歪んでいると血行が悪くなり、脳から分泌される成長ホルモンなども、身体全身まんべんなく行き届かなくなります。

私たちの身体が、常に若々しくいるためには、身体全身に血液が行き渡り、細胞の隅々にまで栄養と成長ホルモンを行き渡らせる必要があります。

しかし、骨盤が歪んでいると内臓の位置や、筋肉のつき方がバラバラになってしまうため、血液が全身に潤滑に行き渡らなくなるため、結果的に血行不良となってしまい、新陳代謝が低下してしまうのです。

この状態を改善させるためには、骨盤の歪みを正して、身体のバランスを正す以外に方法はないのです!

【正常な骨盤の場合】 【骨盤が歪んでいる場合】

内臓の位置・筋肉のつき方が整っている

血液が全身に行き渡りやすくなる

栄養・ホルモンが細胞の隅々にまで行き渡る

細胞が生まれ変わりやすくなる

新陳代謝が正常になり、細胞が常に新鮮な状態になる

若返って見えるようになる

内臓の位置・筋肉のつき方などがズレている

血液が全身に行き渡らなくなる

血液の中に含まれる栄養・ホルモンが滞りがちになる

細胞が生まれ変わりにくくなる

新陳代謝が低下し、細胞が常に古い状態になる

細胞が老化したままになり、歳に見える

アンチエイジングのための身体に負担をかけない骨盤矯正法

骨盤矯正 若返る

骨盤の歪みによって、身体のバランスが崩れてしまうことで、血行が悪くなり、結果的に老化につながることは、ご理解して頂けたのではないのでしょうか?

いくつになっても骨盤の歪みを矯正することで、常に若々しい状態の身体を維持することが出来るので、年齢に関係なく、骨盤矯正は行うべきです。

しかし、ある程度の年齢になると、身体を動かすのもおっくうになってしまいますよね?

そんなアナタのために、気軽に出来る骨盤矯正法をご紹介させて頂きます。

合蹠(がっせき)のボーズ

ヨガのポーズの1つである、合蹠のボーズを行うことで、恥骨尾骨筋などがしっかり強化され、骨盤内の血行が改善するだけでなく、緩んだ骨盤底筋などの筋肉が活発になります。

ちなみに、この合蹠のボーズは別名「骨盤若返りヨガ」とも呼ばれることがあるんだとか。

それでは、合蹠のポーズの取り方を順に沿ってご紹介したいと思います。

[1.床に体育座りして、深呼吸する]
まずは床に体育座りをしながら、心を落ち着かせ、これからのヨガに心を集中させましょう。体育座りをしたままの姿勢で、大きく息を吸い込み。
その息をお腹で止め、それからまた息を吐ききる――というように、深く深呼吸を3回程度して、心を落ち着かせてください。
[2.両足のかかとかかとをくっつけて、腰・背中を伸ばす]
床に座り、心を落ち着かせたら、あぐらをかく要領で両足のかかととかかとをくっつけて、身体の前に引き寄せてください。この時に、軽くお尻の穴に力を入れて、腰・背中を伸ばしましょう
[3.お尻を床につけたまま上半身を前にゆっくりと倒す]
2.の体勢で腰と背筋をのばしたまま、身体を前にゆっくりと倒しましょう。
この時、息を大きく吐くように、するとより効果的です。
また身体を倒す時にどうしても、お尻が床から離れてしまいがちになるので、お尻は床からなるべく話さないように、注意してくださ。
[4.手のひらを床につけ、身体をさらに前に倒す]
3.の姿勢を維持したまま、手のひらを床につけ、上体をさらに前へ、前へと倒して行きましょう。この時もできれば息を吐いたままが理想です。
この姿勢の時にお尻の穴に意識を集中させ、お尻の穴から内蔵を内側に引き上げるようなイメージでキュツと締めてください。
[5.お尻の穴をしめた状態で、深呼吸する]
4.の姿勢を維持したまま、お尻の穴をしめ、大きく15秒深呼吸をしながら、その状態をキープしてください。この時も邪念を払い、心を落ち着かせることで、心身ともにリラックスさせることができますよ!
[6.身体を起こし、1.の姿勢に戻る]
5.の状態から、ゆっくりと身体を起こして元の体勢に戻りましょう。
この時、なるべく時間をかけて元の姿勢に戻ることが、このヨガの効果を高める重要なポイントとなります。大きく呼吸をしながら、両ひざを閉じていき、両腕で抱え体育座りのような格好になったら、最後に呼吸を整え終了です。

以上が骨盤を矯正し、身体を若返らせることが出来る合蹠のポーズのやり方です。

このポーズを3回を1セットとして、朝2セット、夜2セットを毎日行い、身体に負担をかけず骨盤を矯正させましょう。

なお、この合蹠のポーズをする際に、股関節が硬い人は両方のかかととかかとを合わせることが難しいので、自分が出来る範囲で構いませんので、なるべくかかととかかとを合わせるようにしましょう。

また、フローリングの床で行うと、坐骨が痛くなってしまうので、バスタオルやヨガマットを引いて、合蹠のポーズを行ってください。

毎日の合蹠のポーズでアナタも若々しい自分を取り戻そう!

骨盤矯正 若返る

ご紹介した合蹠のポーズは、座りながら出来るヨガなので、身体に負担をかけずに気軽に骨盤を矯正させることができます。

ただ、身体が硬い人はこのポーズを1人で行うのは、なかなか大変なので、できれば家族に手伝ってもらいながら、ご紹介した合蹠のポーズを毎日行うようにしてくださいね!

なお、合蹠のポーズは骨盤を矯正させることが出来るだけでなく、尿失禁などの尿もれの改善や防止にも役立つので、骨盤の歪み+尿漏れなどのお悩みをお持ちの方は、合蹠のポーズを積極的に取りましょう。

骨盤矯正とエクササイズに関してはこちらにまとめがあります。

骨盤矯正エクササイズでカラダをすぐ変える!

あなたのカラダでも変わるかも⁉︎骨盤矯正のことが丸わかり!

自分を変えたい本気の方へ

いつもヒーローズスキルをご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
私はプロのランニング指導者として、活動しておりますが、残念ながら自分の目の届く範囲でしかサポートすることができません。
直接指導を受けることが難しい方や周囲の方を自分の手で救いたい方に、少しでも当WEBサイトがお役に立てば嬉しいです。
私は、本気で走りを変えたい、本気で姿勢を変えたい、スポーツにおける今の立場を上げたい、次のステージへ行きたい、と願っている人のサポートを生き甲斐にしています。
東京まで来ていただける方、全力でサポートしますので、ご連絡ください。
北は北海道、南は沖縄まで、全国各地からいらしていただいておりますので、スケジュールに関してはご相談ください。
自分を変えたい本気の方へ

練習メニュー

ランニング指導一覧

ランニング教室一覧

怪我改善パーソナル一覧

これだけは読みたい(足が速くなる方法)

これだけは読みたい(姿勢・柔軟性改善)